« 見かけと粋とドレスコード? | トップページ | 絵画的で美しい… »

2013年5月 2日 (木)

男飯(笑)

山田五郎が食べ歩く純情の男飯  山田五郎  講談社

 男飯とは何ぞや?というと、「男には一人で食事をしたいときもあるだろう」とか、孤独に成りたい時もあれば、やむを得ず一人ご飯になる時もあると、「そんな、大人の男の一人飯を、「男飯」と命名した」とな…

 てな訳で働くおじさんの味方的ご飯屋さんかなぁ?早い、美味い、安いの三拍子は勿論、ほどほどに清潔で、ほどほどに雑然とした雰囲気とでもいおーか?下町のおじさんとおばさんの人情定食屋みたいなのが理想だろーか?一番のポイントは多分、男が一人で入っても違和感のないスペースだと思われなんですけど?どだろ?

 そんなお店が70軒弱掲載されています。ヘルシーランチでもがっつり食うに見えるとこが親父飯なんでしょか(笑)まぁ、男のご飯でがっつり行くなら肉、それもステーキ系になるんじゃなかろーか?昼からステーキ、あると思いますなのか(笑)

 本書でいくと、ステーキカレー(銀座楸/銀座)になるのかなぁ?こちらカレーの上にステーキがのって、更にその上に牡蠣のソテーまでのっているというある意味贅沢な一品。いかにも男飯の究極バージョンじゃなかろーか(笑)ネーミング的なのもオケとするなら、鮪の尾肉ステーキ(洋食たけだ/築地)もあげられるのか?ソースは醤油ベースみたいなので、まさに日本の洋食だよねぇ。見るからにご飯が進みそーな雰囲気満載(笑)

 アリス的に、男飯…海奈良の魚魚魚発言のアリスですから、食にはこだわりありというか、食べるの大好きだと思われなんですけど?定食系は准教授に似合いそーな気がこれまたするけど、どたろ?

 取りあえずラフレシアで、ゴーヤーチャンプルー定食(東京うずりん/丸の内)とか、暗い宿の天丼で、穴子天丼(天茂/赤坂)とか、朱色その他の蕎麦で、冷たい肉そば(港屋/西新橋)、鴨南ばん(神田まつや/神田須田町)、生粉打(手打きだ)とか、絶叫城その他のパスタで、ジャポネ(ジャポネ/銀座西)、スパゲッティーハンバーグのせ(ホップワン/上大崎)、スパゲッティ・ナポリタン(カフェテラス・ポンヌフ/新橋)とか、暗い宿のラーメンで、全部入り上そば(阿波徳島中華そば・うだつ食堂/西早稲田)、ラーメン丼(鳥政/南青山)、しょうゆそば(そばはうす不如帰/幡ヶ谷)とか、推理合戦の焼き鳥で、焼き鳥(鳥竹総本店/道玄坂)、ダリ繭の寿司で、穴子・はこ・巻(468/西浅草)とかになるんでしょーか?

 写真が奇麗なので、どれも非常に美味しそーで目移りしてしまうんですけど、アリス的に原点に帰れならば、それは何はなくともカレーでしょ(笑)となれば、カツカレー(キッチン南海/神保町)、ハンバーグカレー(ルー・ド・メール/内神田)、スマトラカレー(共栄堂/神保町)、ポークカレー(カリーバー・ヘンドリクス/神宮前)とかに行くべしなのか?何とゆーか昔からよく言われてるけど、神保町界隈ってカレーのお店多しで、これは片桐さんは制覇してそーだよなぁと(笑)

 さて、ガイド本って写真も命だけど、紹介されている文章にも著者の視点が如実に出ていてなるほろなぁと感心したとこが、初音(人形町)のとこでしょか?和カフェじゃないよ、甘味処だよと強調しているとこが微笑ましい、和カフェじゃおじさんには敷居が高いが、甘味処なら行けるぜという事らしい(笑)甘党のおじさんの聖地なんだろか?ちなみに、こちら喫煙も可らしいので、甘いもの好きの准教授にはなお良しなお店なのかも?

 も一つ、エッセイ的になるほろなぁと拝読したとこが聖林館のとこ。こちらピッツェリアらしいのだけど、そこのシェフがナポリで出会ったピッツァにはまり、下した結論が「この味はナポリ人にしか出せない」だったそーで、それなら「日本人の自分にしか出せない味を追求しようと開き直ったら、逆に「本場の味」と絶賛された」という曰く付きのシロモノ…「「本場」とは、「他所の真似ではない」という意味なのだ」というのはけだし名言でしょねぇ…コピーとオリジナルについて考えさせられるお話だよなぁ?どこぞの劣化コピーとか、リメイクとかが氾濫している昨今では、特にね(笑)

 他にもアリス的ならば、スジ焼き(きじ/丸の内)とかを上げとかなきゃいけないんでしょーけど、個人的にはうらぶれた(?)おじさんランチとしては、しゃぶしゃぶランチ(しゃぶ通銀座店/銀座)ですかねぇ(笑)まさに不景気なんかぶっとばせっランチの典型な気がするんですけど?どでしょ?その他、美味しいものいっぱいなので、詳細は本書をドゾ。いやホントにたかが昼飯とあなどることなかれってか(笑)

|

« 見かけと粋とドレスコード? | トップページ | 絵画的で美しい… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男飯(笑):

« 見かけと粋とドレスコード? | トップページ | 絵画的で美しい… »