« はうりんぐ? | トップページ | 森ぃへ行きまぁしょぉぉぉ娘さぁん(笑) »

2012年12月12日 (水)

やはりここはマンマの味っ(笑)

イタリア料理  柴田書店

 サブタイトルが愛郷と伝統の味わいなんだけど、B5版ハードカバーでどちらかというと図鑑的な雰囲気かなぁ?もしくは写真集か?一口にイタリア料理と言っても、南北、島では違うよんとゆー事らしい…やはりイタリアお国料理はバラエティーが豊かという事か(笑)まぁこれを見れば一通りイタリアなご飯事情が分かる感じかなぁ?ノストラーノなとこはそれぞれにあたって下されと…きっとディープなイタリアが待っている(笑)とゆー入門書みたいなとこかなぁ?個人的にただ一つおしいなぁと思うのはレイアウトというか、デザイン…イタリアなんだからもー少しおされにできなかったものなのか?何か教科書的で写真は綺麗なのに、目が楽しくないんですよ(笑)

 さて、地中海料理が健康に良いと欧米では今もプチブーム続いているはず?ですが、本書を読むとなるほど、イタリアではご飯に困らないお金持ちより南の貧乏人の方が健康というか、長生きの傾向にあるみたいです。よーするに肉食メインはやばいとゆー事か…

 さてさて、イタリア料理というよりイタリアの郷土料理という事になるのか?は、それぞれに生活の知恵が隠されているよなぁと…例えばヴェネツィアのサオールというソースは、オリーブオイル、玉ねぎ、松の実、干しブドウ、レモンかオレンジのピール、ヴィネガーという構成らしいのだが、こちら野菜不足の壊血病予防食なのだとか…ビタミンを大切にね、って事ですか…ヴェネツィアの小さい島といっていいのかの都市もアレだけど、海洋民としては海の上でもそりゃ野菜不足…理に適っているんだろなぁ…

 豆知識的にも色々掲載されていて、ローマの市営市場ではパンピーは朝の8:30-9]30までしか入れないとか、購入する時は卸しと同じ単位で買う事とか、あったんですねぇ…何か一箱が大きい気がするのは気のせいか?それにしてもあれで一般の人の冷蔵庫に入るんだろーか?それともイタリアの冷蔵庫はとても大きいのかなぁ?

 アリス的にイタリア料理というと朱色のところかなぁ?貴島さんが女子大生とゆー事もあって、やたらとイタリアンな感じだった記憶が?後は、アリスがところどころでパスタ食べているとこかしら?

 とゆー事で朱色のサラダから、カプリ風トマトとモッツァレッラのサラダとか、野生のチコリのサラダとか、海の幸のサラダとか、カッポーニのサラダとか、生肉のサラダとか、同じく朱色のリゾットでアカザエビのクリーム風味ルコラ入りリゾットとか、エビとカボチャの花のリゾットとか、ホウレンソウとエビのリゾットソッレオーネ風とか春のリゾットカレー風味とかグリーンアスパラガスのリゾットとか、カポチャのリゾットとか、イソラーナ風リゾットとか、菜園風リゾットとか、絶叫城のパスタでイカ墨のスパゲッティとか、スパゲッティのカルボナーラとか、エビとサフランのスパゲッティとかハム好きのアリスでハムとサラミの盛り合わせとか、生ハムと小さいブロッコリのタルトとか、出て来る出てくる(笑)

 写真見ると何となく分かる気になるんですけど、リゾットだけはちょっと不思議…何とゆーか見た目お粥みたいなの?からチャーハンみたいなのまで、水分量が随分違うんですけど?これはどゆ事なんだろか?うーん?

 後、アリス的なとこでアリスのハム好きからサン・ダニエーレの生ハムなんていかがでしょ?それと201号室のとこでの准教授のチーズか?ちなみにヨーロッパのチーズのルーツってイタリアに有りだそで、食文化並じゃないんだなぁと納得、本書もチーズについて結構ページ数さいていますが、その中でも作成工程まで出てるのがモッツアレッラ(サレルノ)とパルミジャーノ・レッジォーノ、ゴルゴンゾーラ(ノヴァラ)でして、何か倉庫というか、貯蔵庫が圧巻なんですけど(笑)

 まぁとにかく、眺めるだけでも美しスな世界なので、やはり食はイタリアというか、素材はイタリアかもなぁ?本当に鮮やかだぜぇー(笑)で、個人的におろろいたとこを幾つか、イタリアのきゅうりは皮が苦いので剥いて食べるとか、イタリアの市場でもカエル売っているとか…蛙食いってフランスだけじゃなかったのね…

 なんですけど、一つ上げろというならば、アングィッラ・ドルチェ・デル・ラーゴ・トラジメーノ・オ・セルペントーネ…ドルチェと入っているとこでデザートだと分かってもらえると思うんですけど、こちら日本語にすると大蛇のアーモンドケーキ…ネーミングがあれですが、アーモンド入りパウンドケーキみたいなノリかなぁ?見た目、のの字の焼き菓子に見えるが、しかも大きい…日本的に言うならツチノコ丸めたみたいな(笑)これが大皿ででーんと出て来るとこがいかにもイタリア、そしてこのネーミングもいかにもイタリア…とゆー事でイタリア素晴らしスと(笑)まっ興味のある方は本書をドゾ、他にもいぱーい掲載されてます。

 目次参照  目次 食物

|

« はうりんぐ? | トップページ | 森ぃへ行きまぁしょぉぉぉ娘さぁん(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはりここはマンマの味っ(笑):

« はうりんぐ? | トップページ | 森ぃへ行きまぁしょぉぉぉ娘さぁん(笑) »