« 草、もえる? | トップページ | 修羅場を処理するのは、修羅場をくぐったことのある人間である(笑) »

2013年4月25日 (木)

タバカムとルスチカ?

グレート・スモーカー  祥伝社新書編集部・編  祥伝社

 サブタイトルが、歴史を変えた愛煙家たちでして、煙草にまつわる歴史的エピの人びとの本かなぁ?人と歴史がメインなので、大航海後の世界がメインでしょか?

 紙巻煙草、葉巻に煙管、パイプとそれぞれの章の前に簡単な概略があるのですけど、ここは個人のエピが秀逸でござ候(笑)例えば、芥川龍之介はデビュー後すぐに「煙草と悪魔」とか「煙管」という作品を発表しているんですねぇ…

 歴史的なとこでは宮内庁では恩賜のたばこを配っていたんですね…ちなみに2005年に廃止されたみたいですけど…これまたちなみに明治天皇は煙草好きだったとは…大正天皇も煙草好きだったみたいですけど、昭和天皇には煙草エピはあまりないそな…英国留学でクラブでパイプとかやってそーだけど?そーでもなかったのか?

 歴史的エピで行くと吉田茂かなぁ?かのマッカーサーに葉巻をすすめられて「それはマニラでしょう。私はハバナしか吸いません」と答えたのは有名な話なんだとか…敗戦国の外務大臣は初対面からつおきだなぁ(笑)ちなみにそんな吉田の好みのハバナが「コロナ・コロナ」だとか?そしてマッチはブライアント&メイ社製(英)で、シガーカッターはヘンケル製(独)だったとな…嗜好品、これに極まりの人だったんだなぁ(笑)

 アリス的には准教授に尽きますよねぇ…この人からコーヒーと煙草を取り上げる事が出来る人がいるのであろーか?アリスでも無理だと思われなんですけど(笑)

 さて、そんな准教授愛飲のキャメルですけど、これ菊池寛も愛用していたんだとか?ちなみに菊池寛は一日五箱開けていたというから日に100本は吸っていたという事か?これって当時はザラだったんでしょかねぇ?

 ちなみにそんな菊池寛自身のエピが凄い…わりと身の回りの事が無頓着だった菊池ですけど本人曰く「私は往来で帯がとけて歩いている場合などよくある。そんなとき注意をしてくれると、イヤな気がする。帯がとけているということは、自分で気がつかなければ平気だ。人から指摘されるということがいやなのだ。そんなことは、人から指摘されなくても、やがては気がつくことだ。人生の重大事についても、これと同じことが言えるかも知れない」とな…さすが文豪の弁ですよねぇ(笑)

 キャメル繋がりでいくとヘミングウェイもキャメル党というか、米で軍に配給されるのがキャメルが多かったというのもあるそーだけど、ヘミングウェイ作品にキャメルの登場回数がそんなに多いとは知らなんだ…

 アリス的なとこで他にはというと坂口安吾の「投手殺人事件」でしょか?ミステリだというのも一つなんですけど、こちらの単語が素晴らし過ぎる(笑)朝日撮影所、細巻宣伝部長、羅宇木介、暁葉子、大鹿投手、チェスター軍、灰村監督、とネーミング遊びが半端ネェ…分かる人はこれだけでお腹いっぱいな気がするが(笑)

 それにしても「古今東西、パイプが似合う商売と言えば、作家に画家と相場は決まっている」そで、そーだったのか?天農はともかく、アリスにパイプ…似合うのか?うーむ(笑)そんでもって知らなかったんですけど、ダリもパイプ派だったのね…自画像にパイプ咥えているのがあるそーな…

 そしてパイプと言えばこの人なホームズでしょー(笑)で、これまた全然知らなかったんですけど、シャーロック・ホームズという名のパイプ煙草が販売されているし、ホームズという名のパイプも売り出されているのだとか…何か、いかにも過ぎて何も言えねぇ(笑)

 他に煙草抜きで日本的なエピで気になったとこはというと大錦のとこで「相撲の勝負に情実がみられることや、桟敷席で芸者が酒に酔ったりしてる無様さを非難しており」とかあって、成程相撲協会、体質改善の道は昔からだったんですねぇ(笑)とか、八雲のとこで「女性の洋装姿と日本人の英語は心痛いと漏らしていた」とな、「よその家に行き、そこの奥方からきれいな日本語で挨拶されると、それだけで喜んだ」というから筋金入りの日本おたくだったのだろーか?何か日本好きの外国人の方の方が日本語を大切にね、と言う人が多いよーな気がするのは気のせい?

 他にも面白エピ満載ですので詳細は本書をドゾ。最後にまとめるなら池波正太郎の言葉が一番らしーかなぁ?「たばこほど無駄なものはないけどもね。無駄のように見えるものを、どこまで許容し得るか…それが文化でしょう」

 愛煙家としての登場人物達は、
紙巻派として、夏目漱石、寺田寅彦、内田百閒、菊池寛、芥川龍之介、徳川無声、北原白秋、山本周五郎、坂口安吾、小津安二郎、池波正太郎、市川崑、明治天皇・大正天皇、毛沢東、ジェームズ・ボンド
葉巻派として、ウィンストン・チャーチル、吉田茂、J・F・ケネディ、フィデル・カストロ、チェ・ゲバラ、グラント将軍、アーネスト・ヘミングウェイ、開高健、森鴎外、團伊玖磨、アーノルド・シュワルツェネッガー、力道山、大錦卯一郎
煙管派として、五代目古今亭志ん生、八代目桂文楽、幸田露伴、小泉八雲、樋口一葉
パイプ派として、石川欣一、ダグラス・マッカーサー、フィンセント・ファン・ゴッホ、シャーロック・ホームズ、ウォルター・ローリー、ウィリアム・シェイクスピア、ポカホンタス、ジョン・ロルフ、エル・フマドール

 目次参照  目次 らくだ

|

« 草、もえる? | トップページ | 修羅場を処理するのは、修羅場をくぐったことのある人間である(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

らくだ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タバカムとルスチカ?:

« 草、もえる? | トップページ | 修羅場を処理するのは、修羅場をくぐったことのある人間である(笑) »