« わたしにはわたしの奇麗な月がある~ | トップページ | 人間にとって普遍的な真実を含んでいるか? »

2014年1月 6日 (月)

速さと美しさ(笑)

ゆったり鉄道の旅11 新幹線  写真・真島満秀  山と渓谷社

 所謂、一つのガイド本と思われですけど、結構写真が多くて奇麗かな?東海道、山陽、九州、東北、山形、秋田、上越、長野とそれぞれの新幹線についての解説のページもあるんですが、それ以上に各駅の名物のページの方が紙数多いよーな気がするのはきっと気のせい(笑)

 もー日本は北は青森から南は鹿児島まで新幹線がつながっている国になっていたんですよねぇ…新幹線のある情景なんて当たり前すぎて、特に意識した事もなかったのですが、これはこれで凄い事なんだろなぁ…

 で、これまた写真が何か、モロに日本していて感慨深いです…最先端の新幹線と大自然の山々とか、里山っぽい中の新幹線とか、ビルの谷間の新幹線とか、コンビナートの前を走る新幹線とか、桜満開の中の新幹線とか、吹雪の中の新幹線とか、いや、新幹線どこをバックにして映えるわぁーと、何かミーハー心を揺さぶられる感じかなぁ(笑)

 アリス的に新幹線、海奈良ですかねぇ…と思いつつ、何と本書の巻頭エッセイは、御大御自身なんでございますよ…いやーおろろろいたおろろいた(笑)御大も新幹線については、日常と認識していらっさる模様…ちなみに御大、「大阪在住の私は、月に二度三度と東京に行くことがあり、いつも東海道新幹線のお世話になっている」とな…そーだったのかぁ?目的地はやはり出版社という事になるんだろーか?

 若い内は新幹線?的なそれも年齢と共に新幹線を選択するよーになるという件とか、御大の思い出話の詳細については本書をドゾ。秀逸なのは修学旅行で新幹線の乗ったはいいが、クラスメート達は乗り心地はまっこんなもんか?な感想だったのに、降りて駅のホームから通過していく新幹線を間近に眺めて改めて新幹線のスピードを実感しているとこが初々しー(笑)

 も一つ、そーだったのかぁーっ?で分かった事は、御大自身は「自由業者になってからは、必要経費としてグリーン料金を払うのを惜しまなくなった」とな…とゆー事は夕陽ケ丘のアリスもグリーン車で移動しているんだろーか?と素朴な疑問が?うーん、英都大が経費でグリーン車、あると思いますなのか?私大の教授ともなれば、えっへんしてそっくり返って座っているかもだけど、准教授が乗車している姿…というか、あの二人がグリーン車に並んで座っている姿…うーん…ビジネスクラスはあると思うけどファーストクラスはないよーな、どっちかというと庶民的なイメージでいたんだけど、どなんだろ?

 さて、駅売りの旨いもんで京都駅は、和菓子が一番にあげられている模様…その他、お茶、練り物、七味、京野菜、蕎麦と京都の老舗が駅の軒を連ねているとか…駅ビルにも京料理のお店も入っているみたいで、京都は駅から京都ブランドで埋め尽くされているのか(笑)一方、大阪はたこ焼き、お好み焼き、うどんと粉もん文化が前面に出ているよーで…さすが大阪って感じなんだろか?串カツのお店もあるみたいで、朝井さん、いつでもウェルカムってか(笑)

 後は、やはり神戸も忘れちゃいけない野上さんという事で、新神戸駅のそれは洋菓子が一押しという事らしー…後は世界的ブランドと言っていいのか神戸牛ですかねぇ(笑)

 他には駅売りの駅弁なんかについては各地それこそ百花繚乱ですので、詳細は本書をドゾなんですが、食べ物系で二人のソウルフードカレーが出てきたのは何故か上毛高原駅(上越)の薬膳カレー…身体にいいカレーという事なんでしょか?

 年末年始帰省で新幹線乗車している人も多しと思われですけど、何か本当にもー日常の風景なんですよねぇ…お出かけは新幹線ってか(笑)

 目次参照  目次 交通

|

« わたしにはわたしの奇麗な月がある~ | トップページ | 人間にとって普遍的な真実を含んでいるか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速さと美しさ(笑):

« わたしにはわたしの奇麗な月がある~ | トップページ | 人間にとって普遍的な真実を含んでいるか? »