« 西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑) | トップページ | リな生活? »

2014年1月17日 (金)

腹が減っては戦は出来ぬ(笑)

海自レシピ お艦の味  協力・海上自衛隊  小学館

 コピーが、元気が出る!安くて美味しい力めしなんですけど、いやこれどーなんだろぉ(笑)マジでレシピ本なんですが、お船の画像もあったり(笑)いや、何かこー無骨な船に和風グラッセなんてスイーツ系もあったり(笑)ネタか?ネタなのか?と思いきや、マジなんですの世界だし(笑)海自豆知識というか、PR活動というかもちょこちょこ入っていたり(笑)まぁこーゆー本が出るところがいかにも日本の国の人だもの(笑)だよなぁ(笑)まっ後この手で出して欲しいとしたら、後は伊海軍と仏海軍か?とれびあんめるしぃー(笑)

 何でこの本かというと気分はシーフードカレーでして、カレーと言えば海軍だよなぁと(笑)横須賀海軍カレーとかもあったし、海軍系はカレーネタが多い…シーフード、海で海自のレシピに行くのは何か安直な気がしないでもないが、開いてみたら初っ端がカレー、ちなみにカレーのレシピだけでも15個載ってますが、何か(笑)

 でも、期待したシーフードカレーは一つしか掲載されていないんですよ、奥さん(誰?)ちなみにそれがシーフードカレー@掃海母艦うらがのレシピ…具材はあさりにえびにいかにほたて…うん、確かにシーフード(笑)本書のレシピの良いとこはどのレシピもシンプルというか、工程が四つ位しかないのがいー(笑)で、おまけで裏ワザ伝授というか、更においしくグレードアップするにはみたいなノリまでついている親切設計(笑)基本通りに作ってちょい足ししてみる?の世界が展開している模様…シーフードカレーにも色々出てくるんですけど、一つおろろいたのが福神漬けの汁…そっかそれが隠し味なのか(笑)それにしても海自の厨房にはガラムマサラも常備なんでしょか、おぞーさん(誰?)

 アリス的に海自は想像つかないんですが、何せ自称へなちょこアリスですから(笑)でも、カレーの件は見逃せませんよね(笑)ちなみに海自では毎週金曜日のお昼はカレーというのが定番らしー…洋上で曜日感覚を忘れない為らしーんだが、となると月四回はカレー食べているのか?海自の人達は?

 で、そのカレーなんですけど、菩提樹荘でアリス、豚肉のカレーを初めて食べたとおろろいていらっさいましたが、34才までに豚肉入りのカレーを食べた事がない方がおろろきなんだが、関西ってそんなにカレー=牛肉文化なんだろか?本書には15種類のカレーが掲載されているんですけど、その中の一つがシーフードだっていうのは上記の通り、残る14はお肉のカレーなんだけど、牛肉オンリーなカレーって、しまかぜカレー(@護衛艦しまかぜ)、激辛カレー(@練習潜水艦はやしお)、肉じゃがカレー(@護衛艦やまゆき)、牛すじカレー(@護衛艦やまゆき)、オニオンビーフカレー(@掃海管制艇さくしま)、ふゆしお特製海自カレー(@潜水艦ふゆしお)、ひびきカレー(@音響測定艦ひびき)で半分位が牛肉カレーなのか?それにしてもやまゆきカレーだけでも二つレシピ載っけているって事はもしかしてやまゆきのシェフ、もとい給養員長は相当有名人なのかなぁ?ちなみに他の組織はご飯担当も交代制らしーんだが、海自は完全専門職で、ご飯を作るのはずぅーっと給養員の人が担当する模様…ある意味専属シェフ同行の社食とゆー事になるんだろーか?うーむ(笑)

 まぁ海上に出たら長い航海、食べる位しか楽しみがないという生活もアレですよね…それにしても海自の船って艦橋以外は窓がないとは知らなんだ…よく考えれば当たり前の事ですけど、それって平時の日常では相当にどんよりしそー…明るさは電燈で換気は空調での生活なんだろか?しかも一度航海に出たら補給問題もある訳で…スペース的な問題と賞味期限的な問題とで限られた食材でどれだけ変化をつける事ができるか?というのも給養員の人達の腕にかかっているとな…ちなみにそんなグルメの海自の中でも特に美味しいと評判なのが潜水艦のご飯らしー…潜水艦じゃ船より楽しみはご飯になりそーだもんなぁ(笑)

 何かカレーだけで幾らでも語れそーな感じですが、例えば愛情たっぷりカレー(@那覇航空基地隊)のカレーは鶏肉で、ルーも白っぽい、これまたスープカレーのよーな形状だし、なおしま特製焼きカレースフレごはん(@掃海艇なおしま)は一見ドリアのよーなカレーだし、焼きビーフンカレー風味(護衛艦やまゆき)とか…手に変え品に変え海自カレーはどんどんどんどん進化している模様(笑)まぁ何にせよ食材詰め込めるスペースが限られているっていってもレシピにローリエとかあったりして、もしかして海自の厨房にはスパイス全種揃ってますが、何か?の世界なのか(笑)

 他にアリス的なとこではダリ繭の卵料理関係でマヨ明太だし巻き(@音響測定艦ひびき)とか、絶叫城その他のパスタでなすと梅肉の冷製パスタ(@潜水艦ふゆしお)とか、朱色のサラダであけぼのサラダ(@護衛艦やまゆき)や韓国風サラダ(@館山航空基地隊)とか、海奈良の鶴橋の焼き肉ではるゆき秘伝の焼き肉ピラフ(@護衛艦はるゆき)になるんだろーか?個人的にはアリスにはお好み風(@多用途支援艦げんかい)をおすすめしたい(笑)卵焼きのお好み焼き風といった風情で大阪人は好きそーと思うんだけど?邪道じゃーとかになってしまうのだろか?

 いやまぁ何とゆーか、これでもかこれでもかとレシピ並んでいるので詳細は本書をドゾ。しかも海自の豆知識もおべんきょになるし(笑)何せ、その為に専門学校(第四術科学学校)まで持っているんですよ、海自ってば(笑)で、思うに毎日のご飯作っているだけじゃなくて、多分、補給(仕入)とか、栄養管理とか、衛生関係も絡んでくるだろし、経費のかねあいもあるだろーしで結構大変というか、ある種究極のプロ軍団なんじゃね?と思ったんだが?実際のとこ、どなんだろ?役所によくある縦割り行政で全部バラバラなんですよ、それでも何とか回ってますよぉ、現場って凄いってのも日本ならあり得そーだが(笑)

 それにしても艦の中では全階級食事内容は一緒だそーですが、食べる場所は違うんですの世界なのか?さすが元祖階級制の社会だよなぁとこれまたちゃんと給仕の人がつくとか…でお皿も違うみたい(笑)

 取りあえず、詳細は本書をドゾ。本のサイズが携帯に便利なよーなのかB6位の大きさなんですが、これ判型大き目の方が映えたんじゃないかなぁーと思うんだけど?も一つデザイナーさん的に徹底的におされにするか、無骨にするかの方向性に突き進んでも良かったんではなかろーか?まぁタイトルだけでも頑張っているのはよく分かるけど(笑)

 目次参照  目次 食物

|

« 西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑) | トップページ | リな生活? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹が減っては戦は出来ぬ(笑):

« 西行は歌よみだが、定家は歌をつくる(笑) | トップページ | リな生活? »