« 継続の保持と一大改革の並存(笑) | トップページ | プロパガンダとコマーシャル? »

2014年2月 3日 (月)

多分、いたりあ?

四季  川畠成道  ビクター

 多分、何となくイタリア的なんだろか?すっきりさっぱり系かなぁと思って聴いていると時々ビブラード効いているような気がしないでもないんだけど?トーシロの耳だからあてにはならないと…

 ヴィヴァルディの四季はもー有名すぎて今さら何も語る事はなしの気がこれまたするし(笑)特に日本じゃ、この春の第一楽章は聴いた事がない人の方が珍しいんじゃなかろーか?個人的には四季を聴くならこの春の第一楽章以外の方がいーよーな気がするんだけど?まっ好みの問題ですけん、いずこの人も皆それぞれにそれぞれの四季があると…

 さて、アリス的には四季、四風荘殺人事件からなんですけど?ヴィヴァルディの曲はこれまた好みなので他の曲も出てこないかなぁと密に願っているんですけど?どかな?

 バッハの方は准教授の好みですかね(笑)ちなみにこちらの二つの~はバッハがヴィヴァルディにインスパイアされての曲らしい…本物のプロは先人を隠さないし、ちゃんとリスペクトしているよなぁ…

 収録曲

ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲 四季 作品8
1.協奏曲第一番 ホ長調 RV269 春
2.協奏曲第二番 ト短調 RV315 夏
3.協奏曲第三番 ヘ長調 RV293 秋
4.協奏曲第四番 ヘ短調 RV297 冬

J.S.バッハ 二つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043

 川畠成道 ヴァイオリン
 エマヌエーレ・ベンフェナーティ 第二ヴァイオリン
 ボローニャ歌劇場室内合奏団
 マルコ・ボーニ 指揮

 目次参照  目次 音楽

|

« 継続の保持と一大改革の並存(笑) | トップページ | プロパガンダとコマーシャル? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多分、いたりあ?:

« 継続の保持と一大改革の並存(笑) | トップページ | プロパガンダとコマーシャル? »