« 多分王道、きっと王道(笑) | トップページ | ジーニアス(笑) »

2013年10月 1日 (火)

はぴぱ(笑)

新幹線、東京オリンピックを走る昭和三十九年の鉄道旅行  ネコ・パブリッシング

 鉄道タイムトラベルシリーズvol3という事でその手のシリーズ本というか、シリーズ雑誌、シリーズ別冊みたいなノリか?なので表紙のコピーも熱い(笑)「夢の超特急」が衝撃のデビューを果たすとか、開業当時の新幹線運転日誌とか、新幹線前史歴史秘話・弾丸列車計画とか、昭和39年東海道新幹線の旅とか…いやもー何が凄いって写真が白黒のとこですか?新幹線開業当時ってカラーじゃなくてモノクロの世界だった模様…

 今でこそ新幹線が走っているなんて当たり前過ぎて、日常意識していない日本人の方が多いんじゃないか?と思われなんですけど、当時は飛行機に勝つるの世界だったみたいで、そのスピード感は相当なものだったよー…

 とにかく東京オリンピックに間に合わせるのだとこれまた突貫工事で突き進んでいった古き良き昭和の世界ですかねぇ(笑)東京から大阪まで日本はもえていたんですよ、奥さん(誰?)ディスカバー、ジャパン、美しい日本と私ってか(笑)

 アリス的に新幹線というと海奈良の移動のところが一番わかりやすい例のよーな気がするが?まぁアリス、東京移動の時は飛行機よりも新幹線のイメージがしているのですが、どーか?新幹線的には大阪ではなくて、新大阪なんですが、これだとジャバウォッキーになるのだろーか?改札に飛び込むアリスは男前やで、と(笑)

 新大阪の近くには東海道本線の列車回送線(貨物線)があったのか…何かもー使える物は何でも使おう新幹線の世界か(笑)大阪駅から新大阪駅への国鉄、市営地下鉄の延長開業が七日前の9月24日だというから、本当に五輪前って日本中であちこちつないでいたのか?

 あちこちつなぐでは羽田と浜松町をつなぐ東京モノレールも、なして浜松町?と不思議に思っていたんですけど、これ「日本高架電鉄は、用地確保の目処が立たなかったため新橋乗り入れを断念」したから浜松町になったのですねぇ…これも工事着工が五輪一年半前で直前に開業している訳だから…日本って…開業つながりだと大阪環状線も五輪の年に開業したのですねぇ…五輪効果ってパネェ…

 でまぁタイトルが鉄道の旅ですから、おおぞらとか雷鳥とか当時の名列車がズラリと並んで掲載されているんですけど、アリス的には雷鳥(大阪-富山)とか、くろしお(天王寺-名古屋)とか、白鳥(大阪-上野・青森)とか、うずしお(大阪-宇野)とか、まつかぜ(京都-松江)とか、はと(新大阪-博多)とか、あかつき(大阪-西鹿児島・長崎)とか、月光(新大阪-博多)とかになるんですかねぇ…最後の月光はネーミングからしてアリスっぽい(笑)

 その他今は無き思い出のとなるとひびき(東京-大阪)とか、ゆうなぎ(新大阪-宇野)とか、しおかぜ(新大阪-広島)とか、海星(新大阪-博多)とか、夕月(新大阪-宮崎)とか、すばる(東京-大阪)とかあったんですねぇ…ネーミング的にはなにわが気になるけど(笑)

 そのなにわのビュッフェには何とにぎり寿司コーナーがあったとか…やはりただものではないな、なにわ(笑)面白豆知識満載ですので詳細は本書をドゾ。それにしてもやはりというか、日本一番線の多い駅ってやはり東京駅なんですね、わかります(笑)さて、当時の先頭を切っていた0型新幹線ですが、今どこに?的なとこでひかりプラザ(国分寺)とか、新幹線電車図書館(昭島)とか、青梅鉄道公園(青梅)とかで第二の人生(?)をおくっていらっさるんですねぇ…普通に住宅地の中にある光景がこれまたパネェと思うのは気のせいか(笑)

 目次参照  目次 交通

|

« 多分王道、きっと王道(笑) | トップページ | ジーニアス(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はぴぱ(笑):

« 多分王道、きっと王道(笑) | トップページ | ジーニアス(笑) »