« 米にも省エネ概念ってあったのか(笑) | トップページ | ウィーンの民楽? »

2013年1月 6日 (日)

木内さんといっしょ(笑)

新幹線を運転する  早田森  メディアファクトリー

 サブタイトルが、何気なく乗っている東海道新幹線の、高度で優しい運転席へようこそなんですが、どゆ本というと新幹線の運転士のお話かなぁ?メインターゲットは今40代後半から50代前半のおじさん世代でしょーか?リアルで夢の超特急を知ってる世代とも言うべきか?

 今となっては新幹線も日常の風景の一つみたいなノリですけど、東京オリンピック当初は国の威信をかけての一大プロジェクトですからねぇ…国鉄はこの新幹線によって光と影を背負う羽目になったよーなものだし(笑)まぁ影というか、闇の部分はともかく、もっと光をとゆー事で男の子なら一度は憧れている新幹線の運転手のお話は、成程ただの運転手ではなかったと(笑)

 東海道新幹線は平均時速270,m/hで運行しているそーですが、それより凄いのはそれでいて平均遅延時間が年平均で30秒って、どんだけぇー(笑)ちなみに時刻表的には市販のは分単位だけど、社内のそれは15秒単位だそーで…だからか、許される誤差が15秒って…

 ちなみに会社から懐中時計が貸与されているそーだけど、で乗車する前に毎回秒まで合わせるそーだけど、これまたそれ以前に運転士の出勤時間が毎日乗車する新幹線の時間に合わせてはともかく、13時02分とか、10時48分とか分単位で決まっているのは、何事?日常からしてもー時間単位ではなくて分、秒の世界なのね(笑)

 アリス的に新幹線が一番出てくるのは海奈良だと思うんだけど、あの個室のあった新幹線はとーに廃番になっているしで、本書では300系と700系とN700系がメインとなっている模様…まぁJR東海だからすぐに300系も廃番になって型番そろえる方向にいきそーだけど(笑)

 今さらながらですけど、新幹線って一日に323本も運行していたんですねぇ…一時間に最低8本発車していると…ピーク時には14本とゆーから3.4分に一本は出ていると…それは山手線並と見ていいんだろーか?山手線並といえば、運転士の方から見た新幹線としてはN700系がまるで山手線並だという印象なんだとか…何がといえば加速性能…全然知らなかったんですけど山手線を走っているE231系って脅威の加速性能で、起動加速度3.0を誇るとか…ちなみにN700系は起動加速度2.6、ちなみにちなみにかの0系は1.0だった事からも、山手線凄い事になっているんですねぇ…スタートダッシュに自信がありますってか(笑)

 さて、今だと運転士になるには駅業務、車掌業務を経て運転業務というラインらしいんですけど、昔は車両整備を経てから運転士だったそーで、とにかく故障が起きても一人で応急処置ができる事が前提だった模様…初期はやはりトラブル多かったんだろか?それとも、今時はサービスサービスなのだろか(笑)

 さてさて、普通の新幹線の運転のとこもそーだったのかぁーっがありますが、個人的にはドクターイエローのとこがツボったかなぁ(笑)新幹線電気軌道総合試験車ですか…700系を使用した7両編成だそーですが、これって10日に一度のぞみと同じダイヤで走っているそな…時間帯はその日によって異なるけどダイヤは臨時ののぞみと一緒…それを覚えていると会える可能性高いかも、か(笑)で、これって運転士だけなのかと思っていたら、車掌さんも乗っていたのね…勿論検測員も7名乗車しているそーですが…

 その他、やはり雪には弱い新幹線という事で、N700系には雪対策の為に車上カメラまで搭載しているのもあるそーで、関ヶ原の路盤には新幹線の台車をモニターする地上カメラも設置してある模様…関ヶ原、天下分け目だけじゃなくて新幹線お前もかの世界だったのか(笑)

 その他、豆知識も満載なんですが、アリス的には大阪話を一つ、JR東海の新幹線車両基地の一つとして大阪には鳥飼車両基地があるそーで、勿論関係者以外は立ち入り禁止なんですけど、大阪モノレールに乗ると車窓からこの基地が見渡せるポイントがあるそーな…新幹線がズラーっと並んだとこはさぞかし壮観なんだろなぁ?アリスなら絶対見ていると見たが、どだろ?

 後は、安全綱領でしょか?安全規範として五ヵ条あるんですけど、どれもなるほろな条文なんですが、四番目に「安全の確保のためには職責をこえて一致協力しなければならない」とあるんですねぇ…鉄道員なら皆暗記している条文だそーですが、それでも福知山は起きた訳で…いやはやいやはやだよなぁ…でもって、そーなると新幹線の無事故記録はある意味、含蓄深いよな…幸いにして地面に埋める事も無しですし(笑)これからのリニアも含めて速いだけでなく、定時運行だけでなく、安全である事がジャパン・プライドな気がする今日この頃ってか(笑)

 目次参照  目次 交通

|

« 米にも省エネ概念ってあったのか(笑) | トップページ | ウィーンの民楽? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木内さんといっしょ(笑):

« 米にも省エネ概念ってあったのか(笑) | トップページ | ウィーンの民楽? »