« 本は魂の栄養である(笑) | トップページ | 裏を見せ、表を見せて、散る紅葉(笑) »

2013年11月 9日 (土)

取りあえず、神社(笑)

日本全国ゆるゆる神社の旅  鈴木さちこ  サンクチュアリ出版

 どゆ本というと著者の神社行脚の旅日記でしょか?タイトルにゆるゆるとあるよーに、本当にゆるゆるです。どーしてそーなったぁー?とか、どこ行くだぁー?という疑問が浮かびますが、はっきりいって著者の思い付き、何となく行ってみよーと思いけりの世界が展開…でもって、初心者向けなんでしょかねぇ?まずはお参りの作法も途中で入る位ですから(笑)とにかく、行ってみると著者の気分がいい(向上する)から取りあえず行ってみよーみたいな話し…本当にタイトルに偽りなく、ゆるゆる(笑)

 で、主な感想が著者の主観によるものが多いので、これまた、空気変わったとか、潤いきたぁーとか、パワーを感じるとか、こればかりは行ってみないと分からんだろー?全体的にテンション高目というか、修学旅行の小学生の感想文みたいなノリと言ったらいいのか?本人が舞い上がっているのはいいけど、さぁぁぁぁ(笑)

 ちなみに本書では京都、山陰、熊野、鹿島、江の島、石川、浦和、奈良、甲府、伊勢、宮崎と御岳山にお出かけしてます。東北、四国がないのは何故なんだぜ(笑)後、北海道と沖縄もか(笑)

 アリス的には、最初の京都編が被るのかなぁ?女子力アップがメインテーマの神社巡りってどんなもんというと、参拝しているのは、水の神様で潤いのある女性になりたいって貴船神社・女人厄除けのメッカだ市比賣神社・外見も大切ですという事で衣装持ちになるぞの須賀神社・厄除けと安産・子授けだで岡崎神社・ふつくしい、美の神様は永遠に不滅ですの八坂神社でして、もしかして朝井さんのテリトリーか(笑)

 まぁお参りするだけでお肌つやつやで、若返ったとゆーのは気のせいな気がするが(笑)病は気からというよーに、上向きなそれも気からなんでしょかねぇ…人生、思い込みも大切です(笑)後は、著者の結婚願望半端ねぇで(笑)出雲大社詣では涙なくして読めません(笑)何かもー、気合だっ気合だっ気合だっの世界のよな?

 そして出雲でおおろいたのが交通網…縁結びパーフェクトチケットって…そのネーミングセンスには脱帽です…ついでに言うと出雲蕎麦は知ってはいたが、ぜんざいが出雲発祥とは知らなんだ…町おこしイベントあるんだろーか?

 後、本書を拝読して行ってみたいなぁと思ったのが玉置神社…熊野なんだか、奈良なんだかの山の中にあるっぽいが…それにしても熊野詣で…若い内というか、健脚じゃないとお参りできなんじゃね?の世界か?まず自主トレせねば…

 アリス的には兎って神社系には結構あるんだなぁと感心したとこか?調神社(浦和)なんかはモロに兎の神社だし、その他にもなでうさぎ(大神神社)とか岡崎神社(京都)もうさぎありで…結構兎ってポピュラーだったのか?乱鴉で烏、ヤタガラスとなれば熊野だし、でもアリス的決定版と言えば、夫婦岩(伊勢)でしょかねぇ(笑)いえ、恋人岬とか、夫婦岩とか、アリス達外した事がない気がして(笑)

 さて、最後に個人的に一番行ってみたいなぁと思ったのは宇治上神社(京都)ですかねぇ…何とこちら日本に現存する最古の神社建築だとか…平安時代の建物が今も見れるとは?後も一つは是非見てみたいけど見る事は叶わないだろー太占祭(武蔵御嶽神社)、お正月(1/3)に行う完全非公開の占い…何と鹿の骨で占うという日本最古の占い形式って…未だに残っているとこが日本なんだろなぁ…

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« 本は魂の栄養である(笑) | トップページ | 裏を見せ、表を見せて、散る紅葉(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取りあえず、神社(笑):

« 本は魂の栄養である(笑) | トップページ | 裏を見せ、表を見せて、散る紅葉(笑) »