« たまごあじ? | トップページ | その道の大家に訊け(笑) »

2013年1月22日 (火)

海老天は必須だよね(笑)

作ってあげたいどんぶり  井澤由美子  角川SSコミュニケーションズ

 何となくどんぶり飯をかっこみたい時とか、カツ丼食べたいとか閃いてしまったりした時もあると、どんぶりはいきなり系だなぁと思うんだけど?どだろ?こー前日というか、何日も前からどんぶり食べるぞと構えるのではなくて、思いついたら吉日みたいなノリ?もしかして、己のみか…

 さて、そんな日常なので、本日のそれは天丼食べたい(笑)しかし、自分で作ると何となく違うよーな気がするんですよね、天丼…お店のお味はいと遠し…本書によるとたれが絡まるから、普通の天ぷらより衣厚めにすると宜しなので粉多めで揚げろやの世界らしー…そっかー天丼には天丼用の天ぷらがあるんだなぁと納得…

 そーゆー点ではどんぶり用のご飯はこれまたタレと絡まるので、普通より固めに炊くと宜しだとか…うん、レシピ本勉強になるなぁ(笑)

 アリス的にどんぶりというと、仕事柄だとカツ丼なイメージがあるけど?どだろ(笑)一昔前の取調べ室の光景は、カツ丼の香りな気がしないでもないんですが?でもカツ丼…ピッキーにはぴったりだけど森下すわんにはどーだろー?アルマーニとカツ丼、うん、シュールな気がする(笑)

 後は暗い宿の時に天丼食べていたよーな記憶が?本書的にはラフレシアの豚の角煮でラフテー丼とか、マレーその他でよく口にしているスモークサーモンでカリフォルニア丼とか、海奈良の鶴橋でスパイシー焼き肉丼とか、朱色のイタリアンとサラダがいっぱいでイタリアンサラダ丼とか、ダリ繭その他のステーキでステーキ丼とか、これまた海奈良の魚魚魚でまぐろのづけ丼とかになるのかなぁ?他に丼ではないけどサイドディッシュと言う事でゴーヤーサラダもラフレシアであるかもしれない(笑)

 とはいえ、本書の真打は二人のソウルフードを忘れてはいけないとなれば、豚キャベツのカレー炒め丼で決まりでしょー(笑)何がなくともカレーだよね(笑)本書の写真も豪快な感じでこれてガッガッガッとかっこむタイプのどんぶりだよなぁって事で夕陽丘で、宜しくとか(笑)調理方法も炒め焼き?蒸し?で簡単みたいなので、これならアリスでも出来ると思うんだが(笑)

 最後に個人的に一番おろろいたのは、汁物のコーナーでの御味噌汁…に、かぼちゃとトマトのみそ汁があった事…いえ、かぼちゃは分かる…ただ、トマトの味噌汁…想像がつかないんですが?ついでに言うと今までの人生でトマトのお味噌汁を食した記憶はない…これは、あると思いますのなのか?ちゃんとしたレシピ本に掲載されている位だから、世間では普通だったんだろーか?うーん、世の中まだまだ知らない事は多いなぁ…その他にも色々どんぶりや付け合せのレシピが掲載されていますので、詳細は本書をドゾ。すっきりしてして分かり易いので、初心者もオケオケではなかろーか?と…

 目次参照  目次 食物

|

« たまごあじ? | トップページ | その道の大家に訊け(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海老天は必須だよね(笑):

« たまごあじ? | トップページ | その道の大家に訊け(笑) »