« おんなのいっしょう(笑) | トップページ | 日本には桜がある(笑) »

2014年3月26日 (水)

ポロリもあるよ(笑)

物は言いよう  齊藤美奈子  平凡社

 FCと聞いて何を思い浮かべたか?というと、フットボールクラブ?かなと(笑)で、こちらのそれはFC、フェミコードの略…一気におおおっと言うノリになってきそー(笑)で、本書は「フェミコードとはつまり、性や性別にまつわる「あきらかにおかしな言動」「おかしいかもしれない言動」に対する、イエローカードなのである」んだとか…イエローカードというとこで、ちょっとは引っかかっているのだろーか?と(笑)ちなみにレッドカード的なお言葉は、セクハラ、差別となる模様…言葉のキツさを軟着陸させる日本語的なウルトラCか(笑)

 結局、何かと言うと男の失言集のよーな気がする(笑)多分殿方的には、かっとなってやった反省はしてないというより、自然に口にしてましたで反省どころかどこが悪いのか未だ分かりませんの世界に近いと思われでして、繊細な男性ってそーはいないとゆー事なのか?それとも女性をリスペクトしていない男性が普通という事か?ある意味、男の本音集でもあるのかなぁ(笑)

 まぁ本書は、コードと断っているよーに、社会においては、世間においてはという社交的な、外面的なお話なんですね…ドレスコードのよーにその場に求められる言動ってあるじゃない、と…家の中や、自室で何言っていよーが、それこそ「極端な話、心の中で「このブス」と思っていようと「このクソババア」と思っていようと、全然かまわないのである」と断り書きがある位なんですが、現実はそんなに甘くないってか(笑)

 「ただし、心の中と外は有機的につながっているから、外面だけ取り繕うとしても、内なる意識が外にこぼれ出るのはよくあること。また、プライベートといえども、家族なり友人なり恋人なり、人とのつきあいは避けて通れない。家で妻を抑圧しといて、外で男女平等を標榜しようったって、そうはいかの塩辛だ。本音は日ごろの言動にポロリと出る」とな…

 結局、これはマナーとなるのか?一つ相手を不快にさせない、二つ、自身の品位を保つ為…FCワードというのは基本、男尊女卑、女性に対して思いやりのない言葉で、これは人として相手の立場にたって考える、言動が出来ていない証拠という事に尽きるよな?遅っれってるぅーっというより、まるで成長していないとなれば、子供よりタチ悪いって事じゃね?と(笑)

 「FCは現代社会のそこここに残っている性差別的現象について考えるためのツールである。と同時に自分自身をかえりみるための鏡でもある」となれば、道具は使いこなせてこそ大人のたしなみ、常識ってもんじゃなかろーか(笑)

 アリス的にFC…基本アリスは毒舌家というより、突っ込み体質のよーな気がするが、でも殿方にしては珍しく根っからフェミニストのよな?わりと女性の立場にたって考える事あるし、モノを考えるというか、自分の視点にだけに留まってないとこが、アリスの一番凄いとこじゃないかなぁと…後はフェミというと社学的には避けて通れないのか?准教授ですけど、こちらはこれまた筋金入りの女嫌いだからなぁ(笑)世の中には逆に「よく、ご自分は「女好き」だと公言なさる方がいるけれど、「女好き」は、必ずしも女性を喜ばせる言葉にはならない。そこにもやはり女を性的な対象として見る視点が含まれているわけで、日本語はむずかしいのである」とかからすると、准教授の視点って…うーむ(笑)

 さて、本書にはそんな話あったなぁ…なお言葉が色々引用されているんですが、初っ端はやっぱこれかですか(笑)「女性を強姦するのは、紳士として恥ずべきこどが、女性を強姦する体力がないのは、男として恥ずべきことである」(@三浦朱門文化庁長官)とか、「集団レイプする人はまだ元気があるからいい、正常に近い」(@太田誠一議員・衆院・福岡三区・自民党)とか、「強姦してなんにも罰せられんのやったら、オレらみんな強姦魔になっているやん」(@西村眞悟議員・衆院・大阪17区・自由党(当時))とか、紳士は強姦がお好きってか(笑)いやもー比喩として使ってまんねんの世界だとしても、何かとたとえに強姦だのレイプだのの表現使うのが好きな男性って多いよなぁ(笑)ただ、政治家としてその単語を口にするのはいかがなものか?という意識すらないんだろーか?とふと思うが、これらについての詳細な検証は本書をドゾですが…

 でもって、この手の発言、単語にあちゃーと抗議の声が上がると、これまた男性側の反応が「みんな公人の暴言には寛大なくせに、それに抗議する女たちには「目くじらを立てる」のだ。いわく「女はユーモアを解さない」。いわく「女はすぐ怒る」。女にはユーモアがないと怒るあなたの目くじら」についてはいかがなものか?元祖おまゆうの世界が炸裂ってか(笑)

