« 素波に出でて朝帰る月… | トップページ | 何であろうと、ハンニバルは通過する(笑) »

2012年10月28日 (日)

遊び方を知っている最後の旦那?

夏彦の影法師  山本伊吾  新潮社

 サブタイトルが手帳50冊の置土産でして、山本夏彦の手帳の抜粋かなぁ?昭和8年から平成14年までの記録…人によって手帳って使い方が違うものだと思うけど、今まで予定を書くものかと思っていたら、こちらは日記というか、備忘録というか、その日あった事が書いてあるんだなぁと…自分記録なんですね…それらが多分半世紀以上というか、むしろ3/4世紀分近くあるとなると、これは歴史の証言という事にもなるのか…昭和の香りといってもバブル位の話ではなくて、戦前の話ですからねぇ…何せ2.26事件が日常にあったとゆー事なんですよ…まさに激動の生き字引か…

 そしてまた手帳とはいえ夏彦節が炸裂しているし、日常もまた凄しであの徹子の部屋で「"年寄よりのバカほどバカなものはない"ということわざ、大好きです。まず若い人が喜び次いで年寄が喜びます。今の年寄は、自分は年寄じゃないと思っています。"平和な時の平和論"。これは内村鑑三の言葉です。平和な時に平和論を唱える人は、戦争になったら何を言うか知れたものじゃない、と言えば、分かる人には電光のように分かります。もうひとつ、"ロバは旅に出ても馬になって帰って来るわけではない"。いいですか、このプラカードを掲げて成田空港を練り歩きたい」と言い放った御仁なんである(笑)

 で、小泉総理(当時)との会食では「総理が父に、南京虐殺について聞くと、父は、「あったと言う方はあったと言い続け、無かったと言う方は無かったと言い続けます。永遠に合わないんですよ」とこれまたスッパリ言い切るお人…

 安部譲二のお祝いの会となると「今夕の宴は盛会で発起人一同喜んでおります。ただ打ちみたところ一面識もないマスコミ人が多いようです。物見高いのはマスコミの常ですが、以前とちがってマスコミ人はアウトローの自覚がないようです。高学歴で高給とりになったからでしょうか。新聞記者のごときは潔白で正義のかたまりみたいで、ついこの間まで羽織ゴロだったことを知らぬ人さえいます。正義のかたまりが前科あるものを歓迎するのは真の歓迎ではなく見世物を見るに似ると思うのはアウトローのひがめでしょうか。著者は鬼でもなければ蛇でもありません。もと同根の兄弟であることをどうぞお忘れなきよう願いあげます」と言ってしまえるお方…

 まさに昭和の香りそのものですか(笑)この生き様は平成以後にはちょっと見られまいと思うのは気のせいか…

 アリス的に山本夏彦…エッセイとしては同業者という事になるんだろーか?そして、手帳…黒革の手帳となれば蝶々で准教授が使っていたよな気が?

 アリス的なとこというと幾つかホテルの描写が出てくるとこかなぁ?一つは会が開催されて訪れているのと、晩年の定宿が帝国ホテルだったことかなぁ?戦前の記録なんですけど手帳には「丸の内ホテルは二流位のホテルでまづ感じはわるい方ではなかつた。二円ばかりの料理であつたが、ホテルの料理といふものは恐ろしくまづいものだ」って…褒めているのか、貶しているのか、正直すぎるコメントどもっなのか(笑)

 ちなみに禁煙前は「父は、家にいつも缶入りピースを買置きし、出掛ける時はカバンの中に両切りのピースを何箱か用意していないと落ち着かないほどのチェーン・スモーカーだった。一日に六十本、多い日は百本近く吸っていたろうか」って、こーゆー方でも禁煙成功するんですねぇ…

 豆知識的には先生と呼ばれるのも呼ぶのも嫌いに人だったらしーんだけど、唯一先生と呼んでいたのが田中美知太郎とか、社内の女子社員に洋服のプレゼント騒動記とか…エピソード満載なので、詳細は本書をドゾ。

 個人的にほぉと思ったのは工作社からインテリア・カタカナ語字典が出たとこかなぁ(笑)この内容が「コンクール→腕くらべ、プレーン→軍師、チーフ→かしら、リーズナブル→納得のいく、ペンション→洋風民宿、リサイクル・ショップ→小道具屋、レトルト食品→密封調理済即席食品、ペンチャー・ビジネス→知識集約型中小企業、といった具合」とあって、時代にというか、向かい風に胸を張っている感じが、これまた半端なさすぎる気が…

 目次参照  目次 未分類

|

« 素波に出でて朝帰る月… | トップページ | 何であろうと、ハンニバルは通過する(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊び方を知っている最後の旦那?:

« 素波に出でて朝帰る月… | トップページ | 何であろうと、ハンニバルは通過する(笑) »