« どの不如帰にしますか(笑) | トップページ | どっちが正しいのか私には正確にはわかりません(笑) »

2013年11月 5日 (火)

取りあえず読書?

わたくし的読書  太田垣晴子  メディアファクトリー

 ちょい古の読書記なんですけど、お題にネットとかあったりして…イノベーションって確かにあるんだなぁと一見関係なさそーなこゆ本でも移り変わりが分かるってか(笑)構成としてはお題に沿った本を三冊位上げて、その後著者のお題についてのチャチャというか、解説というか、思い出というか、読書感想文というか…が絵と文で綴られている感じかなぁ?スピードの行先という章では、アイルトン・セナ、ミルクマン、頭文字Dのラインナップ…

 セナの伝記なんて時代を感じるなぁとつい微笑ましくなってしまうんですが、とにかく男の世界だと思われかなぁ(笑)どちらにせよ、どの本もより速くが至上な世界でして…著者的にはあんなにスピードに固執する必要はあるんだろーか?的な素朴な疑問を投げかけていらっていますが、そこが男のロマンなんでしょーねぇ…新幹線の300km/hと自動車での300km/hはやはり体感からして違いそーだし…Gとか…

 お題も色々、本も色々、どの方向に進むのかは?読んでみろという事でしょかねぇ(笑)

 アリス的に読書…まっアリスの趣味は読書だろーしなぁ(笑)ミステリ的なチョイスだけでも凄い事になりそーだが、どーか(笑)本書的に被るとことゆーと、ダリ繭、朱色他で結構出て来る占い系で女性誌多数というのが笑えた…「女性誌では年に二回程占い特集を組むよね」とか、あるあるの世界か(笑)大雑把な星座でひとくくりから、その人個人のホロスコープまで作成してどよの世界もあるし、なかなかにディープなんだろか(笑)

 他はとゆーと猫関係のとこで、アブサン物語、ノラや、サバの夏が来たと作家の猫エッセイ本がズラリですかねぇ…こゆの見るとその内アリスも北白川の猫たちのエッセイ本出してもおかしくないよーな気がするが?どだろ?婆ちゃん友情出演で手タレするとか(笑)あんがい、ウリとかコジとかはカメラ向けてもちゃんとフレームの中におさまってくれそーな気がするんだが、いかがなものか?著者は自分で飼う飼わないでポリシーがあるみたいだけど、生き物って飼う人は言われずとも既に飼っているし、飼わない人は言われても飼わないし、問いを出す前に答えは出ている感じだと思うけど、これまたどだろ?

 も一つ、これこそアリス的の究極、お題は大阪(笑)これまた、なにわのアホぢから、大阪学、ばかたれしっかりせ、が上げられているんですが、著者も大阪人でないので初っ端から「同じ日本人でありながら、違う性質をもつ大阪人」と始まるとこがもーアレですね(笑)いえ日本全国それぞれ県民性や地域色あるにしても「大阪のそれはアクが強いのだ」というのはあるあるの世界か?アリスはそんな事ないでと反対するかなぁ?と…アリス的には大阪が基準だろーし(笑)ちなみに著者によると「どこまでアホーになれるかが大阪人の名誉なのだ」そーで…このアホーの違いが分かるのが生粋の大阪人なのかも?

 後はスイスじゃないけど、アリスなら手紙だろーで、三島由紀夫レター教室、ランボオの手紙、日本一短い母への手紙のラインナップ…何となく濃いぃぃ本の気配がするのは気のせい?著者によると「手紙を見れば、その人がどういう人間なのかわかる」そで…そゆものかなぁ?とふと思いつつ、今じゃ手紙よりメールな世界か?かなぁと思いつつ、もしかしてツイッターの方かなぁと…こーして見ると世の中どんどん短文化しているんだなぁ…

 他にも色々お題と本が並んでいますので詳細は本書をドゾ。個人的にはお酒の章を上げとくかなぁ(笑)酒の本がどーと言うより、著者が酒好きなのはよく分かった(笑)やっぱ、誰しも自分の好きなモノに対しては雄弁になるもんなんだなぁと(笑)酒は百薬の長とか(笑)酒は幸福のものでなくてはとか(笑)下戸と上戸の間には深くて暗い川があるみたいですが、それでも「こんな自分にカンパイ」で行こうってか(笑)

 目次参照  目次 文系

|

« どの不如帰にしますか(笑) | トップページ | どっちが正しいのか私には正確にはわかりません(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取りあえず読書?:

« どの不如帰にしますか(笑) | トップページ | どっちが正しいのか私には正確にはわかりません(笑) »