« 海老天は必須だよね(笑) | トップページ | 夢見ても叶わないかもしれない。時代が自分を呼べば、チャンスが来る。それは運命である。 »

2013年1月23日 (水)

その道の大家に訊け(笑)

続々と経験を盗め  糸井重里  中央公論新社

 どーゆー本かというと、対談本というか、鼎談本でしょーか?その道のゲストを二人読んで著者が司会進行ホスト役をつとめて、専門のお話が続くみたいな?ジャンルが見事にばらけているので興味のあるとこだけ拾い読みするもよし、最初から順に読まなくてもよしな自由度のある本なのかなぁ(笑)

 まぁ、出て来る人出て来る人その道のプロだから一家言ある訳で、いずこのお話しも皆それぞれにみになると思うんだけど、根が意地汚いのでこの中では唯一食べ物の話しである豆腐の章が一番分かりやすかったよな(笑)

 日本で豆腐が庶民にまでいきわたるよーになったのは江戸時代だとかで、確かこんなおいしいもの庶民が食べたらけしからんって事で家康の頃は禁止していたよーな記憶があるんだけど、本書によると醤油が出回るよーになったからが大きいのではないか?と…これまた江戸までは調味料というと味噌だったと…で豆腐と言えば味噌田楽と…それが江戸中期過ぎに豆腐百珍なんてグルメ本が出るいたったけど、その中で味噌を使う豆腐料理って1.2割位らしー…うん、豆腐には醤油、これが日本の正しい料理のあり方です(笑)

 何か季節柄、湯豆腐の恋しい季節になりましたねぇで豆腐が思考を占めている気がしないでもないんですが、昔ながらの製法で豆腐を作ると朝作っても午後には臭う…その位アシが早い食べ物だったのですねぇ…だから昔は朝ご飯のお味噌汁用の豆腐を買いに子供たちが豆腐屋さんに買い出しに行くとゆーのが定番だったとな…

 奈良時代に入って、禅寺で繁栄して、江戸で庶民にの流れらしいですけど、絹ごし豆腐って都会発祥豆腐とは知らなんだ…最初は京都にしかなかった模様…やはり食は上方なんですねぇ…後豆知識的には豆腐って日本的には中国から入ってきたものですけど、何とその中国には高野豆腐はないとな…あれ日本発祥だったのか?ついでに豆腐の原料と言えば大豆ですけど、外国では大豆は油をとるものでして、油分が多い豆が多いそな…で豆腐作りにはタンパク質が多い豆の方がおいしいと…だから国産の大豆の方が美味いという事になるそーな…世界的に大豆を食べているというのも珍しい国民性になるらしー…ここでもやはりおんりーいんじゃぱんなのか(笑)、

 アリス的に関係ありそーなとこというと禁煙、落語と水族館の章かなぁ?禁煙は准教授がするとは思いませんが(笑)ちなみに喫煙率は本書当時で日本は先進国トップだとか…でもっとこあいのが「実際、喫煙している方は寿命が短くなるだけじゃなく、健康寿命も短くて、寝たきりが多いんです」(@阿部)とかあって、准教授の老後について考えるとか…

 暗くなってしまった…えーとアリス的に落語は確かアリスは落語好きだし、朱色なんかでも准教授が掠った話しをしていたよーな記憶が?「落語で楽しいのは、「あの女、いい女だねぇ」と高座でしゃべるでしょ。400人のお客さんがあると400通り、自分用の美人の顔がイメージされるんです。だから読書好きな人はきっと落語を楽しんでもらえると思う」(@昇太)で何か納得したりして、だからなんですね、アリスの場合(笑)

 水族館はダリ繭ですよねぇ…そーだ鳥羽に行こうではないですけど(笑)本書的にお薦め水族館としては登別マリンパークと葛西臨海水族館、それとスタインハート水族館(サンフランシスコ)が癒し系水族館的に宜しだと中村氏が言っておられます。一応日本水族館大国だとか…うん、周り中海だからなぁ…ちなみに水族館のお水って近場から拝借しているのかと思っていたら「黒潮は意外に汚い。南のほうからの水ってけっこう汚れてるんですよ。それで比較的水質が安定している黒潮の外側の海水を運んで、使ってます」(@櫻井)となる模様…南西の海、そーゆー意味でもヤバイのか…

 そしてこれまた全然知らなかったのですが、築地に水族館があったとは…おさかな普及センター資料館というそーな…市場の中に水族館…あると思いますなのか(笑)でもって、「「寿司ネタ水族館」を築地に作ったら面白いでしょうね」(@中村)は日本人的にはあると思いますだよなぁ?海外で日本人が水族館眺めていると、普通にあれ食べれるんだろーか?だそーで、とっこくの方にはそれは奇妙に映ったそーだから(笑)日本人って海にあるものは基本食用と思っている節があるし(笑)

 その他にも為になるお話がいぱーいですので、詳細は本書をドゾ。いやープロって本当に凄い(笑)

 登場なさっている方々は、木村尚三郎、根本順吉、阿部眞弓、山村修、永六輔、山田美保子、池内紀、デューク更家、浅香光代、山極寿一、佐橋紀男、寺門ジモン、清水久男、山戸里志、福田浩、吉田よし子、上田実、鈴木正成、春風亭昇太、橘蓮二、櫻井博、中村庸夫、大貫妙子、川勝平太、阿川佐知子、御厨貴

 目次参照  目次 未分類

|

« 海老天は必須だよね(笑) | トップページ | 夢見ても叶わないかもしれない。時代が自分を呼べば、チャンスが来る。それは運命である。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その道の大家に訊け(笑):

« 海老天は必須だよね(笑) | トップページ | 夢見ても叶わないかもしれない。時代が自分を呼べば、チャンスが来る。それは運命である。 »