 結局、これは現実感の違いというか、リアルな女性、想定している女性の層が狭いんじゃなかろーか?と(笑)彼らのユーモアが、わ、か、る、女性達というのは「「あーら、三浦センセはユーモアがあってステキ」なぞとヘラヘラ笑って許す係は、男をおだてて散在させる、そちらのプロにお任せしておけばよい」の中にあるんじゃね?ある意味、身内受けでしか過ぎないのに世間一般(の女性)にも通用すると思っているところが、あまりにも男としていうより、人として浅いよな(笑)

 この位の発言でゴチャゴチャ言う女はうぜぇーというのが、これまた大半の殿方の認識らしー(笑)性ワード位、下ネタ位、好きに言わせろが本音のよーな気がするが、となると「こういう懲りないお方の口を封じるには、きたえられたマッチョなゲイのお兄さんを刺客として送りこみ、強姦される気分を身をもって体験としていただくしかあるまい。西村の口と下半身にも、それで少しは「抑止力」が働き、防衛論にも磨きがかかるだろう」とな…続けて「むろん冗談である。ここで怒ったら「男はユーモアを解さない」「男はすぐに怒る」といわれるので、たかが女のタワゴトと聞き流しておくように」だそーですよ、紳士の皆様(笑)

 と、強姦ワードだけでもこれだけですから、本書全体で行くとドンダケぇーになるのか(笑)是非とも本書をドゾ。女性だったら頷きっぱなしになるの請け合い、じゃね?と(笑)ここまであるあるな話も珍しいと思うんだが?いかがなものか(笑)

 下半身系では「「男はスケベだ」。男たちが自慢げに口にするせりふである。「男はみんなスケベだからね。仕方ないんだよ、××は」××の中に入る単語は「浮気」「猥談」「買春」「ポルノ」場合によっては「強姦」」とキタコレ(笑)これが純粋に男らしさだと信じていらっさるんですね、分かります、と言うと思うかぁーっ…所謂一つのセクハラ(発言)じゃなかろーか?と指摘すると「私の観察によれば「あっそれってセクハラ」と女性に指摘された男性は、ほぼ例外なくぶんむくれる。激怒する、といってもよい」だそな…自分が言うのはオケだけど他人に指摘されるのはペケという…何かどこぞの人達のよーな?自分の非を指摘されると逆切れする人達とか(笑)

 かくて「男の我慢のきかぬキレやすさを最も象徴しているのが、ペニスである」(@渡辺淳一)文脈の前後を合わせると「男がキレる最大の理由は欲求不満だと。殺人の動機はペニスにあり、というまさにチン説」とな…「この理屈でいくと、男の行動や犯罪はすべてペニスで説明できることになる。暴力をふるうのもペニスのせい、横暴な口をきくのもペニスのせい、強姦・放火はもちろんペニスのせい、暴走族も暴力団の抗争もペニスのせいだ」ってホンマでっかぁーっ?これで全てが済むなら犯社なんて、なんてお手軽な学問になってしまいそーなんですが、准教授のご意見はいかが(笑)

 この手の話は枚挙につきないのは、殿方世界では「「ペニスの暴走」を当然のこと、仕方のないことと受けとめて、そこに何の反省もない点だ」に尽きるよな…男とは反省のない生き物であるという定義で宜しいんでしょーか?とつい訊いてみたくなる言動だよなぁ(笑)一昔前のコピーから言ったら反省だけなら猿でも出来るで、そっからすると男って馬鹿ぁーっもとい、男ってサル以下ぁーっ?てな話にも飛躍できるんだが(笑)

 更にこの手の類友的なそれは森果博(『ナショナリズムの克服』)からの一節のとこでしょか?詳細はこれまた本書をドゾですが、あきもせずにこーゆーのが繰り返しというか、幾らでも出てくるとこが、何ともなぁ…「これを読んだ女友達Aいわく、「男ってさあ、こういうたとえ話を読むとそこはかとなく嬉しいんだろーね」。同じく女友達Bいわく、「こういう単語を連呼する男って、ビー・プラウド・オブち××こなんだと思うよ」。二人ともたいへん冷笑的であったことを報告しておきたい」はもーね…この手の「それに類する単語が特に抵抗もなく流通している事実である」にこれまた尽きるよな…日本は恥の文化であるというけれど、こーゆーのが自慢になってしまう文化なんですよ、奥さん(誰?)

 かくて「「これがある限り、彼らは連帯できるのよ」と先の女友達Aはいう。「ファルス=ちんぽこ」こそが世にいう男の絆、ホモソーシャルの核心だと」な…ちなみに「ホモソーシャルとは、「男社会」の成立基盤といわれる概念のひとつで、平たくいえば「オレも男、オマエも男。オレたちゃわかりあっている」という暗黙の連帯感のことである」まぁ男同士で居酒屋談義ならともかく、公共の場に出すのはいかがなものか?たとえ言葉一つにしてもね、と…フロイト先生を囲む会ってか(笑)

 さて、アリス的にというと犯罪系の話のとこか?「放火なんていうのは、どちらかというと女性の犯罪なんですね」(谷垣禎一財務大臣(当時))これこそホンマでっかぁー?な話ですけど、教えて准教授の前に放火罪、02年の受刑者310人(男性272人、女性38人)(@矯正統計年鑑)で1965年の一審有罪者が男性326人女性39人(@犯罪白書)なんだそな…谷垣ェ、弁護士出身なのにいかがなものか?政治家としてもアレだけど、法曹界としてもアレなら、日本の法なんてアレアレでアレなのか…

