« 人形劇とは… | トップページ | ならぬものはならぬものです… »

2013年2月 4日 (月)

春がきたきたきたぁーっ(笑)

カノン100% flore パッヘルベルのカノンによる  BMG

 何とゆーか多分聴けば誰でもが知ってるであろー曲かなぁ?世界で一番知られているカノンと言うべきか(笑)全曲、このパッヘルベルのカノンなんですが、正統派もありのアレンジききまくりもありので、まぁ一度騙されたと思って聴きなされかな(笑)

 アリス的にはあまり関係のないパッヘルベル…ちなみにドイツの作曲家兼オルガニストだそで…バロック時代の方らしー…何とバッハの妹の名付け親だとか…世の中のつながりって意外なとこでつながっているものなんですねぇ?それともドイツの音楽界は結構、横のつながりが凄かったのか?

 アリス的には出てきた覚えのないカノンですけど、この明るくポップな感じはどちらかというと女性陣の方が当てはまるのかなぁ?だけど、カノンの語源はギリシャ語で定規やものさしの事を指すとは…転じて規律、規範とな…そんなにキリッとしている物とはついぞ知りませんでした…

 個人的にはこの曲は本当に明るい春のイメージでして、ぱぁーっと明るくいきましょーっと(笑)何か花咲か爺の科白のよぉか(笑)

 収録曲

1.カノン ニ長調  クルト・レーデル 指揮 プロ・アルテ管弦楽団
2.パッヘルベルのカノンによるヴァリエーション  ジョージ・ウィンストン(ピアノ)
3.スウィートホーム  榊原大(ピアノ) 松本トシアキ(ハーモニカ) 田代耕一郎(カンテレ&アイリッシュ・ブズーキ) 池田達也(ベース)
4..パッヘルベルのカノンによるトセンスフォーメイション  三村奈々恵(マリンバ)
5.カノン ニ長調  ジャック・ルーシェ・トリオ ジャック・ルーシェ(ピアノ) ベノワ・デュノワイエ・デ・セコンザック(ベース) アンドレ・アルビノ(ドラムス)
6.カノン  ザ・クラリネット・アンサンブル 山本正治 磯部周平 十亀正司 三界秀実 澤村康恵
7.カノン ニ長調  井上圭子(オルガン)
8.カノン  プラチナ(アカペラ・アンサンブル) 渡辺有里香 飯野玲子 三浦絵里子 菱川尚子
9.カノン  アンヘル・ロメロ(ギター) ビル・コンティ(ピアノ) ジェイミー・グレイザー(リズム・ギター) アシェリー・アーウィン(シンセサイザー) フレディ・ワシントン(ベース) ボブ・レードーバロー(ドラムス)
10.カノン  ビアレス2×2(ピアノ・デュオ)
11.カノン  クローバーベルフレンド&アンダンテ(ハンドベル・アンサンブル)
12.カノン  BRR(尺八&琴クインテッド) 小澤昭尚 長須与佳 岩田卓也(尺八) 鈴木真為(琴) 吉永真奈(十七)
13.CANON HYPER  榊原大(ピアノ) with桑山哲也(ボタン・アコーディオン) 田代耕一郎(クアトロ) 池田達也(ベース) 外園ゆういち(ドラムス) 石川智(パーカッション)
14.カノンとジーク ニ長調  ギルドホール弦楽アンサンブル ポール・ニコルソン(チェンバロ) 指揮 ロバート・サルダー

 目次参照  目次 音楽

|

« 人形劇とは… | トップページ | ならぬものはならぬものです… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春がきたきたきたぁーっ(笑):

« 人形劇とは… | トップページ | ならぬものはならぬものです… »