« 明日も音楽っ~ | トップページ | 米にも省エネ概念ってあったのか(笑) »

2013年1月 4日 (金)

そーだ、ぱわすぽに行こー(笑)

いつかは行きたい一生に一度だけの旅 世界の聖地 BEST500  ジル・アンダーソン他  日経ナショナル・ジオグラフィック社

 あけましておめでたいという事で、穢れを祓って、聖地で一新というのが日本人的感覚かなぁと思いましての本書なんですが、出しているとこが出しているので、何とゆーかアメリカの聖地が多いです…しかもネイティブの聖地じゃないとこの方が多い…実にアメリカらしー選択かなぁ?全体的に…そんな訳で本書で一番の疑問はオーストリアとかスイス、それに北欧の聖地は殆どありませーん(笑)なのは何故なのか?何か妙にアレなのも米だからの一言で納得ってか(笑)

 まぁ、それでも全世界を一応視野には入れているので、だいたい一か所一ページ位の配分なんですが、それでも400ページ位ある訳で、厚みとしてはあるよーな(笑)写真も一か所につき一葉あるよーな構成、実にシンプルに作られていまする。

 で、個人的にはこの写真のインパクトからいったら、ジャイアント・コーズウェー(英)とエクステルンシュタイネの奇岩(独)とミーナークシ寺院(印)のとこが目をひいたかなぁ?自然って時にこーゆー風景をもつくりだしちゃうのか?と人間ってこーゆー建物作っちゃうのか?と素直にびっくりといおーか?一度、一目現物を見てみたいものよのぉと思ってしまう程(笑)

 アリス的にはやはり国名シリーズの聖地で行くしかないのか(笑)ルーン的にはデンマークのイェリングの墳丘墓と石碑のとこでしょか?ルーン文字が刻まれた石碑が待ってますとか(笑)、建物のインパクトからするとキジ島の木造教会群(露)かなぁ?

 日本的なとこでは、京都・奈良といったいかにも外人さん好みのところが上がっていてなるほろなぁと納得しましたが、ねぷたも秩父もよいとしても、国東半島のとこと別府温泉…編集者は大分好きなんだろか?でも、大分なら日本人なら湯布院を選択するよーな気がする(笑)聖地というなら宇佐神宮とか?

 とまぁ?聖地っていう定義がどんなもんか?それはまた人それぞれという事で、詳細は本書をドゾ。

 ロシア ジャネ川流域のドルメン、オストロミール福音書(ロシア国立図書館/サンクトペテルブルク)、トローイツェ・セルギエフ修道院、キジ島の木造教会群、ウスペンスキー大聖堂、皇帝の礼拝堂(ウスペンスキー大聖堂内)、ウラジーモルの生神女(トルマチの聖ニコライ教会内)、アレクサンドル・ネフスキー大修道院、巨像そびえるママエフの丘、ノボデビチ女子修道院、
 スウェーデン タヌムの線刻画群、ガムラ・ウプサラの墳丘墓、
 ブラジル 村人に愛されるシセロ神父(ジュアセイロ・ド・ノルチ村)、アパレシーダの聖母(ノッサ・セニョーラ・アパレシーダ大聖堂内)、ボン・ジェズス・ダ・ラパの洞窟
 イギリス イングランドの干満する泉(キグルズウイック・スカー)、ウェールズの聖ウィにフレッドの泉(ホーリーウェル)、ウェールズのカレグ・ケネン城、ジャイアンツ・コーズウェー(北アイルランド)、カラニッシュの巨石群、ストーンヘンジ、金剛経(大英博物館)、ラットレル詩篇(大英博物館)、ケンブリッジ大学キングス・カレッジ聖歌隊、リーヴォー大修道院、オックスフォード大学セント・メアリー教会、ソールズベリー大聖堂、サンダム記念礼拝堂、ウェストミンスター寺院、リバプール大聖堂、セント・マーティン教会、イタリア人の礼拝堂(オークニー諸島)、カンタベリー大聖堂、エレアノールの十字架、夏至祭(グラストンベリー)、ラマス祭(イーストボーン等)、セノタフ(戦没者記念碑)、フィンドホーン共同体、アイオナ島、聖なる島リンディスファーン、カルデイ島
 イラン イマーム・レザー廟、王宮の庭園跡(バサルガタエ)、ジャハーン・ナーマ庭園(シーセーズ)
 マレー 苦行の祭りタイブーサム
 スイス クラン・サン・ベルナール救護所
 モロッコ フェズ祭、ハッサン二世のモスク

 日本 春日山原始林(奈良)、富士山、東大寺の廬舎那仏像、高徳院の阿弥陀仏如来像(鎌倉)、比叡山延暦寺、太鼓の音(八坂神社/京都)、鹿苑寺金閣、伊勢神宮、厳島神社、国東半島霊場巡り、お盆(京都の五山送り火など)、秩父夜祭(埼玉)、ねぶた祭(青森)、三社祭、広島平和記念公園、龍安寺石庭、大仙院の枯山水庭園(大徳寺内)、大仙古墳(大阪)、別府温泉(大分)、高野山金剛峯寺(和歌山)、曹洞宗の総本山永平寺(福井)

|

« 明日も音楽っ~ | トップページ | 米にも省エネ概念ってあったのか(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そーだ、ぱわすぽに行こー(笑):

« 明日も音楽っ~ | トップページ | 米にも省エネ概念ってあったのか(笑) »