 他にというと、アポロンじゃないけど少年犯罪で「専業主婦が少なくなればなるほど、少年犯罪が多くなっているのは数字で出てますね」(@大橋巨泉)ホンマでっかぁーっ?でこれまた少年刑法犯と既婚女性の有職率が増加してるのは1970-80年代前半までだそで、80年代後半以降は連動していないとな…むしろ森下さんが言ったよーに少年犯罪は減少しているのでござるよ…女性の就職率については言わずもがなか…「両者の間にはっきりした連動性は認められない」訳で…未成年の問題が出てくると何かと母親(女性)が引っ張り出されると思うのは気のせいか?

 まぁこの手の逆ver.が「父親が子育てに参加している家庭では、総じて深刻な問題が起こりにくいように思える」(@鈴木光司)とな…「父親が子育てにかかわったほうがいいかどうかといえば、そりゃあかかわったほうがいいに決まっている。しかし、その理由は、再生産労働(家事育児)の責任は両性に平等にあるから、じゃないんだろうか」じゃなかろーか(笑)まっ男の子育てというだけで話題になるところからしてアレだよなぁ(笑)だって、それが普通だったらわさわざ口にはしないだろーに?父性とか、母性とか、父親とか、母親とかもー概念が先行している感じなんだろか?いえ、詳細は本書をドゾ。

 女性的なとこではセクハラ裁判の件がおべんきょになるかなぁ?「相手の社会的な地位が高い場合、圧倒的に不利なのは被害者である。まして<後から裁判を起こしたりするのは、女性の甘えである>にいたっては、裁判制度を否定する暴言と言うしかない。その場で処理できなかったトラブルを解決するために、裁判ってのはあるのである」…性犯罪は根が深い…被害者には「二次的被害」まで待っている可能性が高いとなとか…他の章でも出て来る部屋に入ったら同意とかいう同意幻想も何だかなぁ?性犯罪に関しては、それが犯罪である認識が男女の中では天と地程に違うよなぁと…最近思うのは法そのものがほぼ男性視点なとこだよなぁ…性犯罪のとこだけでも女性法律家に制定して頂いたらどーなるのか?と思ってみたり…殿方の中の性犯罪ってどーみても軽犯罪のノリのよーな気がするんだが?気のせいか?「「抵抗しなかったオマエが悪い」は、裏を返せば「抵抗されなければ何をやっても許される」という痴漢の理屈だ。こんな屁理屈をのさばらせることはない」なので(笑)キャーとか、止めてぇーだと勘違いする「バカ」もいるから、セクハラーっと叫ぼぉーって。ポイントは「こいつの悪事を暴いてやる」の気概をもって臨むこと」だそーですよ、おぞーさん(誰?)

 他にアリス的なとこでいくと作家のお言葉として最後に二つあげとくと「そういう男たちにセックスを売り、その告白を匿名でマスコミに売る女というのは明らかに最低の女だ」(村上龍)と、「全国の女性の正当な権利の確保にとって有効なことは、ほかにいくらでもみつけられるはずだ、と」(村上春樹)のとこなど、いかがでしょ?これに関する解説の詳細は本書をドゾ。

 とまぁ、本当に本書は最初から最後までノンストップ劇場で、是非本書をドゾ。こー言ったら身も蓋もないよーな気がするが、ある種これは男の甘えの集大成かなぁと?この位の発言は許されるだろという甘えというか、男しかいない世界を前提にしている感じといおーか、内と外の区別がついていない感といおーか…まっ過去は男社会だったと、で今有権者の半数が女性なんですよ、男女平等なんですよ(たとえ建前でも/笑)、それで女性に気配りや配慮ができなくてどーする?の世界が到来したけど、問題はこの先、まっ今もだが、今までなら女子供なんてと切り捨て御免もありえたかもとしれないが時代はネット、世界に広げようじゃないけど、あっという間に配信されてしまう世界に住んでいらっさる訳だったりして…

 本書でいくと相撲で大阪場所の府知事賞のとこ、土俵に女性が上がるのはまかりならんといったあの騒動のとこでの著者のご提案がこれまた秀逸。「ジャパニーズ・スモウ・レスリングはトラディッショナル・ソサエティなので、ミズ・オオタはドヒョウに上がれません。彼女はルールのチェンジをリクエストしましたが、シャットアウトされました。ってな解説つきで、ミニサイズの女性がビックサイズの力士に「土俵の下」で杯を捧げる絵が世界中に配信されてごらんなさい。インパクト抜群。栄えあるわが国の伝統文化をわかりやすく視覚化して全世界に知らしめる絶好のチャンス到来である」となとなとな…さて、くーる・じゃぱんはどこに行く?もしくは国益の行方ってか(笑)

 目次参照  目次 文化・芸術

|

« おんなのいっしょう(笑) | トップページ | 日本には桜がある(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポロリもあるよ(笑):

« おんなのいっしょう(笑) | トップページ | 日本には桜がある(笑) »