« ぼくらはみんな♪ | トップページ | 雪、霜、霧、または氷のかさね? »

2012年10月 9日 (火)

紙だけじゃないんです(笑)

夢をかなえるプロテェッショナル手帳術  季刊Think!編集部・編  東洋経済新聞社

 えーと、コピーが山のよーにありまして、達人30人に学ぶ黄金の時間管理、自分のための時間を創り出すコンサルタントのタイムマネジメント、仕事の能率を劇的に向上させる、締め切りを守る、手帳・ノートを楽しむ、情報を一元化する、自分の時間の使い方を分析する、よい週刊を3日坊主にしないために、企画力・発想力を高める、速記でスピード記入する、セルフマネジメント能力を上げる、自分史をつくる、早起きを楽しむ、ノートを分冊して使うと既に表紙だけで分かった気になれたりして(笑)

 手帳というと12月までには新しくしないといけない気にさせる物のよーな気がしているんですが(笑)使いこなす以前にそこに新年があるからだみたいな(笑)で、こちらの本というか、雑誌の別冊というべきかは、ビジネスマンの手帳拝見シリーズかなぁ(笑)取りあえず出てくる人の肩書からして人の会うのが商売みたいな感じなので、会議、講義、接待、営業といったまず人ありきかなぁ?打ち合わせとか、取材とかも人ですよねぇ…で、手帳で管理・効率化ですか?自己管理ができる、かくして仕事が出来る、キリッ(笑)

 本書ではむしろ、日本人ではない方の意見の方が面白いかなぁ?例えば「世界でもっとも手帳が売れている国は日本だそうですよ」(@宋)…国民性なんでしょかねぇ?だから、こーゆー本も出てくる訳だろーし(笑)でも、「空白の欄があるとすぐ埋めたくなるでしょ。結局、スケジュールを埋めるだけで満足してしまっているんです」(@宋)言われてみればあるあるか(笑)アメリカでは手帳を使っている人は少数派なのだそで、スケジュール管理はパソコンか電子手帳が主らしい…システム手帳はあっても「ノート型のもので、ほとんど机の上に置いて使っています」(@ドーソン)米では持ち歩くものではないらしーのか?そゆ訳で種類も日本の方が豊富なんだそで(笑)

 アリス的に手帳というと、蝶々の時の准教授の黒革の手帳か?はたまた、三つの日付のアリスの手帳とかになるのかなぁ?准教授の方は純粋に仕事絡みの気がするが、アリスの方は個人的覚書のよーな気が(笑)

 それにしても生徒手帳も日本的な物だったんだろか?少なくとも米にはないそーで…所属のグループで各自手帳があるのもまたどーなんだろ?企業事に出ているとこもあるし…本書的にいくと三州製菓かなぁ「現在でも多くの企業は、経営情報を社内に向けてつまびらかにすることを避けています。確かにあまりオープンにしてしまうと、機密情報の漏洩につながるリスクもないわけではありません。しかし、すべてを見せていくことで、1人ひとりに当事者意識を持たせられるというメリットのほうがそれを上回るという判断したうえでつくりました」(@斉之平)とかあって、手帳はもー企業戦略の一つなんですねぇ(笑)

 一人一人の使い方指南については本書をどぞ(笑)とゆー事で、手帳ってどんなのあるんだぁー的なとこで、週刊・月間手帳、24時間手帳(伊東屋オリジナル)、バイブルサイズ(ジョルジオフェドン)、ナローサイズ・メッシュ(ノックスブレイン)、能率手帳、ラ・ジェンダ、ミニプランナー(リド)、アールブリッジ、パイスライダー(アシュフォード)、ミニ6穴BELLE、バイブルサイズ・クロス(ファィロファックス)、エクゼクティブ、ビジネス(クオバディス)、片面一週間タイプ(レッツ)、ワークポケット(ナーバ)、ダイアリー(イノベーター)、クラシックシリーズ(モールスキン)、小型革手帳(伊東屋オリジナル)、ランググラフィックとかが掲載されています。黒革的には選択肢多そーだけど、准教授にはモールスキンなんてどだろ?あのインディ・ジョーンズで使っていたとゆー奴ですが、イタリアなんでデザインがそれなりに宜しもあるんですけど、やはりここは耐久性と撥水性がよいとゆーとこで…准教授外仕事多そーな気もするし(笑)

 アリスはそれこそ何使っていても違和感ないけど、大穴狙いでランググラフィックのカレンダータイプでどかなぁ?表紙からして猫の絵だったりするんですよ(笑)殿方でこーゆーの持つ人はまずいないと思うけど、でもウケ狙いで一つあってもいーと思うんだけどなぁ(笑)ちなみに、海外の有名どことゆーと、クレールフォンティーヌ、クオバディス、モールスキン、レッツ、ファィロファックス、ラ・ジェンダ、ロディア、エルコ、アムパッド、ジョルジオフェドン、リド、タイムシステム、PTM、ダックス、イルビゾンテ、ホワイトハウスコックス、イームズだそな?アリスだとネーミングからファイロファクスかなぁ?何せ真実のファイルですから、ミステリ的に使えそうですよね(笑)

 で、達人30人は、山田真哉、ロバート・ハリス、伊吹英子、高原慶一朗、重村智計、御立尚資、川本裕子、山本真司、和田哲哉、チェスター・ドーソン、枝廣淳子、佐々木かをり、千田潤一、佐藤伝、竹村富士穂、中根康雄、福島哲史、斎藤広達、西山昭彦、戸田覚、西村克己、小笹芳央、斉之平伸一、西郷徹也、宋文洲、高山直、吉田たかよし、五味一男、くらたまなぶ、長田貴仁

 目次参照  目次 グッズ

|

« ぼくらはみんな♪ | トップページ | 雪、霜、霧、または氷のかさね? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紙だけじゃないんです(笑):

« ぼくらはみんな♪ | トップページ | 雪、霜、霧、または氷のかさね? »