« 一般化できない方法、もしくは日曜大工の知恵(笑) | トップページ | じぱんぐってしってるかい(笑) »

2014年1月21日 (火)

花鳥風月桜富士山(笑)

雪月花の数学  桜井進  祥伝社

 サブタイトルが、日本の美と心に潜む正方形と√2の秘密とな…よーは数学の本なんですけど、堅苦しい事抜きのエッセイ本と言っていいんじゃまいか?ある種、日本人の数学心みたいなノリかなぁ?で、この数学心が大和心と重なるじゃない?なノリですかねぇ?生活の中の数学というか(笑)

 それで最初に出てくるのが、黄金比と白銀比の違い…黄金比はよく聞くが、白銀比って何?となると、これがサブタイトルの正方形と√2になる訳で(笑)日本人は円の中に正方形を見たという事ですかねぇ(笑)簡単に言うと黄金比が1対1.6だとするなら、白銀比が1対1.4じゃない…黄金比の代表例としてカードの縦横でお手持ちのキャッシュカードとかスイカをドゾと…一方白銀比となると紙のサイズ、A判がそーだそな…教科書サイズという事か?

 でまぁ、西洋では黄金比が主だけど、日本だと白銀比が多いよなお話が展開されていきまする。詳細は本書をドゾですが、日本の曲尺うまくできているんだなぁと感心しますた…そんな訳で都市設計も正方形、平安京は言うまでもなく、畳も二枚合わせれば正方形になるし、枡に折り紙、風呂敷も正方形じゃまいか?と身近なとこにですかばーじゃぱんってか(笑)

 アリス的なとこでは、准教授の裏庭、銀閣寺東求堂の「同仁斎」の四畳半…「正方形の間取りの元祖」だとか…聖徳太子つながりで法隆寺の五重塔の庇、金堂正面の幅、西院伽藍の回廊でしょか?ちなみに「四天王寺様式のような、中国の様式をただそのまま借りてきたものではありません」(@田中英道)とかありまして、法隆寺は日本独自の様式なんだそな…成程、仏教建築ですけど、日本化したら、正方形と√2なんですね、分かります(笑)聖徳太子つながりではよく出てくる聖徳太子の肖像画、真ん中に太子がいて両脇に子供?皇子?並んでいるの、あれの身長の比率も白銀比となるとな…

 後は星の明るさのとこかなぁ?ジャバウォッキーのエビつながりで無理矢理こじつけると(笑)星の等級ってあれ対数表示だったのか?「一等星から六等星までの5等級幅は、光のエネルギーの100倍に相当する」そな…他はというと京都の竜安寺の石庭の「七五三の石組」とか出てきます(笑)

 黄金比があれば黄金角もあるで、これが約137.5度とな…そーだったのかぁ?黄金角って何?なとこではダヴィンチ・コードとかに出てきたとな?そーだったっけぇぇぇ?螺旋のイメージとか、動的なとかの詳細は本書をドゾですが、欧米は円の中に五角形を見たというのが、やはり日本との違いですよねぇ…日本人は円の中に正方形を見たと…

 日本的なとこで生け花…これまた全然知らなかったのですが、いける時の対比を日本の場合は3対5対7の比率だったんですねぇ…ちなみに西洋のフラワーアレンジメントだと、3対5対8なんだそー…この違いは大きいってか?後、紙のサイズのB判って美濃紙からきてるとか(笑)

 で、日本と数学といったらこの人を忘れてはいけない関孝和ですよねぇ…この方の業績は「傍書法、代数方程式、ニュートンの近似解法、極大極小理論、終結式と行列式、近似分数、関・ベルヌーイ数、円周率の計算、ニュートンの補間法、求弧術、パップス・ギュルダンの定理、円錐曲線論」と枚挙にいとまない模様…

 でで、日本人にとっては数学の道の一つなんですね…いやはや…関流はともかく、最上流、中西流、宅間流、中根流etc.と多くの流派が出て来てとは、数学好きがそんな多かったのか?日本…それとも数学もおたく文化の賜物か(笑)

 この系譜が明治維新で洋学きたぁーっで洋算もきたぁーっになっても、数学は死なずだったよーで、後にフィールズ賞を受賞した小平邦彦、広中平祐、森重文につながっていくんだろーか?後、本書によると弥永昌吉と岡潔になるのか?

 他にもいぱーい古今東西のエビ満載ですので詳細は本書をドゾ。最後に岡潔のお言葉で〆たいと思いまする…数学とは何か?の問いに答えて曰く「数学とは、生命の燃焼です」成程、数学、成程、岡潔ではなかろーか(笑)

 目次参照  目次 理系

|

« 一般化できない方法、もしくは日曜大工の知恵(笑) | トップページ | じぱんぐってしってるかい(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花鳥風月桜富士山(笑):

« 一般化できない方法、もしくは日曜大工の知恵(笑) | トップページ | じぱんぐってしってるかい(笑) »