« てんらんかいのえ? | トップページ | 男子が厨房に入ったら(笑) »

2013年10月13日 (日)

狂った生物?

芸術人類学  中沢新一  みすず書房

 人類学…一昔前、レヴィ=ストロース辺りが時代の寵児って感じだったよーな気がするんだけど、21世紀の今となると斜陽の学問だったのか?考えてみなくても何とゆーかグローバル化万歳の世界でして、未開の地なんて風前の灯か?だろしなぁ…アフリカの奥地でも、南米の奥地でも携帯が存在する今日この頃となれば、神は死んだもとい、土着の神話や文化が衰退していくのも時代の趨勢って奴ですかねぇ?

 てな訳で、ついと言っていいのかの2、30年前には普通だった話がもーそこにはないとなると、人類学…資料とは何ぞや?となるのか?もーある意味考古学的になっちゃうんだろか?でして、そんな人類学に愛の手をじゃないですけど、そんな人類学に芸術をですかねぇ…これくっつけて君は生き延びる事ができるのか?の世界に突入決意宣言とか(笑)

 さて、本書はあちこちのエッセイとか講演録っぽいのをまとめましたみたいなノリなのですが、総じて人の歩み、人類の歩みですかねぇ?考古学っぽいのありーの、歴史学っぽいのありーの、社学っぽいのありーの、民族学っぽいのありーの、民俗学っぽいのありーの、言語学っぽいのありーの、宗教学っぽいのありーのetc.とおよそ人がかかわってきたもの全てという気がするが、これ風呂敷広げすぎじゃなかろーかと思うのは己の器の小ささなんだろな…

 いや何にしても、何となく本書の始まりと終わりの行き着く先はラスコーの洞窟絵に戻れでしょか?そこが初心なんですよ(笑)

 アリス的に本書…うーん、論文、講義調なとこは准教授と被ると思われですけど、どちらかというとこの博覧強記振りは雑学データベースのアリスの方に近い感覚じゃなかろーか?話の飛び具合とかね、そーだったのか?そーだったんだ?とそーなのか?が入り乱れている感じは何かとてもアリス的だなと勝手に思ってしまったんですが(笑)

 まぁある種の反省というか、アンチテーゼ的な要素も絡めての話だろしなぁ?本書の前書きにあるのですが、「近代西洋でも日本でも、対称性の思考の現実化の試みはまったく成功しませんでした。直線的な時間の観念や拡大していく世界という、近代的な思考の内部でおこなわれるこのような試みは、うまくいかないどころか、めざしたものと正反対の結果を生み出してきたのです」とな…

 で、どこから話そう、どこへ行こうとしているのか、うーん、人類学実に難しい学問じゃまいか?まぁ全くの余所者なので人類学とは何ぞや?と言われても全くピンと来ない情けなさですけど、著者が熱く訴えかけているのは分かる、よーな気がする…何もかもそんな簡単なもんじゃねぇーとゆー(笑)

 まぁラスコーの洞窟絵一つとってみても、純粋に美術というだけの話ではなくて、それに生活が絡んでいたのは当たり前なんですよねぇ…探索の範囲をどこまで広げるか?で評価はそれぞれにまた違うのもこれまた当たり前だし、個人としてのインパクトも違ってくらぁーと(笑)で、そのお一人があのジョルジュ・バタイユだったりしたりと(笑)

 他にも人類学とは、外から見てナンボの世界じゃねな話もありとなる訳ですねと(笑)時にはブッダの時代の更に昔をはせ、現代に帰るとか、神話を読んでトリックスターについて考えるとか、古今東西の文化と文明について考えてみよーな世界かなぁ?

 アリス的にはケルト文明の遺跡についてチラっと出ているとことか、後章として一つ山伏について語っているとことかがかかわりあるとこかなぁ?それにしても国家を持たない社会は山に入らないとは知らなんだ…国が出来てこその修験道って事なんですかねぇ…禁足地にも踏み入るにはそれなりにアレが必要という事か(笑)

 まぁいずこの章も皆パネェと思いますが、個人的には岡潔のとこが一番グレイトだぜというとこかなぁ(笑)いつも思うんだが、あの数学者のかっとぴ具合って何故なんだぜ?だよねぇ(笑)でもってえてしてよく言ったというのが多いのもこれまた凄い。ちなみ岡先生が語る数学の極意もパネェけど、一番インパクトあったのは「日本から労働者階級を無くすること、すなわち国民の一人一人が皆生きがいを感じて生きることのできる国にすること」と言い切ってしまうんだぜぇーっ。政治家がまともな言動ができない今、数学者の話を聞けの世界に突入していたんだろーか?とか(笑)

 てな訳で他にも色々エビ満載ですので詳細は本書をドゾ。

 目次参照  目次 文系

|

« てんらんかいのえ? | トップページ | 男子が厨房に入ったら(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狂った生物?:

« てんらんかいのえ? | トップページ | 男子が厨房に入ったら(笑) »