« ガイヤーンっ(笑) | トップページ | ストレートで、シンプルで、イージーで、フリー? »

2013年10月 5日 (土)

ステーキの国の人だもの(笑)

牛肉が消える!  横田哲治  日経BP社

 何を今更の狂牛病に伴ったこの国の牛肉事情というより、世界的牛肉事情なのか?いやー、この本が徹頭徹尾本当の事しかありませんと頭から信じる信じないは、人それぞれだと思うんですけど、それにしても書いてある事が本当ならば、BSE関係なく米の牛肉は口にしたくないなぁと思ってみたり…米的牛の飼い方、フィードロット形式の牧場、これ牧場って言っていいのか?はもー何かチャップリンのモダンタイムズに近いものがあるよーな?牧場というより工場ってか?これかの動物愛護団体的にアリなんですか?欧米の価値観ってパネェ…

 牛肉というと、どーもステーキとか焼肉の世界が思い浮かぶ昭和な思考をしてしまいがちなんですけど、米の牛肉という事ではやはり牛丼なんだろか?また、米以外の牛肉としてかのオージービーフを筆頭とした豪とかNZの牛肉市場への取り組みもこれまたすざまじいものがあるよなぁ?和牛に続けってか?

 日本を中心にして輸入牛肉を見るとどーも、米、豪、NZといった太平洋の向こうの国みたいなのが主流なんだけど、加の話しはどーも米の陰に隠れて出てない雰囲気だし、お肉大国としてはアルゼンチンなんかもあるけど、それは出てこないのは日本向け的なお肉に対応していないのだろーか?ついでに世界的お肉大国としてはポーランドなんかもあると思うんだが?その辺りはどーなんだろー?EU的にアレなのか?

 アリス的に牛肉…ダリ繭のフレンチレストランのステーキとか、海奈良の鶴橋の焼肉とか、後はあちこちで結構出ているローストビーフか?異形のサイコロステーキもあったか?あれ、アリス結構お肉食べてる?異形のステーキは確か神戸牛だった気がするが、ダリ繭はベアルネーズソース添えなんで、これは多分赤身肉のはずだと思われで、もしかするとオージービーフもあると思いますの世界か?和牛の短角牛かもしれないけど?どだろ?

 さて、本書で言いたい事は、食の安全とはどーなってんねん?の世界かなぁ?まず、安全が第一、そして安定供給があるんじゃなかろーか?の話し…至ってまっとーな主張なんだろーけど、売る側が大国の場合と、これまた買う側が安くて大量ならいう事なしの世界では、もー仁義なき戦いというか、倫理なき食事情っスかねぇ…BSEの時の英の対応といい、今回の米の対応といい、それが正義としてまかり通るのだろか?と…まぁ売れれば正義、それが世界市場の道理という事みたいです(笑)

 ちなみにOIE(国際獣疫事務局)的には、感染牛が出た場合、今後八年間は輸出禁止みたいな話しらしーけど、まぁ、そんなの関係ねぇー(死語?)という事ですか…まぁ米ですからねぇ、世界的なお約束ごとよりも自国の権利団体の方が強ぇという事らしい…「アメリカでは牛肉の生産輸出は大手四社のミートパッカーが行っている。実にスミスフィールド、エクセル、タイソン、モンフォートの大手四社が全体の85%以上を占めている。彼らはBSE発生が牛に由来する病気であり、人にほとんど感染しない、危険部位を削除すれば問題ないと主張している」とな…安全、安心の米ブランドの牛肉でございってか(笑)

 本書によると、米の牛の管理関係は、検査体制の場合「行動不審の起立不能の牛を対象に抽出検査をしている。その数は年間2万頭でと畜頭数の0.05%に過ぎない」とな、特定危険部位の扱いも「廃棄を義務付けず、食品原料や肉骨粉に加工している。豚や鶏の餌となっている」でして、追跡検査に至っては「全く行われていない」とな…どこまでも自国の肉を信じるその姿勢、いっそ天晴れと言うべきか(笑)

 も一つ気になるのが、牛に与える成長促進の為のホルモン剤…米では「エストラジオール、フロゲステロン、テストステロン、ゼラノール、トレンポロン・アセテート」だとか…ちなみに「EUはホルモンの食肉残留を重視し、アメリカからの牛肉輸入を禁止している」とか…これ今も続いているんでしょーか?ホルモン残留問題については、「国際的に1986年FAO/WHOの合同食品規格委員会が設置された」そな…また、農薬問題もあるそで詳細は本書をドゾですけど、「EUや日本は、農薬の中でBHCとDDTの使用はすでに禁止されている。アメリカではいまでもこれらの農薬が残留基準の中にリストアップされていることは意外に思えてならない」とかあるんですよぉ…

 しみじみと読んでいてこれ本当なのか?と首を傾げたくなるんですけど?今は改善されていると思っていいのか?その他、日本の和牛が外国産にの展開もありまして、そちらについても詳細は本書をドゾ。もー世の中、美味しいものより、安全なものの世界なんだなぁ…安心はどこに行けば買えるのか?それが問題だってか(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« ガイヤーンっ(笑) | トップページ | ストレートで、シンプルで、イージーで、フリー? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステーキの国の人だもの(笑):

« ガイヤーンっ(笑) | トップページ | ストレートで、シンプルで、イージーで、フリー? »