« 日本のノスタルジー? | トップページ | 真理は単純だ、しかし事実は複雑だ(笑) »

2013年7月 8日 (月)

世界展開?

リッツ・カールトン物語  文・井上理江 写真・藤塚晴夫他 旅名人編集室・編  日経BP企画

 サブタイトルが、超有名ホテルチェーンのすべて、なんですが、キャンペーンなんだよっみたいなノリかなぁ(笑)世界に広げよう、リッツ・カールトンの輪みたいな(笑)リッツというと、どーもあのパリのリッツを思い浮かべてしまうんですけど、リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーは1983年創業というから、そんな古い会社ではなくてむしろ新しい企業という事になるんでしょーか?でも米的ならアレなのか?

 ちなみにホテル・リッツ(パリ)とカールトン・ホテル(ロンドン)を創ったのはセザール・リッツでしてこれが19世紀末の話し…で、1905年に米で、ザ・リッツ・カールトン・マネジメント・カンパニーが設立されてNYにリッツ・カールトンの一号館が建ったのが1907年とな…その後事業を拡大していったのだけどWWⅡ以降パッとせず斜陽化していったらしーんだが、ボストンのリッツホテルの売り出しとリッツ・カールトンの名称の使用権を取得したのが、前述のリッツ・カールトン・ホテル・カンパニーという事になるらしー…元々ホテル業始める予定だったけど、そこにタイミングよくリッツの売却があったからって何か出来過ぎな気がしないでもないけど、取りあえずリッツ・カールトンとしてはリスタートという事になるんだろーか?経営陣は丸ごと違っても?

 で、その後の展開は皆様もご存じの通り破竹の勢いでござる。全世界が舞台ってか(笑)本書はそのリッツのホテル紹介本という趣かなぁ?チラっと見る分にはやはり北米、特に米のホテル数がパネェなんでしょか?

 アリス的にホテルと言えば、ホテルシリーズの暗い宿一連の作品になるんでしょーか?特に今回は巨大ホテルって事で、201号室とラフレシア辺りが被るのかなぁ?都市部のホテルって事では、ボストン、ボストン・コモン、ニューヨーク・セントラル・パーク、ニューヨーク・バッテリー・パーク、ワシントン・D,C,、サンフランシスコ辺りになるのかなぁ?米的には(笑)後は、ラフレシアもだけどマレー的なとこで、クラアルンプールとシンガポールじゃなかろーか?

 で、やはりリッツ・カールトンと言えば、アリス的には大阪でしょー(笑)1997年5月にオープンしてから三年の内に大阪でのホテルの人気投票第一位に輝いたとか…そーだったのかぁー?ちなみにホテルは梅田にあるそーなんですけど…アリス辺りだとこの辺で打ち合わせとかしてるんだろか?

 ちなみに内装は18世紀の英国貴族の邸宅を思わせる優雅な雰囲気らしー…何故に18世紀なのか?はアレですが?19世紀だとヴィクトリア調になるからだろか?18世紀というと仏ならロココ調って事になって文句があるならベルサイユへいらっさいになりーだけど、英風だと、レッドブラウンの大理石の床、マホガニーの壁、暖炉のあるロビーって…うーん、それにしても米の企業で、英国風で、何故に日本で、しかも大阪って…この路線はどこから来たんだろー?日本人はブリティッシュテイストに弱いとか、ご提案があったんだろーか(笑)ちなみに元社長曰く、「非常にリッツ・カールトンらしいホテル」という事になるらしー…

 宿泊客にはおしぼりとオレンジジュースのサービスがあるみたいで、何か飛行機に搭乗したみたいな対応と思うのは気のせいか?客室もヨーロピアンテイストだそーで、こちらは英国風だけじゃないとゆー事なんだろか?うーん?客室の平均的な大きさも大阪では一番広いみたいだし、お風呂とシャワーが独立している辺りも日本を考慮しての事なんだろか?クラブラウンジが34階にあって景色がいいのはともかく、クラブコンシェルジェが着物姿ってとこがいかにもだよなぁ(笑)さて、メインダイニングがフレンチレストランらしーので、ここもお誕生日御用達なんだろか?アリス(笑)

 他にアリス的なとこでいくと会員制のシガー・バーですかねぇ…ここでは葉巻の事と思われですけど、パイプもあるのかなぁ?うーん?それはともかく禁煙権で世界で一番厳しいんではなかろーか?の米で、米の企業による米のホテル、しかもステイツにあるホテル内にシガー・バー、それも地元の住民の要望って…でもって、500のシガー・ボックスが完売って…最初350で追加してコレですから需要があるって事でしょーか?それとも禁煙権で吸えるところが街中でここしかないとか?その内准教授も世界中のシガー・クラブのメンバーになってそーだよなぁ(笑)

 さてさて、世界各地に支店があるリッツ・カールトン・ホテルでございますが、個人的に行ってみたいというか、この目で見てみたいなぁと思ったのがベルリンかなぁ?とてもクラシックな、いかにも西洋って感じがねぇミーハー心をくすぐります(笑)リゾートで異国情緒的なとこでいくとカンクンのホテルが、和洋折衷ならぬメキシコの西洋って感じで遠目に見たら、カチワリみたいに見えるんじゃなかろーか?と?ホテルっぽいなぁというか、イメージのグランドホテル的なとこでモントリオールかなぁとも?古き良きホテルの面影が?

 それにしてもリッツ・カールトン・ホテルでは子供専用のゲストルームなんていうのもあったりするんですね…ボストンでは、8-12歳の子供向けのマナー教室まで開催しているそーだし…こーゆーの日本でもやってるとこあるんだろーか?

 まぁいずこのホテルも皆それぞれにですけど、アリスならどこのホテルが舞台に一番ふさわしいか?で決めそーだよね…リゾート的な立地のとこで突きだした崖にあるみたいなとこもあるので、立地にはことかかない気がしないでもないんですけど(笑)どだろ?

 目次参照  目次 宿泊・温泉

|

« 日本のノスタルジー? | トップページ | 真理は単純だ、しかし事実は複雑だ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宿泊・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界展開?:

« 日本のノスタルジー? | トップページ | 真理は単純だ、しかし事実は複雑だ(笑) »