« 昨日を約束しなくていい? | トップページ | 一番じゃなきゃいけないんですか(笑) »

2013年3月25日 (月)

おさとうとスパイスとなにかすてきなもの?

オンナらしさ入門(笑)  小倉千加子  理論社

 一応、コレ、子供向けというか、少年少女向けのシリーズの一巻だと思われなんですけど、ある種、親の本音、世間の本音的なお話で、うーん、何とゆーか、思春期って残酷だなぁと思いますた(笑)

 これが女の生きる道的な話というか、路線なんだろなぁですが、こんなに日常葛藤が多かったのか?としみじみしてしまう気が…母と娘も何だかなぁ?「お母さんは、自分のお母さんが分かってくれなかったことを、この子は代わりに分かってくれるだろうという期待を、自分では知らぬ間に持っています」って辺りで、既に女性の呪縛の世界が展開か?娘っていうのは、母親に対してそんなに含むところがあったのだなぁと今更ながらおろろいた…喪失感と怒りと責任感…母になるとはこんなに大変なものであるんだなぁ…

 で、タイトルにもなっている女らしさとは何かというと「簡単に言いますと、男の子に気に入られ、男の子の世話ができ、男の子の機嫌を損なわない性質のことです」って、何かもー身も蓋もないよーな(笑)更に「自分は、人の対象として映っている「自分」というものにならなければ、誰にも愛してもらえない」とは…でもって女らしさをすぐに身につけないと母親は娘に幻滅するとな…「もちろん、自分自身の幻想の挫折なのでずか、それを娘のせいにします」って…女の子の道は甘くねぇー(笑)

 アリス的に女の子…というか、女性陣…婆ちゃん視点とか、朝井さん視点とか、ヴェロニカさん視点とか、こまちさん視点とか、貴島さん視点とか、いずれの女性も皆それぞれに一家言ありそーだしなぁ…でもまぁ出て来る人殆ど美人さんだから問題ないよーな気がするのは、あくまでも本人でないから言える事なんだろか?女の子物語の道は遠い…

 著者によると「女は女になりたくないのに、女に生まれてくるのだ」が真実だとか…いやー手厳しいです、実に…他者との共存度が高いのかなぁと?となると自分を殺す事が多いとゆー事か?女になるのだの世界は、いい子になるのだの世界で、そりゃストレスたまるわな(笑)

 女の子の将来は、母親になるか?お姫様になるか?の二択というのも…ただ、「お母さんに「なる」にも、お姫様で「いる」にも、「男の子」たちに可愛いと思われなければならないということを、あなたは知っています」っていうところが何だかなぁ…どこまでも他者あっての自分なんですね、女の子って…

 あくまでも世間の望んでいる女の子の道を精進するならば、ヒーローになるとか、我が道を行くとかではなくて、「誰かのためになる仕事をするか」、「誰かを喜ばせるように自分自身がきれいな人になる」しかないそーな…何か都合のいい女になる為の道な気がしてきた(笑)「男の子に上手に負けることが「女らしさ」であるということを、とても早い時期に女の子は学びます」って…

 圧巻なのは性的な事実ですかねぇ…「女子が生理的に大人になっていく過程には常に「痛み」が伴います。「生理」には生理痛が、初めてのセックス、つまり「初交」では女子だけに「初交痛」が、「妊娠」ではつわりが、「出産」では陣痛がと、女子ばかり「痛み」が伴うのに対し、男子が大人の男になっていくときには、たとえば精通といったように痛みではなく、逆に「快楽」が伴います」でもー、全てが終わっているよーな(笑)

 何とゆーか、男の子の世界は単純に勝ち負けしかない世界だけど、女の子の世界は女らしさと優劣のせめぎ合いなんですねぇ…優劣、いい成績をとれは男に勝てで、女らしさは上手に男に負ける事となれば…出来る女って男勝りの女という評価でこれは女らしさの対極にある訳ですね、分かります(笑)さて、この矛盾を女子はどークリアしていく事ができるのか(笑)

 常に誰かがいないといけない強迫観念的なそれが女の子の本質なんですかねぇ?と…ムカツクとかキモイとかの生理的感覚を攻撃行動に移さない為には、「自分の生理的感覚を共有してくれる他人の承認を求める」とな…キモイと思っている正しい私の為に、それを承認してくれる他者が必要不可欠って…その場で、すぐに分かり、共有される、正しさ…いやー正義に溺れているのってどこぞの大国の話しかと思っていたら、女の子的に正しいはそんなに大切だったのか?自分が正しいだけではなく、皆も正しいと思っている事が…かくして同調圧力と空気読めの世界が展開されていくとは…

 そしてそれをしないと自分が浮く事になり、阻害されると…いじめの構図か?まぁ確かに女の子の常套句って、同じでしょ?ってのが多いもんなぁ?だから違いが分かる男のコーヒーなのか(笑)

 その他にもなるほろなお話がいぱーいあってこれは本当にこあい女の子の話しなんでしょか?いえ、まずは読めの世界かな?女の子は実家の貧乏を嫌がるとか、その心は貧乏な家にお姫様はないよねだからとか、普遍な名前がそれしかないから女の子は名前に敏感とか、「もっとも恐ろしいのは、「あの子の顔は可愛くない」と言われることです」とは…

 可愛いの呪縛って凄いと今更ながら気付いた始末…他者評価でない己に、愛の手をの世界かなぁ?私は私なのよっと開き直れる強さが身についた時、女の子は女になるのだかもなぁ?

 目次参照  目次 未分類

|

« 昨日を約束しなくていい? | トップページ | 一番じゃなきゃいけないんですか(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おさとうとスパイスとなにかすてきなもの?:

« 昨日を約束しなくていい? | トップページ | 一番じゃなきゃいけないんですか(笑) »