« たとえどんな証拠があろうと、みな自分の先入観にしがみつくものだ(笑) | トップページ | それはすばらしい。余はとても嬉しい… »

2012年11月 6日 (火)

レアとミディアムの間(笑)

週末男の料理術  成美堂出版

 サブタイトルが、食べて、もてなして、大満足の今日から作れる厳選メニュー60でして、コピーはもてなし料理、酒に合う料理、定番料理となってます。豚肉の生姜焼きとか肉じゃががあるところは本当に日本の男性の為にある料理ですよねぇ(笑)後はきんぴらごぼうとか、鮭のちゃんちゃん焼き風とか、よーするにおてめぇが喰いたい料理が並んでいるだけじゃね?とゆー気がしないでもないですけど、まぁ己が作るならば、自分の好きな料理に偏るのは世の常ですよね(笑)

 さて、本書を何で手に取ったかとゆーと、男の料理と言えば肉じゃね、肉と言えばステーキだろと、眺めていたら、本書にはステーキ二種類掲載されていて、一つがサイコロステーキ、もひとつが牛フィレステーキ…ステーキなら牛が普通なんでわざわざ牛つける必要ないよーに思うけど(笑)ソースはマディラ酒と粒マスタード、何となくフレンチなのか(笑)サイコロステーキはブランデーでフランベで醤油味ですから、それはそれでいいのか(笑)

 アリス的に本書のレシピを眺めていくと、二人のソウルフードのカレーでいくとカレーライスとグリーンカレーとか、暗い宿とか結構いろんなとこで食べているおにぎりで押しおにぎりとか、スウェーデン館でのすき焼きとか、やたらとサラダが出て来る朱色で、コブサラダや焼豚手巻きサラダやうどんのカルボナーラ風サラダとかになるんでしょか?

 それとも魚魚魚のアリスだから、さばの味噌煮とか、めばるの煮付けとか、アクアパッツァとか、鯵とねぎのしょうゆ蒸しとか、まぐろとアボカドのわさびソースとかになるんでしょかねぇ…准教授はかに玉の一択でお願いします(笑)

 レシピ本なので詳細は本書を見よなんですけど、本書的に一番オステキと思わされたのは豆腐とわかめの味噌汁があったとこかなぁ(笑)定番といえば定番、おふくろの味と言えばこれ以上はないよーな…さすが、男の料理術、タイトルに偽りなしでございます(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« たとえどんな証拠があろうと、みな自分の先入観にしがみつくものだ(笑) | トップページ | それはすばらしい。余はとても嬉しい… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レアとミディアムの間(笑):

« たとえどんな証拠があろうと、みな自分の先入観にしがみつくものだ(笑) | トップページ | それはすばらしい。余はとても嬉しい… »