« 地球の水分は72%人の体の水分も約70%海も約72%… | トップページ | 全ては儲けの為に(笑) »

2012年12月 4日 (火)

そーだ、ホテルに行こー(笑)

ホテルの上等な楽しみ方  高健二  メイツ出版

 コピーが、高級ホテルで極上の時間を快適に過ごすためのいくつかのヒントをご提案します。なんですけど…まぁ一つのホテルのハウツー本に近いのかなぁ?ガイド本かもしれないし、ホテル関係と営業に配属予定の新人の皆様に配布したらどーか?という本かもしれないし、トーシロの方向けかもしれないし(笑)まぁホテルに興味があるのなら、読んでみたらの世界かなぁ?何とゆーか、ものすごーくホテルよいしょ本に近い気がする(笑)いえ、一般の読者の方を対象にしてますよ、と言いながらその実、ホテルマンに顔向けている感じとでもいおーか(笑)

 それでは、パンピーにとってホテルとは何か?「高級ホテルは食事や宿泊を目的にするものではありません。ホテルスタッフにマナーやファッションを教わり、教養を高め、自分を磨くところです」だとか…人生修行なんですよ、奥さん(誰?)何か肩こりそーな気がするのは気のせーか(笑)そんでもって「中級ホテルのスイートよりは高級ホテルの安い部屋を私は勧めます」とな…

 ちなみに客層はどーよ、と言うと「自分へのサーヴィスさえよければOKの金持、客室さえ快適ならいい外国人ビジネス客、宴会場でトラブルが起きなければ済む法人客、自分だけがエステとグルメを楽しめば満足の独身女性、連れの女性さえ喜べは゛いい若者、それに時間制限なしのランチがあればいいお喋り主婦の六種」だとな…でもって「私のように高級ホテルの健全な普及とホテルマンのステイタスのアップを願っている穏健なホテルラヴァーは稀です」だそな(笑)ふぉろーみーってか(笑)

 取りあえずパンピー的に一番覚えておくといいのは、災害時の避難場所という事…「法定によって耐震構造のホテルには三日分の水と食料が備蓄されています」だそで、災害時の駆け込み寺になるそーな…

 アリス的にホテルというと、暗い宿の一連のお話かと思うんだけど、高級ホテルとなると、ラフレシアか、201号室になるのかなぁ?本書的には201号室の方が近いか?後は大龍のとことか?

 さて、アリス的というと、メインダイニングかなぁとええ、フレンチで(笑)ちなみにホテルのメンダイは雰囲気とサービスが命、なので客席も半分位うまっているまでなんだとか…「メンダイが満席だったら異常。私ならそこへは二度と行きません」だそな…

 でホテルというと朝食がどんなもん?と言われるけど、「朝食にはホテルの経営状況が現れます」だとか…たいてい宿泊費込みなんで、となると、そこで儲けようとしたら…中身に反映されると…

 個人的におろろいたのが、メンダイに「私はデザートだけのためにマイ・メンダイに行くことがあります」とあって、デザート一皿でもオケらしー…そーだったのか?昔それをしたら断わられた経験があるんだが(笑)まぁ都内一流らしー某ホテルだったんだけど、客によりけりって事ですか(笑)

 さてさて、「しっかりしたコンテンツを作れば距離なんてなくなってしまうものです」(@コーネル大教授の言葉)だそーだけど、それ米だからなぁ?欧州は高級ホテルの地方版は隠れ家的要素の方が強いと思うのは気のせい?開かれたより閉じられた傾向の方が大きい気がするけど?これまた気のせいかなぁ(笑)

 アリス的に戻るなら、カレーでしょ?「カレーライスが一番安いメニューでレストランの実力が判り、ホテル全体のレストランのレベルも見えます」とな…アリス達っていたるとこでカレー食べているけど、そーゆー訳だったのか(笑)

 後、アリス的なら201号室やラフレシアではないけれど、ホテルのバーで、リーチバー(リーガロイヤルホテル/大坂)、ワインバー・ティロワール(ホテルアリア/沼津)、セラーバー(リーガロイヤルホテル東京)、日本酒バー天乃川(京王プラザホテル)、シガークラブ(ウェスティンホテル東京)、キャプテンズバー(ホテル日航東京)、ルイ・ロペスのハッピーアワー(ホテルグランパシフィックメリディアン)、ボストンバー(ハイアットリージェンシー福岡)とな…

 また、ワインなんかに関してもホテルはその保有数からしてダントツなんだとか?アリス的にはいろんなとこで出てくるけど、本書によると准教授の好きなメロン(の生ハム添え)だと甘口ワインが合うそーな(笑)ちなみにカレーは著者によると水らしーが、ソーテルヌが合うという説もあるそーな(笑)

 本書でワインをより身近になるためにはと「ワインビギナーの女性へのアドバイス」の項のとこが凄い…「知識とお金をお持ちのおじ様達と色恋抜きのお食事の機会を持つことをお薦めいたします」とな…「食事の時間を共有することに喜びを感じてくれる素敵なおじ様の存在も重要です。まだ懐に余裕の無い状態の頃のお誘いは、全く知らない世界を教えてくれることでしょう」って…下心のない殿方って絶滅危惧種じゃなかろーか?流行りの草食系男子は単に甲斐性なしじゃねの世界だし(笑)

