« 巧言令色鮮仁? | トップページ | 君は人馬鹿だ(笑) »

2013年6月30日 (日)

世の常ならずすぐれたる徳ありて、かしこき物をカミと云うなり…

一個人 特別編集 開運!日本のパワースポット案内  KKベストセラーズ

 本というより雑誌の形態の方が近いのかなぁ?一応表紙には、伊勢の神様に出会う旅・神社の最高格伊勢神宮の歩き方、参拝のマナーから歴史、建築様式まで・神社基本の「き」、「古事記」「日本書紀」・知っておくべき日本神話、鏡リュウジさんが案内する・京都のごり利益神社10選、自然のパワーを全身で体感!・富士山、霊山、巨樹、水の神様の聖地へ、全国47都道府県別・パワースポットガイド123とあって、これだけでどーゆー本か分かろーというもの(笑)

 結局、日本のパワスポというと、どーも寺社関係が多く、更に言うなら神社関係が多いとゆー事に…神社ってパワスポの上に建てるのがジャスティスって事なのか?やはり日本は八百万の神々の国だったという事か(笑)

 で、日本の神様ならここでしょーという事で初っ端は伊勢神宮からなんですねぇ…外宮と内宮が掲載されていますが、うーん伊勢神宮には125社あるそーだから、一日一社でも四か月で回れないと…一つの季節かがりの規模…日本国民の総氏神様ですから…それにしても外宮の豊受大神様の方は庶民的な神様と見えて衣食住に産業の神様なんだとか…うん、ご飯は大切だよね(笑)で、内宮の方のエピとしては御垣内には立ち入り禁止なんだそーだけど、特別参拝を申し込めば中に入れるそな…ただし、正装が条件となるとか…伊勢で正装なんて言われると十二単レベルかとびびるけど、女の子なら振袖着てこんかいとゆー事なのか?

 アリス的にパワスポというと、やはり舞台は京都という事になるんだろーか?本書的に京都のパワスポというと、晴明神社、鞍馬寺、貴船神社、地主神社、野宮神社、八坂神社、清水寺、伏見稲荷大社、泉涌寺、大将軍八神社、笠置山、旧嵯峨御所、賀茂別雷神社、元伊勢籠神社、総本山仁和寺、真名井神社、賀茂御祖神社、天橋立神社となり、大坂の方はというと、三島神社の薫蓋樟と住吉大社しか掲載されていないみたいなんですよね…大阪のパワスポは少ない気がするのは気のせいか?

 その他でアリス的パワスポというと、都内にある有栖川記念公園でしょーか?何と本来の自分の魅力を引き出してくれるそー…これは行かなきゃなのか(笑)

 後はオノコロ島~でイザナギ、イザナミの国生みのとこですかねぇ?海をかき混ぜた矛のしたたりからオノゴロ島が出来たぁーとなり、大八島に神様いぱーいの件とか、白い兎が~じゃないですけど、因幡の白ウサギでオオクニヌシのとことか…それにしても何故か神様系は兄ではなくて弟がついでいるとこが多い気がするのもこれまた気のせい?

 本書的に一番、ふふふと思わされたのは出雲大社の章ですかねぇ…日いずる伊勢に対して日しずむ出雲…この対比もさることながらオオクニヌシの「目に見える世界の統治権は譲るが、目に見えない世界は自分が司る」っていうのは…これもその心はとゆーと「しかしながら、目に見える世界などほんの一部でしかありません。ですから、出雲側からすれば見えない世界-「幽事」と呼ばれていますが-の支配宣言とは、譲り渡したものなど僅かなものであるという主張にすぎなかったのだと思います」って、どーよ…この国の勝ち組、負け組の有り方は一筋縄ではいかんぜよ(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 巧言令色鮮仁? | トップページ | 君は人馬鹿だ(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の常ならずすぐれたる徳ありて、かしこき物をカミと云うなり…:

« 巧言令色鮮仁? | トップページ | 君は人馬鹿だ(笑) »