« まずは一杯(笑) | トップページ | からふる? »

2013年2月28日 (木)

食は西に学び東へ走れ(笑)

天ぷらにソースをかける日本人  齊藤隆  家の光協会

 サブタイトルが、だれも知らない食卓の真実なんですが、何とゆーか、目から鱗の一冊かなぁ?元ネタは食MAP(食卓マーケティング情報システム)からの「日本の食卓を分析した報告書」となるそーだが、この食MAPのデータ元は誰というと、「首都圏に住む360世帯」だとか…統計的に少ない気がしないでもないけど、これ一食の話しじゃなくて、365日三食毎食ですから、しかもメニューもさる事ながら、どのメーカー、どのブランドの食品を使用したかまで分かる内容らしい…買い物データと食事データがシンクロしている事のよー…売り手側としてはかなり有意義なんじゃなかろーか?

 さて、そんな硬派な本とは知らず、タイトルに魅かれて手に取った次第…えっ、天ぷらにソースかける人なんているの?という素朴な疑問…生まれてこのかた、身近でというか、周辺でそのよーな方を拝見した事も聞いた事もなかったので、軽くカルチャーショックがやってきたぁーっですかねぇ…でも、本書によると西日本ではあると思いますの世界だったとは、「とりわけ中国四国地方に多く見られる現象のようです」とな…

 何かほんまでっか?な世界だけど、実は関西人はハイカラ料理にはソースをかけるのが定番という事らしくって…そーいえばカレーにもソースの世界だったと…南蛮料理として始まった天ぷらが、明治にウスターソースが入ってきて出会ったとな?でも、関西の天ぷらは高級料理化してソースから脱却したのに比べ、中国四国地方では家庭料理として発展でソース文化も残ったとな…全国的には後、東北に2%程天ぷらソース派がいるそーだが、これって北廻船文化が明治以降も残っていたとゆー事なんだろか?いと不思議(笑)

 アリス的にこの手の本は西と東では大分違うというのがまず目に行くけど、一番重なるのはシングルの日常ご飯事情のとこでしょかねぇ…

 まず、出身地別で一番顕著になるのがお雑煮ではなかろーか?と雑煮の食材数では関東も関西もなかよく7.3点という事なのでそんなに違いはないのだろーか?ちなみに多いのは北海道と四国、こちらのお雑煮は豪華なんだろか?で、醤油と味噌の違いはこれまたよく言われるけど、関東は鶏肉系と肉メイン的なとこあれば、関西は野菜がメイン…こゆとこでも分かれるんですねぇ…

 後、食卓によく出る主食に、関東がカレーライスなら、関西にはトーストが入っていて、それで二人の食事風景ってこの二つがよく出るのかと納得したり(笑)後、主菜系で関西でよく食卓にのほるのに、焼肉、ポテトサラダ、すき焼き、串揚げが入っているんですよ…まさにアリスぅーな世界ですよねぇ(笑)お酒もワインが関東、ビールが関西とあって、これもそゆ事だったのか?と(笑)ちなみに二人のソウルフードのカレーは関東だとカレールゥが主流なのに対して、関西はカレー粉やコンソメで作るカレーも多いとな…アリスん家のカレーはどんなんだろ?

 シングルスの食卓って意外と手作りが多いとな…で多い順に、納豆、玄米ご飯、チキンクリームシチュー、かぼちゃの煮物…これ90%越えしているんだから、相当だよねぇ…納豆は首都圏での調査だからあれだけど、アリス…玄米ご飯なんだろか?何かこの辺りは独り者の双璧朝井さんの出番なのか(笑)准教授は一人者とはいえペットがいるからなぁ(笑)

 で、面白いのがシングルスがあまり作らない料理に、シーフードカレー、串揚げ、焼肉とあって、これってまさにアリスの外食じゃね?と思ったのは気のせい(笑)その他にも天丼、焼き鳥、にぎり寿司、とんこつラーメンと…この辺りも外食の友で出てきたよーな記憶が?その他、ビーフステーキとかの牛肉料理もこれまた外で食べていたよね(笑)

 となると何をよく家で食べているのか?で、ミートソースとナポリタンのスパゲッティが入っていて、これ確かインスタントを夕陽丘で食べていたよねぇ…後シチュー系もよく食べるメニューみたいで、これスウェーデン館でだったけど、家でも作っているんだろーか?アリス?特に、ありそーなのが卵料理、ハムエッグ、ベーコンエッグ、目玉焼き、スクランブルエッグとシングルスの食卓には多いとな…まさにダリ繭…いやー、アリスってば、独身男性の王道をいっていたのか(笑)

 さて、最後に食事って結構若い人の方がガテン系というか、肉食系に走るのかと思っていたら、最近のひたすらダイエットブームというか、痩せていないといけない病というかでカロリーを滅茶苦茶気にする若人多しで、意外と肉系というか、おいしいカロリー系というべきか?な料理は中高年が食べ支えているとはしらなんだ…

 食の安定食品は、子供の時の食環境がものを言うみたいで、早い話しが小さい時食べて育ったか?それが、カロリー食品となったりしたら、彼らの老後というか、中年以後はどーなるのだろー?と素朴な疑問が?鰹節のダシもそんな話しあったよな…

 それにしても日本人の食卓の崩壊と言われて久しいけど、意外と日本人醤油な生活しているんだなぁと…ただ、これまでの肉・油抜きな伝統和食ではなくて、肉・油入りの和洋折衷の和食に進んでいっている模様…21世紀にも、ビーフシチューが肉じゃがになったよーに、コラボというか、発展系の日本食が出現するんでしょーか?乞うご期待ってか(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« まずは一杯(笑) | トップページ | からふる? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食は西に学び東へ走れ(笑):

« まずは一杯(笑) | トップページ | からふる? »