« ニッポンのソウルフード? | トップページ | 十人十色(笑) »

2013年5月 8日 (水)

聖地、学食(笑)

TOKYOこだわりの学食  大坪覚  ブルース・インターアクションズ

 何がそーって、タイトル通りの本でしょーか?本書には東京近郊の学食が9件掲載されていまする。多いのか?ちなみに一つは自由学園の明日館で厳密に学食と言えるのか?ついでに言うと殆どが大学の学食なんですけど、残る八個の内の一つは中・高校の学食(自由の森学園)となるので、果たしてこの件数は多いのか?少ないのか?都内には星の数程大学あるし、中には部外者お断りもあるだろーし、取材お断りもあるだろーしにしてみても、この数は著者の厳選の学食という事になるんでしょかねぇ?

 という訳ではないのですが、いずこの学食も一昔前の薄暗い、もしくは薄汚れたイメージではなくて、テラ美しスの世界かなぁ?なので、写真が奇麗…料理も綺麗なんですけど、室内というか、部屋が奇麗、家具も海外製とかありなんですよ…場所も最上階なとこ多しで展望もまた魅力とな…

 フレンチレストランか?と言わんばかりの学食もあるんですけど、普通にステーキ定食(東洋大)があるとはおろろいた。しかも、\600-650なんですよ、価格破壊じゃなかろーか?でもってこのステーキ、あの銀座スエヒロのお肉だそーで…学生が昼からステーキ、世の中変わったなぁと思うのは年寄な証拠か(笑)

 女子的に一番受けるのはデラックスサラダ(神奈川大)かなぁ?一皿で多分お腹いっぱいになりそーな物凄いボリュームなんですけど、何よりもありがたいのはこれ大学の契約農家から多分有機野菜で朝採れ直送もの…他にもふろふき大根やらきんぴらやら、ヘルシー志向全開な気がしないでもないよーな?いえ、野菜食べた方がいいに決まっているんですけど、畑から率先して取り組むとは(笑)

 アリス的に学食と言えば、ええ、カレー一択しかないんですけど、今日日の学食はそんな甘くなかったんですよ、おぞーさん(誰?)だいたい、何でこの本かと言うと昨日はその栄えあるカレー記念日だったじゃありませんか?昨日うっかり忘れていて、思い出したら、この本が(笑)これも学食のお導き(合掌)だからカレーという事でカレーライス(立教大)とか、カレー(アイスコーヒー付/東工大)とかが掲載されています。東洋大ではインド人シェフによるナンが焼かれているそーで、こちらだとカレーにナンにドリンクにサラダまでついているとな(笑)

 さて、本書は東京中心なんですが、巻末に全国にはこんな学食もありますよとちらっと数行載っていて、その中に同志社大もあるんですよ(笑)話題の中心はセカンドハウスウィル(本格的フレンチレストラン)ですか?ゴージャスな世界へようこそらしいが、一応ランチは\1200-3500だそで、ディナーとなると\3150-8400だとか…うーん、このお値段既に学食価格じゃないよねぇ?次は朝井さんをご招待ってか(笑)

 他には大阪つながりで大阪大のミュージアムカフェ坂が出ています。何というか、最近の学食は学食内でパンを焼くも普通になりつつあるんだろーか?焼き立てパン系多いよな?それと、カレーつながりで焼きカレー(岩手大)も出でいます(笑)

 本書を見る分には一番普通っぽいのが女子栄養大の学食かなぁ?こー学食トレイがプラスチックで緑色なとこがもーそんな感じ(笑)出て来る料理も奇をてらっていないとこが宜しなんではなかろーか?にちにちのご飯ですから、普通に美味しい、身体にいいが一番なんですよね(笑)栄養バランスは御墨付だし(キパッ)

 雰囲気的にスタイリッシュな感じからすると、和洋女子大とか、東工大になるのかなぁ?展望だと二松學舍大でしょか?都心の中心で優雅にランチってか(笑)逆にクラシックな感じでいくと立教大とか自由学園明日館か?特に明日館はあのライトの設計ですから、渋いんですよ(笑)

 本書は他に大学のグッズの紹介もチラっと掲載されてます。一番幅きかせているのは東農大かな?東農大の大本命と言われるチーズケーキは確かに、モノホンを見てみたいっ…だって形が大根なんですよ、奥さん(誰?)

 いつの間にか、学食ってこんなにこ洒落た雰囲気になっていたんですねぇ…こーなってみるといっそ、超和風な畳でご飯な学食もあってもいいと思うんだが?どだろ?学食で懐石、あると思いますになるのか(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« ニッポンのソウルフード? | トップページ | 十人十色(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖地、学食(笑):

« ニッポンのソウルフード? | トップページ | 十人十色(笑) »