« うるおいといろどり(笑) | トップページ | 西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑) »

2014年1月15日 (水)

淡麗甘口?

Ldhshakan SHANGRILA オータムナル グランセ農園 Snow Buds G-117 FOP  リーフル・ダージリン・ハウス

 冬なのであったかい飲み物であたたまりたいじゃないですか(笑)てな訳で、こちらの紅茶は名前が凄い…でもって解説によると「細く丁寧に撚ねれた茶葉は、湯を注ぐとふっくらとした一芯二葉の美しい姿を現します。繊細でしゃくなげを思わせる瑞々しい香気が立ち上がり、蒸らし時間の経過と共に茶に味わいがじっくりと甘味を増し、福く豊かに広がります。繊細でいてしっかりとした存在感を感じさせる、秋を迎えたヒマラヤからの贈り物です」とな…ヒマラヤというとエベレストなイメージでいたら、茶園もあったんですね…というか、基本、山は茶園なんだろか?うーむ?

Ldhshaha← 葉

 で、今回、何が凄いってこの葉っぱ…紅茶色の葉っぱじゃなくて緑色の葉っぱ多しで、更に白いも結構ある…しかもどれも妙に大きい…存在感半端ねぇ(笑)使用前でも凄いのに、使用後は…お茶がらをお見せできないのが残念です(笑)てな訳で水色はあまりつかない系か?味もそんなに濃い系でもないよーな?オータムナルなのに…多分香で飲むお茶なんだろーけど、冬でも花粉症なので今一ピンときませんが、きっとそーに違いない(笑)

Ldhshafukuro← 缶の中

 リーフルの紅茶って全てインド産かと思っていたら、こちらのグランセ農園は、ネパール・ダンクタの標高2000mに位置する農園とあって、ネパールの紅茶という事でオケ?なんですかねぇ?「ほんわりとどこまでも広がる馥郁とした香りは、ネパールの国花グランセ(石楠花)を思わせ、この名が農園名となっています。オーガニックガーデンとしての認証も受けています」とな…グランセって石楠花の事だったのか?もなんですけど、ネパールの国花って石楠花だったとは知らなんだ…ネパールには石楠花がいぱーいなんだろか?

 さて、アリス的には紅茶、鍵を始めあちこちでアリスが結構飲んでいるよーな?その時に紅茶はどれなんだ?といつも疑問に思っているんですけど?まぁともあれ、オーガニックガーデンらしーのでアマノンの娘さん、マキちゃんでも大丈夫なんだろか?とふと思ってみたり?婆ちゃんのバームクーヘンのお供には、うーん…どだろ?それにしても淡いお味なので舌が敏感なお人向きなんだろか?うーむむむ(笑)

 目次参照  目次 珈琲・紅茶etc.

|

« うるおいといろどり(笑) | トップページ | 西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑) »

珈琲・紅茶etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡麗甘口?:

« うるおいといろどり(笑) | トップページ | 西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑) »