« あの日、あの時、あの場所で… | トップページ | きんのがちょうはたいせつに(笑) »

2013年9月13日 (金)

客観、中立、公正(笑)

IT時代の震災と核被害  コンピューターテクノロジー編集部 編  インプレスジャパン

 コピーがいぱーいあって、まず特別編集。グーグル、ヤフー、ツイッター、アマゾン、動画サイトの3.11。IT集団の初動レポートとともに、日本・社会・メディアを問う!などなど、それぞれの3.11論ですかねぇ…濃いというべきか、個性的というべか、それが問題だってか(笑)むしろ、個人が立っているというべきか?

 が、その前に本書の初っ端は震災直後から、グーグル、ツイッター、アマゾン、Ustream、ニコニコ動画、CNNなどは何をしたか?どう動いたか?が掲載されていて、ある意味昭和の香りのないプロジェクトXな世界か?今やらなくて何時やるんだ?と人の善意を信じようという立ち位置ですかねぇ?

 ネット的なアイテムという言い方で正しいのか?どーか?は今一自信がないんだけど、例えば、グーグルのPFを平時から知っているか?どーか?は有事の際の違いが大きいかなぁと…グーグル的には「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにしたい」の実践の一端なんだろなですか?ヤフーのニュースは、データは流さなきゃいけないねんとか、しかも途切れることのなく…またツイッターの政府と行政の参加ですか?開かれたツイッターの世界へ、ですかねぇ?アマゾンのクラウド化とか、動画サイトのサイマルとか、まさに前例がないとか前代未聞とかという事態にやりましたな話しがいぱーいですので、詳細は本書をドゾ。事件は現場で起こってるんだぁーってか(笑)

 アリス的なとこで地震というと蝶々か、残酷なになるのだろーか?いやー何か本書は誰かがやらねばの世界でして、あの行政の機能不全と比較すると、民間とか個人の出来る人達ってつえぇー(笑)プロジェクト的な話ではSafecastとか、ふんばろう東日本プロジェクトとか、検証屋の皆さんとか、これまたその活動の詳細は本書をドゾ…何とゆーか、上を向いて歩こうの世界かなぁ?民間のニッチ的な動きの方が有効に見えるのは何故だろう(笑)結局「権力を持っている人が上から統制いつつ、情報や物資を、階層を経て配布いるやり方の圧倒的な効率の悪さ」が露呈した結果なんですかねぇ?

 悪かった話しではツイッターなんかのデマの拡散のとこですが、これもネットリテラシーがその個人にあるか?否か?が問題かと…情報を鵜呑みにして噂を流す、悪意がなかったからとか、知らなかったからという言い訳はいかがなものか?判断力の有無って、有事では露骨に出てしまうもんなんだなぁと…後は、その時浦安住人の場合は?的なとこが日本のある種の縮図を浮かび上がらせているのもアレですかねぇ?シロガネーゼならぬマリナーゼという呼称がある事を始めて知りました…街を二分する空気、格差があるとは…もしかして貴方とは違うんですの世界が展開しているのか?浦安?それにしても行政の対応って、千葉と東京だと速度が違うみたいなのも目に見えてしまったとこも、アレだよなぁ…

 株を上げたか?下げたか?では今までのメディアはほぼ全滅という事になるんでしょーか?これからはマス・メディアではなく、ネット・メディアの台頭ですか?下剋上ですよ、奥さん(誰?)というのも詰まるところ「既存メディアによる報道への不信感が強まったからである」ですかねぇ…結局彼らのやっている事はパフォーマンスにしか過ぎないのではないか?という疑惑を増やしただけなよな?

 分かり易い例としては福島原発の報道姿勢、「NHKは第一原発から40キロ、某新聞社や民間各局は50キロ、某通信社は60キロ圏外に社員を退避させていた。こうした退避は、労働組合の意向を汲んだものだという」とな…まぁここまでなら人命優先ですよねぇと社員を大切にね、の世界かですが「記者は退避させながら、視聴者には「健康に影響はない」と繰り返し報じていたことへの疑問は消えない」とな…20キロ圏は確か安全でしたよねぇ(笑)ただちに問題ないんですよねぇ(笑)東電サマは大事な大口スポンサー様ですよねぇ(笑)

 かくて福島前までのメディアの態度も「国策や電力会社の意向に沿う形で反原発論者を排除してきた」とな…だって、原発は絶対に安全なんだもの(笑)マスメディアって、電力村の広報だったのか?

