« 出版は不況に強い業種である(笑) | トップページ | 歓喜に寄す♪ »

2013年12月 1日 (日)

いいひたびだち?

ローカル線で温泉ひとりたび  たかぎなおこ  メディアファクトリー

 何となく、温泉がメインというよりは、ローカル線、鉄道、バスという交通機関の方がメインな気がしないでもないが、取りあえず東京から現地に向かって温泉に入るという旅エッセイ的なコミックかなぁ?絵日記っぽい気がしないでもないけど、とにかく温泉に行く、これ日本人的にジャスティスですよ、奥さん(誰?)

 さて、本日からついに師走スタートですか…いやもーこの年末を乗り切る為にも、ついでに一年の垢や穢れを落とす為にも、温泉にでも浸からなきゃやってけねぇーな気分かなぁと(笑)で、手にとった本書は、孤独な女一人旅のはずなのに、何か明るいというか、普通に旅だぁーっ温泉だぁーっと実に日本的だよなぁ…こゆの読むと日本の治安がいかにいいか分かるわ(笑)の世界だなぁ(笑)いつまでも女性が一人で気軽に旅に出られる国であって欲しいものです(笑)

 そゆ事で北は北海道から南は四国まで、ゆるーい旅がお待ちしておりますかな(笑)

 アリス的に温泉と言うと異形になるのかなぁ?どちらにせよ、アリス鉄オタだし、温泉好きだし、日本全国行ってそーな気配がするのは気のせいか?ちなみに本書で行っているとこは、北海道は釧路から稚内、秋田は角館から鷹巣、群馬は桐生から間藤、新潟は越後湯沢から直江津、伊豆は三島から修善寺、岐阜・富山・石川は電車的前振りからすると東京からなんだけど、旅的それで行くなら岐阜から富山、富山から氷見、七尾から小松という移動に移動を重ねたそれ、福井は加賀温泉から福井、福井から三国港、戻って勝山、愛媛は松山から内子、伊予大洲経由で戻るというパターン…じもっちーか?鉄オタなら分かってくれるコースなんだろか?

 で、アリス的なとこというと夕陽でしょか?いや、さすがなのか?結構夕陽が奇麗なとこがあるもんだなぁと…愛媛の予讃線は海辺を走る列車らしてくって駅の眼の前が海、夕日が沈む瀬戸内、実に美しかぁーな世界が展開している模様…そして福井にはその名もサンセットビーチなる海岸もあるとな(笑)

 でで、やはり旅はご飯だよねで、出ました准教授の好物カニ(キパッ)、加賀温泉駅で駅弁のかにすし弁当、三国港でセイコガニ丼、ちなみに福井にはかにそば、かにうどん、かにラーメンもあるらしい…さすがだ、福井、絶賛越前ガニの国発動中なんですね、分かります(笑)そして北海道は遠軽駅でかにめし弁当といやー冬に北に行けば蟹があるのね、日本ってか(笑)

 さて、本書は温泉を目的地とした鉄道で(なるべく)行く旅でして、だから移動描写が多いんだけど、温泉的には、川湯温泉(北海道)、豊富温泉(北海道)、港のゆ(稚内、北海道)、角館温泉(秋田)、打当温泉(秋田)、阿仁前田駅(秋田)、さざなみ温泉(合川、秋田)、国民宿舎かじか荘(通洞、栃木?)、水沼駅(群馬)、湯沢温泉(新潟)、松之山温泉(新潟)、鵜の浜温泉(新潟)、長岡温泉(静岡)、修善寺温泉(静岡)、下呂温泉(岐阜)、飛騨高山(岐阜)、和倉温泉(石川)、山中温泉(福井)、三国港(福井)、勝山(福井)、道後温泉(愛媛)と入っている模様…詳細は本書をドゾなんですが、それにしても旅館に泊まらずとも立ち寄りでお風呂だけ入る事が出来るとこって結構あるんだなぁというのが一つと、も一つは駅舎に温泉があるというのも案外あるものなんだなぁと…温泉列島日本てか(笑)

 取りあえず、20-30代の女性的にはお試しあれの旅なのかなぁ?いえ、こー等身大の旅行なんで背伸びしていないとこが好感持てるとこではなかろーか?と…温泉メインの旅となれば老舗旅館を巡るセレブな旅もあるし、逆に足湯とか、公共機関の浴場を巡るリーズナブルな旅もあると…これはその中間にある感じでしょーか?お宿も普通の旅館っぼいのが多いし、青春18切符も使えば飛行機も使うし、タクシーにも乗ると(笑)それでいいではないか?な旅じゃなかろーか?

 旅のアクシデントは後から見れば笑い話になるんだろーけど、それにしても著者はもしかして雨女か?あちこちで結構雨降られているのがアレですけど、それにもめげずにしっかり観光しているとこがパネェっす(笑)お得なチケット情報なんかも掲載されていますので、詳細は本書どぞどぞ(笑)

 目次参照  目次 宿泊・温泉

|

« 出版は不況に強い業種である(笑) | トップページ | 歓喜に寄す♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

宿泊・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いいひたびだち?:

« 出版は不況に強い業種である(笑) | トップページ | 歓喜に寄す♪ »