« 陣太鼓の音がする? | トップページ | 地球の水分は72%人の体の水分も約70%海も約72%… »

2012年12月 2日 (日)

星空の彼方に創造主の存在を感じるか?

知識ゼロからのオーケストラ入門  西本智実  幻冬舎

 年末と言えば、忠臣蔵と第九ですよね(笑)てな訳でコレですよ(笑)いえ、第九というと人いぱーいのイメージが一番先にあって、何はともあれオケだよなぁ?と…それでなくてもオーケストラ楽器持っている人でも凄い人数なのに、その上合唱付きだからコーラスの人も並んで、年末はどこも混んでいるわねぇな状態が(笑)あれは曲聴く前に人に圧倒されると思うんだが?気のせいか(笑)

 まぁともかく、コンサートに行く前に取りあえず本書をドゾ。かな?オケというより、指揮者の方にスポットライト当っている気がしないでもないけど、だいたいオケのコンサートの流れが分かるよーな気がする?

 ちなみにオーケストラとは、古代ギリシャ劇における舞台と客席の間の場所を指した言葉からみたいです。そこは歌舞団の席だったんですねぇ…で、どっちかというと普通にイメージするオケというのは17世紀前後というから、江戸からかとみればいいのか?

 アリス的には、オーケストラ…画家にモデルに劇団は出てきても、音楽関係の人って出てきてないよーな気がするんだが?どだろ?取りあえず、バッハ好きな准教授なんだから、二人してコンサートの一つや二つは行ってそーだけどなぁ?

 さて、本書は色々豆知識満載なんですけど、成程と思ったのは、作曲された当時は宮廷サロンで演奏されていて聴衆なんて一握りだったはず…それが今コンサートホールでたくさんの人がとなると、曲は同じでも随分違うなだろーなぁと…音楽って贅沢なものだったんですねぇ…

 後、アリス的というとバッハの曲が紹介されていて、マタイ受難曲なんですけど、著者が「バッハの音楽は、私にとって心の中の「宇宙」でもあります」というのは言いえて妙だなぁと…バッハはどこまで偉大なんだぁー(笑)

 さて最期に、師走なので第九を…こちらも本書で取り上げられていますが、第九には「ポリフォニー的な要素」と「革新的要素」と「標題的要素」が凄いんだとか…歓喜の歌だけでお腹いっぱいなんて言っている場合ではないのか…

 付録CDの収録曲は、
1,ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一章への前奏曲
2.モンテヴェルティ オペラ「オルフェオ」よりトッカータ
3.モーツァルト セレナーデ 第十三番 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第一楽章
4.ベートーヴェン 交響曲第九番 合唱付き 第四楽章
5.チャイコフスキー 交響曲第四番 第一楽章
6.チャイコフスキー イタリア奇想曲
7.チャイコフスキー ピアノ協奏曲 第一番 第一楽章
8.ヘンデル 「水上の音楽」組曲 第一番より アレグロ
9.マーラー 交響曲 第一番「巨人」 第四楽章
10.ラヴェル 「ダフニスとクロエ」 第二組曲より 「夜明け」
11.メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」
12.リムスキー=コルサコフ 「シェラザード」 第一曲
13.モーツァルト 交響曲 第四十番 第一楽章
14.バッハ ブランデンブルク協奏曲 第六番 第一楽章
15.ドヴォルザーク 交響曲 第八番 第一楽章
16.ロッシーニ 「ウィリアム・テル」 序曲より 「夜明け」
17.ベートーヴェン 交響曲 第九番 合唱付き 第四楽章
18.マーラー 交響曲 第一番 「巨人」 第三楽章
19.ビゼー 「アルルの女」 第二組曲より メヌエット
20.チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 葦笛の踊り
21.ベートーヴェン 交響曲 第五番 「運命」 第一楽章
22.ドヴォルザーク 交響曲 第九番 「新世界より」 第二楽章
23.ガーシュウィン 「ラプソディ・イン・ブルー」
24.モーツァルト 交響曲 第三十九番 第三楽章
25.デュカス 「魔法使いの弟子」
26.ベルリオーズ 「幻想交響曲」 第四楽章 「断頭台への行進」
27.R.シュトラウス 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
28.ベートーヴェン 交響曲 第三番 「英雄」 第三楽章
29.ムソルグスキー ラヴェル編曲 「展覧会の絵」より プロムナード
30.ヤナーチェク 「シンフォニエッタ」 第一楽章
31.モーツァルト 「レクイエム」より 「妙なるラッパ」
32.ブラームス 交響曲 第一番 第四楽章
33.ムソルグスキー ラヴェル編曲 「展覧会の絵」より 「フィドロ」
34.ベルリオーズ 幻想交響曲 第五楽章
35.ブラームス 交響曲 第一番 第一楽章
36.ベルリオーズ 「幻想交響曲」 第三楽章 「野の風景」
37.ラヴェル 「ボレロ」
38.ヴェルディ 「レクイエム」より 「怒りの日」
39.ハイドン 交響曲 第百番 「軍隊」 第二楽章
40.チャイコフスキー 「白鳥の湖」より オデットと王子のアダージョ
41.チャイコフスキー 「眠れる森の美女」より 「パ・ド・シス」
42.チャイコフスキー 「くるみ割り人形」より 「花のワルツ」
43.サン=サーンス 交響曲 第三番 オルガン付き 第二楽章 第二部
44.バッハ 「マタイ受難曲」 BWV244第一部より アリア「血を流せ、汝わが愛する心よ」
45.モーツァルト オペラ「ドン・ジョヴァンニ」k527 「ドン・ジョヴァンニ、お前が食事に招いてくれたので参上したぞ」
46.ベートーヴェン 交響曲 第九番 合唱付き 第四楽章
47.シューマン 交響曲 第三番 「ライン」 第二楽章
48.チャイコフスキー 交響曲 第六番 「悲愴」 第一楽章
49.チャイコフスキー 交響曲 第六番 「悲愴」 第三楽章
50.チャイコフスキー 交響曲 第六番 「悲愴」 第四楽章
51.ヴェルディ オペラ「アイーダ」より 第四楽章 第二場
52.ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」 前奏曲
53.ブラームス 交響曲 第四番 第四楽章
54.ドビュッシー 「海」より 「海の夜明けから正午まで」
55.ヴェーベルン 小管弦楽のための交響曲 第一楽章

 目次参照  目次 音楽

|

« 陣太鼓の音がする? | トップページ | 地球の水分は72%人の体の水分も約70%海も約72%… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星空の彼方に創造主の存在を感じるか?:

« 陣太鼓の音がする? | トップページ | 地球の水分は72%人の体の水分も約70%海も約72%… »