 メディアもメディアなら、政府の政府で「情報を出さない限りは嘘にならない。情報を出すか出さないかは自分たちが判断する」という今までの姿勢を大切にね、の世界か(笑)SPEEDI何がスピーディーやねんの世界が展開した模様…ネーミングに偽りありですかねぇ…新聞が古聞みたいなもんか(笑)パンピーがパニックしたらあかんねんという理由から公開を保留したみたいですが「むしろパニックにおちいっていたのは政府のほうではなかったでしょうか」…国民を侮っている政府・官僚に花束をってか(笑)ちなみにSPEEDIって25年も前からあったのね…訓練や準備もしていたそーですよ、おぞーさん(誰?)ホント、いざという時頼りになります文科省ってか(笑)

 ちなみに首相官邸は、「もしSPEEDIのデータを公開してしまうと「コストのかかる避難措置に対する責任」が発生するという理由」で、データ公開をしなかったとな…マジか?と思ったけど「この報道が事実だとすれば、福島第一原発の北東方向に避難した浪江町の住人は、福島第一原発事故から起きた直後、明らかに政府の責任逃れと情報隠蔽によって二次被曝したことになる」とな…いやー、さすが、国民の生活が第一だよ、官邸のみなさま(笑)

 公的に頼りになりますシリーズでは「総務省の「武力攻撃事態等における安否情報の収集・提供システム」という、市町村・都道府県・国で情報共有が可能な横断的なシステム」があったそーですよ、姐さん(誰?)安否情報のセンター的機能の必要性って、阪神淡路後からあったそで16年かけて何をしてきたか?は、皆まで言うなの世界か…いやー、本当にいいものですね、総務省ってか(笑)

 地震予測なんかではスパコンが使えればいいじゃないな話しもあったんですねぇ…プロトタイプをつくるのに四年、シュミレーション情報だせるよーになるのに更に五年、よーは十年位かかりますが、何か?な世界でその上「予測は、政府に認められなければ公式に発表できません」だそな…十年後に日本がグラスノチやってると思う人は挙手をおながいします(笑)

 エネルギー的な項についての詳細は本書をドゾ。何か一番のネックは外交力な気がしてきたけど(笑)まずは東電の対応がこれまたアレでしょか…「原子力事故損害賠償法では、電気料金を値上げして損害賠償金に充てることになっていますが、これはまったくの筋違いです」とな…「独占的な電力市場で、電力需要家は原発事故に関して、いっさい責任を負う責務はありません」だそな…「何よりまず東京電力の株主が責任を負い(株価ゼロ)、金融機関が債権を放棄した上で、全資産を「売却」(もしくは国有化)することによって、可能な限りの賠償金を捻出するべきです」話しはそれからだ、ですかねぇ(笑)卑近な例であれだけど、これはタクシーに乗車していてそのタクシーが事故った場合、その乗客に事故の責任はないのと同じ論理なんだろか?まぁどこぞの運転手ならぬ電力会社サマは、想定外だったら何一つ責任ありませんが、何か?な世界に住んでいらっさるみたいなのも気のせいか?責任は、誰のものってか(笑)

 まぁ事故当日はどこぞの会長サマは取り巻きメディア引き連れての中国視察中だったそーだし、どこぞの電力会社には「豪奢な福利厚生施設」がいぱーいらしーし、更に会長の退職金は「9億円」だそーですよ、奥さん(誰?)その他、役員、社員の退職金や給与ってどーなのか?はこれまた皆まで言うなの世界か(笑)何より「電力会社は地域の新聞社や放送局の大口株主になっています。地域の有力企業の大口株主にもなっています。だから地方経済団体の幹事は例外なく電力会社です」だそな…謎は全て解けたってか(笑)

 もー本書はどこもかしも凄すぎてパネェ…これが本当だとしたら、世の中って…というより権力機構にいる(と思っている)人達って…と世を儚みたくなる世界が展開していて、個の正義について考えるとか…いや、正義とは何か?なんて口にする日がこよーとは…で、もー本書は自己責任で読んでくらはいしか言えねぇー、でしょか?全てが嘘だと、全てが真実の間って、こんなに大変な世界だったんですね?リテラシーとはどこにあるのか?

 で一々上げていったら際限がない位濃いぃぃぃぃ内容なので、最後に一つだけというか、項を一つだけ取り上げるとしたら、海外メディア報道と日本なとこしょか?いやー薄々そーではないか?と思っていたが、根はもっと深かったという事か?誤報もあったし、感覚の違いもあったけど、地震も原発も世界にとってディープインパクトだったのだなぁと…もーこれは日本一国だけの問題ではなくなっている部分が展開しているのか?

 まぁ有り勝ちな日本人の避難態度の礼賛はともかく、どこぞの変態新聞ばりのとんでも報道もなきにしもあらずで「東京が人々に見捨てられたゴーストタウンとなり、まるでゾンビ映画のようだった」(英、ザ・サン)とか、「福島原発の放射性物質の流出で、日本の核兵器開発が露呈した」(中国、金羊網)とか、世界はファンタジーに住んでいる人多しなんだなぁと…これに対して日本のマス・メディアとか、外務省が抗議・訂正したという話しは…これまた皆まで言うなの世界か(笑)

 ニューヨークタイムズに掲載された「Thank you for the Kizuna」の首相の広告のある号に、福島原発での日雇い労働者のニュースが掲載されていたそーな…「現場では身を危険に冒し、安い給料で復旧作業に尽力している労働者がいるのに、管首相はパフォーマンスにばかり熱心なのではないか」とな…結局これは「世界を代表する国際紙で、5面に広告を出稿して謝辞を述べている日本の首相が、同じ日の1面で遠回しに批判されているのだから、この時点でいかに日本政府に対する「国際的な信用」が失墜していたかが分かるだろう」とな…どっちもオサスガ、揺るぎなしって事ですかねぇ(笑)

