« ご飯と煮汁? | トップページ | 酒の肴になる日まで? »

2013年5月21日 (火)

カネこそ全て(笑)

世界の歴史をカネで動かす男たち  W・クレオン・スクーセン  成申書房

 サブタイトルが、国際エスタブリッシュメントの金融支配なんですが、いやはやいやはや…この手の世界陰謀仮説はそれこそ世間にごまんとあるので、まさに今更なんですけど、まっそれを一つのエスタブリッシュメントの集団と見るか、クラブと見るか、ソサエティと見るか、秘密結社と見るか、サークルと見るか、ネットワークと見るかはその人によると思うんですけど、何とゆーか、この男の群れたがる性質はどーにかならんものなのか(笑)で、やる事と言ったら強権を我が手にですからねぇ…男性思考の行き着く先って、権力欲の肥大に行くのか?ついでに言うと誇大妄想に行くのか?そんなに己を大きく見せないと気が済まないんだろ?と素朴な疑問が?

 かくて選ばれし男達の群れですかねぇ…中心は英米の金融界という事になるんでしょーか?有難うセシル・ローズでオックスフォード大から始めないといけないのか(笑)ちなみに本書は全米でベストセラーになった本らしーのですが発行が1970年なんですね、それが21世紀になってようやく翻訳本が出ている辺りがアレですが、更にこちらの本、「米国の反ユダヤ、反NWO、反イルミナティ、反フリーメイソンの有志に必読の書として読み続けられている著作」だそでアレですけど…

 で、この本の種本というか、とある本の解説本というか、検証本ですかねぇ…で、それが何かというと、キャロル・キグリー(ジョージタウン大学歴史学教授)の「悲劇と希望」とな…所謂、かの金融エスタブリッシュメントの暴露本ですか?ちなみにキグリー教授も中の人の一人…ついでに言うと「ビル・クリントン元米大統領の学生時代の指導教授」だったお人…で、何でこの教授が暴露本出したかというと、今更パンピーが何しよーが世界は俺たち特権階級のものなのは揺るぎないぜっあはは…だかららしー…尤も、発行後すぐに書店から姿を消したとな、これはその権力中枢の方々が好まなかったからという事だとな…

 と、色々と推測に推測が絡んで怪しい雰囲気満載なんですが、これも近歴史となれば利害関係がぶつかる人、モロに被る人がまだ生きている可能性高い訳で、その通りですと認める訳にもいかないだろーし、違うんですと言っても大衆はどちらを信じるか?ですからねぇ…決着を見るのは22世紀辺りの歴史家達なんだろか?という事でいやはやいやはやな本なんでございますよ(笑)

 アリス的にこの手のまさにクローズな世界って、ミステリ向きだよなぁ(笑)しかも円卓会議でサークルものか(笑)本人達も円卓会議とか言っているしなぁ(笑)

 ある意味、中の人しかいないの世界なんですが、19世紀から20世紀、まっ今もなんでしょーけど、国際金融資本に関連のある人達が、世界各国の政府に癒着して世界を動かしているという話しではなかろーか?と…で、手を組む相手おかまいなしなとこですかねぇ…保守の巣窟に見えるところにも社会主義がはびこっているとか、逆もまた真なりなんでしょーけど、米の国務省も相当凄い状態になっている模様…で、これまた官僚関係なら当り前だけど、しっぽ切ったって天下りがまぁっているぅぅぅの世界が展開していて、次から次へと変わっていくと…更に不適となれば大統領の首だって飛ばしちゃうんだぜぇーっと言う事らしー…

 で、その理由というか、証拠というのが延々延々本書にまとめられているとな…出てくる名前がビックネームずらりでおろろくし、また知らない人、陰のフィクサー?的な人も出てくるし、決して公開されない世界会議とか、金融資本が自国の敵方に多額の融資というか、寄付?寄贈?や、メディアは殆ど全て金融資本傘下という事でむしろ彼等の太鼓持ちというとこですか(笑)ハリウッド映画にしたら、どだろの大風呂敷でございます(笑)

 これの全てが正しいとしたら、何か本当に世の中救いが無いのねの世界か?米の良心はどこへ行ったな世界が展開しちゃうし、じゃあ全くの妄想だぁーっと言うと今度はあまりに辻褄合っていて、これまたどーするよの世界だし(笑)何にしても、根気の良い人達である事はかわりなしですかねぇ…

 という事で、詳細は本書をドゾ。何も知らずに読むと狐につままれたよーな感覚に陥るよーな気がしないでもないが?これこそまさに事実は小説より奇なりって事なんだろか?でもその事実って何?になるよな気もするが(笑)

 個人的に気になったとこは、この国際金融エスタブリッシュメントの世界支配の為には、彼らに反発する勢力が一番の敵でして、それは何かと言えば、国民、大衆、もっと言えば力を持ちかけている中産階級の人達という事になるそな…それらの人達は彼らの創り出す世界の中で、「慎重に養育され、家をあてがわられ、教育を受けて、政府という病棟に隷属しきった階級」であれという事らしーんですね、だから彼らの目標というか、目的の一つが「米国中流階級を無慈悲に抹殺するしかない」とな…

 この一点だけ見て、現状の米の中産階級の推移を見ると…いやはやいやはやでしょ、奥さん(誰?)格差社会、さて、誰が仕組んだものだったのか?ははははは…

 目次参照  目次 未分類

|

« ご飯と煮汁? | トップページ | 酒の肴になる日まで? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カネこそ全て(笑):

« ご飯と煮汁? | トップページ | 酒の肴になる日まで? »