 さて、都内の高級ホテルについての詳細は本書をドゾ。ただ、パークハイアット東京が米国ビジネスマンのステイタスとは知らなんだ…客室単価もお高いし、女性よりも男性エクゼグティブを対象にしているとこが人気なんだろか?後、日本の御三家というと帝国・オークラ・ニューオータニだけど、こちらを読む分には個人的にはオークラを選択するかなぁ?いえ、やはり雇用制度は大切だと思うんですよ、こちら殆ど終身雇用だそーで、やっぱ社員が安定てしていると、現場も安定してるんですよ(笑)「横浜ロイヤルパークホテルのオペレータは全員正社員でサーヴィスに定評があります」とか…客は見ているもんなんです(笑)「アウトソーシングの流れに私は危惧の念を持っています」とかね(笑)最近はホテル以外でもインフォメ系の人増えたよーに見た目は見えるけど、サービスのクオリティが上がったか?と言うと正直逆ver.にしか会った事がないよーな(笑)

 ちなみに本書に掲載されている京都のホテルは、京都全日空ホテル、ウェスティン都ホテル京都、京都ブライトンホテル、京都宝ヶ池プリンスホテル、京都ホテルオークラ、ホテル日航プリンセス京都、リーガロイヤルホテル京都、ロテル・ド比叡、ホテル嵐亭、ホテルグランヴィア京都
 大阪のホテルは、帝国ホテル、ホテルニューオータニ大阪、ホテルオークラ神戸、リッツ・カールトン、ホテル阪急インターナショナル、リーガロイヤルホテル、ヒルトン大阪
 アリス的に忘れていけないのが、山の上ホテルですかねぇ(笑)ネーミング的には、月のうさぎ(伊東)などどーだろ?兎つながりで(笑)

 出来れば、アリスに泊まって詳細なレポート求むにクラシック系のホテルがあるんだけど?日光金谷ホテル、箱根冨士屋ホテル、軽井沢万平ホテル、奈良ホテル、川奈ホテル、上高地帝国ホテル、蒲郡プリンスホテル、雲仙観光ホテル、赤倉観光ホテル、小田急山のホテル、志摩観光ホテルなんかは一度は日本人なら泊まってみたいホテルだよなぁ。後はミステリ的ネタ系で是非にともと思うのが海外のホテル、ロンドンならサヴォイ、クラリッジス、レンズボロ、ドーチェスターとか、パリならブリストル、クリヨン、リッツとか、ローマのエクセルシオールとか、ウィーンのインペリアルとか、ハンブルクのフィア・ヤーレスツァイテンとか(笑)ちなみに欧州のプチホテルもサービス良いとこは良いそーで、そりゃ当たり前って話しだけど、そのサービスの例として「日本人だというので川魚の刺身を出してくれた」って…まぁ鯉コクがあるから大丈夫なんだろーけど、川魚で刺身は基本やばくね?と思うのは気にしすぎなんだろか?

 とまぁ本書は突っ込みどころ満載で詳細はそれこそ本書をドゾ。最後に一つ二つ上げるとしたら、意外とホテル現場は女性が多いみたいです。帝国ホテルのVIPの世話をするゲストアテンダントは全員女性なんだとか…後、社長、支配人、GMなんかも女性の進出率が高い模様「完全実力主義にすると女性たちの方が頑張って出世します」とな…まぁ小学校の教室思い浮かべると納得ですが(笑)あとベルガールも日本だけだそーな…それにしても朝井さんが現場仕切ったら、鬼に金棒だと思うのは気のせい(笑)

 も一つは、チップの話し。世界で最初にチップ制を廃止したのは帝国ホテル(1940)だとか…著者的には「チップ復活論者です。チップほどサーヴィスを直截的に向上させるものはありません」だそな…これ日本人セレブ風な人に多い意見だよなぁと思うのは気のせい?なのに日本への観光客が一番に上げる日本の良かったとこに、チップが無いがいつも上位というか、一番に上げられている気がするんだけど?海外に行くと日常でもチップ廃止論者が結構いるのに気付くんだけど?これまた気のせい?後、ホテルにはどんどんわがまま(要望)を言ってみよーと著者はご推奨なさっていますが、これまた海外でのホテルでの人気一番は日本人観光客とあって、その理由が部屋を汚さないとか備品を壊さないとかの中に、クレームが少ない(ない)があったよな?たいていの客商売はクレーム言ってくれるのが有り難いというのが建て前で、本音はうるさい事いってこない客が一番ではなかろーか?と?まぁホテルマンにお友達いぱーいな著者とパンピーでは感覚が違うかもですけど(笑)かくして本書の感想は注文の多い料理店ならぬホテルですかねぇ?

 最後に最近はどこのホテルもアフタヌーンティとかしてるとこは多いけど、和式のアフタヌーンティもあるとは?ウェスティン都ホテル京都はお薄と和菓子のサーヴとか…これも朝井さん行ってそーだよねぇ(笑)

 目次参照  目次 宿泊・温泉

|

« 地球の水分は72%人の体の水分も約70%海も約72%… | トップページ | 全ては儲けの為に(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宿泊・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そーだ、ホテルに行こー(笑):

« 地球の水分は72%人の体の水分も約70%海も約72%… | トップページ | 全ては儲けの為に(笑) »