 この福島の労働環境というか、人事については日本で報道されなかった模様…下請けなんてそんなの関係ねぇー(死語?)以前に「日本のメディアにとって東京電力は大口のスポンサーであるため、電力事業にマイナスイメージを与えるような報道は積極的に行われてこなかったのだ」そー…スポンサー様は神様ですか?もしくはスポンサー様の言う通りってか?それが日本のメディアのジャスティス(キパッ)

 さて、被災者の行動についての報道は米が一番過敏だった模様…自国に二回あった大型ハリケーンの暴動と比較してアレだったよー…共同体という幻想ですかねぇ…まぁ詳細は本書をドゾ。続いて英では、何となく欧米の人間が理解できなくなるとと必ず出してくる東洋の神秘に何でも帰結しよーとするそれですか?伝統と文化、礼節と規範、ミステリアスな日本ってか…ちなみに誤報も盛大に「約100万人の人たちが暮らす仙台の大部分が水没し、数少ないビルしか残っていない」(英、BBC)とか、「溶けた炉心が格納容器を貫いて、原子炉が制御不能になっている」(英、ガーディアン)だそな…英のメディアは祭り好きなんですかねぇ?「少なくともガーディアンによる「制御不能」という報道は、確たる証拠に基づいたものではなく、震災直後としては「行き過ぎた報道」であったと言えるだろう」ってか…かくて「国際メディアが「誤解を招く報道」を世界に広めたことを考えれば、イギリスのメディアが「日本に対する国際的な不安」を煽った責任は重大であろう」とな…

 かくて欧州では水素爆発と核爆発を勘違いしている人多数たらしー…有難う、英ってか(笑)風評被害についてどこまで続くの世界ですかねぇ…そしてそれを放置している日本政府って、これまた凄い…外務省、どこまでいっても外務省…外務省には自国の信用とか、国益とかマジに考えて実行している人なんているんだろーか?と素朴な疑問が?

 対して仏はも少し現実的ってか?何せ原発の国だもの、ですか?アレヴァ社CEOにサルコジもやってくるで廃炉ビジネスチャンスは逃しませんってか(笑)ちなみにアレヴァ社は「青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」に導入」されているそな…ちなみにちなみにその処理工場は1989年に計画が申請されたそーですが、「トラブルなどの理由で計画は18回も延期され、未だに完成していないのだ」とゆー実績のある原子力関連の世界的大企業です、本当に有難うございました…なみにちなみにちなみに今回は高濃度汚染水の処理の作業を受注したそな…

 そして独…一早く原発完全停止、撤廃を決定した独ですが、ついでに日本では自然エネルギーで発電しているイメージの高い独ですが、独の自然エネルギー的なそれは全体の風力6.1%、バイオマス4.86%、水力2.95%なんだそな…じゃあ独の主力は何となれば、石炭による火力発電44.78%だそーで、しかも「ドイツで多く使われている褐炭は、エネルギー効率が悪く、露天掘りの採掘によって自然環境を破壊している」そー…さすが環境立国独は違う、そこにしびれるあこがれるぅ(笑)

 続いてアフリカ…福島で原発事故起きた、ドイツを始め先進国で脱原発進めてる、さて、アフリカ諸国はどーすんべぇーと言う事らしー…「いずれにしても、エジプトを含めてアフリカ諸国では日本の技術に対する信用が高く、「日本の高い技術力」をもってしても原発事故を防げなかった事実が、大きな波紋を呼んでいるのだ」とな…持つべきか?持たざるべきか?それが問題だ、全くだ…でして…かくて「日本政府と東京電力が被害状況を曖昧に伝えてきたことの弊害は、すでに世界中に広がっているのだ」って…「世界がグローバル化していることを考慮に入れない政府と原子力村の情報公開の拙さは、「新たな人災」として、原発事故発生直後から膨大な国家的な損失を引き起こしているのだ」ですって…いやー日本の国民で良かったってか?ほこりある政府と企業素晴らしス(笑)

 国連の原子力安全首脳会合についてとか、東電のメインバンクの描いた「賠償案」等についての詳細は本書をドゾ。いやはやいやはや、何かねぇこれでも本書のさわりというか、ごく一部的なとこが何とも…格差社会と言うけれど、出来る人と出来ない人の差は思った以上に大きくなっている模様ってか?ましてや、それが有事となれば、馬脚がどころの騒ぎじゃないと…で、更に根本的にアレなのは出来ない人程自分を出来る人と履き違えているとこでしょかねぇ…本当の頭の良さって前例の無い事に対応できる能力がある事かと思っていたんだが…

 取りあえず、心ある人は本書を読むといいよ、とお薦めしとこー(笑)狼は来ないぞー、狼は来ないぞー(笑)

 目次参照  目次 未分類

|

« あの日、あの時、あの場所で… | トップページ | きんのがちょうはたいせつに(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客観、中立、公正(笑):

« あの日、あの時、あの場所で… | トップページ | きんのがちょうはたいせつに(笑) »