« く、く、く、く、くりすます(笑) | トップページ | 野心、放心、醜悪、嘲笑? »

2012年12月29日 (土)

多様性だよ、世の中は(笑)

プロトコール入門  安倍勲 編  学生社

 サブタイトルは、国際儀礼とマナーでして、いえタイトルからして最初コンピュータ系かと思っていたら、エチケットのお話でございました…いやー後、もーいーくつねるとおしょーがつぅーとゆー事で、せめて正月位は正装でもしなきゃいけないんだろーか?と思いつつ、寝正月でええじゃないか、ええじゃないかとズボラな生活しているのが恒例行事…ちぃーとは背筋伸ばして基本のキ位確認しといた方がいーんだろーか?と甘い考えでいたら、礼法の世界はパネェっ!バンビーにはこれに尽きるよなっ!

 で、プロトコールとは日本語の訳語となると国際儀礼となるそーで、語源はギリシャ語にあるそーな…「公正証書の真正であることを証明するために、用紙の第一面にのりづけされたもの」だとか…これが轉じて国際間の儀礼になると…礼儀作法にも歴史ありなんですねぇ…

 取りあえず間すっ飛ばして、16世紀のフランスから国際レベルのプロトコールが明確になっていった模様…で、メインとしては「国際儀礼は国際平和の維持に役立つものであること」と「どんな情勢にあっても、常に、相手国にたいして友好的な雰囲気が保てるように心がけること」だそな…外交っすよ、人生は(笑)

 ちなみに「国際儀礼は、法律でもなく、道徳でもない。従って強制力も拘束力も持っていない。しかも、政治上の交渉上も、また、経済上の取引とも直接のかかわりを持っていない」そな…ただし、「洗練された礼儀作法とお互いを尊敬しあう精神に貫かれた意思表示、行為、行動を相手方に示し、相手方からも友好的、好意的な反応、反響を期待する。このことは今日の国際社会では、お・お・か・たの同感、同意がえられているようだ」とな…

 アリス的にプロトコール…アリスの雑学データベースには入っていそーだけど、日常ではなぁ(笑)締切前の修羅場のアリスにプロトコール?准教授はアレだし、うーん、関係ありそーなとこというと海老原先生位だろか(笑)

 さて、こーゆーおフランス流のソレって、どーよ?という事で、かつて米は反発したらしー…「プロトコールは人間の平等観に即して簡意、質素たるべしと公言し、米国大統領として初めての公式レセプションを催した」そな、いわゆるジェワーソン流って奴ですか?でもこれ招待客に不評、次期大統領は踏襲しなかったとな…ちなみに米国流のプロトコールの特徴というのは「米国の公的行事における公職を持つ人の順位、席次が整備されている。他国の外交官、国家代表も加えられているばあいの内外人の上下関係は、自国人優位とされている」と「女性にたいする尊敬、尊重が重視されている」と「国家の掲揚順位については、明確に、自国の優位が定められている」って、さすが米国サマなのか(笑)

 細かい仕来りというか、礼儀の数々の詳細は本書をドゾ。公人というのは、公的にも私的にも決まりあってこそなんだなぁと…お忍びというか、プライベートでも段取りがあるなら、それは内密にとはならないのではないか?とパンピーはこれまた思うけど、いやはや、これはまさに吉良の世界か?浅野匠頭の気持にちょっと近づいたかも(笑)これが日常だとしたら、公人の人はそれだけで大変なんだなぁーと…

 さて、本書は一応一般的な手順についてが主なんですけど、ちょびっとエピソードなんかも掲載されていて、個人的にはモザンビークのとこが気になったとゆーか?ちょっと長いのですが、はしょると意味が飛びそーなので…

 「新国家の大統領には、サモラ・マシェルというモザンビーク解放運動の中心人物が選ばれたが、彼は1986年に航空事故で死亡、その後任として、外務大臣であったジョアキン・A・チサノが大統領になった。チサノ氏は、新興国の経済開発を重視し、大国からの援助を期待して、1988年、ソ連、米国、日本の三国を歴訪した。来日するや、わが国の政府首脳や経済界の有力幹部と精力的に会談した。そしてさらに離日前に昭和天皇と公式謁見した。その後、チサノ大統領は次のような内話を漏らした」

 「最初の訪問国では、会談の相手の元首は自分をアフリカの別の国の大統領と呼び、彼の通訳が訂正してもまったく無視して、また違った国名を名指した。その態度は、尊大ごうまんであった。次のもう一つの国の大統領は、きわめて多忙との理由でごく短時間で会談を終わり、モザンビークの大統領と呼ぶこともなく、はなはだ冷淡な接見であった。この二人の国家元首は自分を僻地から来た貧乏国の代表として見下していた。自分はたいへん不愉快な思いをした。これにくらべ日本の元首昭和天皇は、接見でもきわめて丁寧かつ誠実に応対された。彼が貧困で悩むモザンビーク国民にたいして同情を表明したいといわれ、自分は感激した」

 いやもー大国ですから…日本人は平家物語を知っているからね(笑)まぁ、日本人は謝意の言葉を年中口にして心がこもっていないだとか、お辞儀を繰り返すのは奇異に見えるとか、とっこくの国の方々によく指摘されるけど、これからはこれが日本のプロトコールという事で通すのはどーだろぉ(笑)実際に、近年は欧米流のプロトコールだけでなく、各文明圏のプロトコールも尊重されてきている訳だし、ね(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« く、く、く、く、くりすます(笑) | トップページ | 野心、放心、醜悪、嘲笑? »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多様性だよ、世の中は(笑):

« く、く、く、く、くりすます(笑) | トップページ | 野心、放心、醜悪、嘲笑? »