« めんちゃい? | トップページ | 桜花、主を忘れぬ、ものならば、吹き来ん風に、言伝はせよ… »

2013年4月 4日 (木)

清流が待っている(笑)

美しき日本の川  大塚高雄  クレオ

 所謂一つの写真集と思われなんですが、美しいと題名についているが如く、美しい本というか、写真なんだろなぁーと思います…判型も!A4より大き目かな?というサイズなんですけど、中身はというと大きい写真はあまりなくて、どちらかというと名刺大の写真がたくさんの印象かなぁ?サムネイルがいぱーいみたいな(笑)

 せっかくタイトルから美しいと自信のあるお言葉から入っているので、ここはデザインとインパクトで勝負してほしかったとか?これだけ大きさあるんだから見開きドーンみたいな方が、印象に残ったと思われなんですけどね…とこれはトーシロの甘い考えか(笑)

 北は北海道から南は沖縄まで、日本は川の国だったのか?という位、川あるよなぁな雰囲気満載(笑)著者的には自然と川というイメージで構成されているのか?淀川とか、隅田川とか、都心的なとこはカットされているよーな?緑と川、これがジャスティスってか(笑)

 そーゆー視点で見ると初っ端の北海道の川なんて、特に湿原と川だと緑と川と空しかないとゆー(笑)雄大すぎて何か、ここ本当に日本なのか?という気がしないでもないですが(笑)

 アリス的に川…人喰いの滝ですかねぇ?そーいえばアリスの前に長靴がどんぶらこと(笑)まぁアリスだから、大阪の川には強いというか、大坂って水の都だとどこかにあったよな?

 関西の川というと、こちらに出ているのが安曇川、百瀬川、愛知川、宮川、北山川、熊野川、十津川、那智川、前ノ川、日置川、有田川、紀ノ川、武庫川、加古川、北川、由良川、宇川、円山川でしょか?支流だったり、源流だったり、川の名前も色々変わるので、どこがどーなっているのか?土地者でないと分からないよーな気もするが(笑)

 関西の川ではないのですが、琵琶湖の写真が結構あって、あちらでは琵琶湖の存在というのはかなり大きなものなんだろか?いえ、日本一の湖ですけど…インパクト的には、川ではないのですが、熊野川や宮川の水源でもあるという大台ヶ原の写真は、何とゆーかトトロというよりもののけ姫の世界だなぁ(笑)森が凄いというか、ブナの木の大きさは…これを森林というのだなぁと納得…

 画像のインパクトでいくと、苔の洞門(支笏湖近く)が何かもー緑の色が違うよーな?石というより岩?の通路?切通しみたいなものなのか?これが一面苔、ええ、緑の世界なんですよぉ…他にはというと、奇岩的なとこで寝覚の床(木曽川)でしょか?何というか、岩がブロックみたいなんですけど?こんなの自然であるんですねぇ?

 とはいえ、食い気が一番の己としては一番ビックリしたのは、阿仁川で獲れたというサクラマス…の魚体…いえ、何が凄いって物凄く丸っこいんですよ、お魚がまさに真ん丸にパンパンに膨れている状態…サクラマスってあんなに身がつく魚だったのか?川って栄養あるんだなぁ…

 目次参照  目次 国内

|

« めんちゃい? | トップページ | 桜花、主を忘れぬ、ものならば、吹き来ん風に、言伝はせよ… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清流が待っている(笑):

« めんちゃい? | トップページ | 桜花、主を忘れぬ、ものならば、吹き来ん風に、言伝はせよ… »