« ポロリもあるよ(笑) | トップページ | それが女の生きる道(笑) »

2014年3月27日 (木)

日本には桜がある(笑)

夜桜  清水洋志  新潮社

 美しい、ただ美しいって言うのはこーゆーのを言うんじゃね?な本かぁ?昼間の桜も奇麗には奇麗だけど、夜の桜は何とゆーか奇麗というより幽玄な世界か?てな訳でタイトル通り夜桜の写真集だと思いまする…写真的には何も言えねぇの世界ですが、惜しむらくは判型がA5な事、いやこれはもーこの倍、それ以上でもいーでしょー?と、デザインですかねぇ?とにかく写真をいぱーいおさめたかったのはよく分かるけど、もー少しおっされーに構成できたと思うの…コピーというか、解説、エッセイ、つぶやきでもいーけど、もしくは小っちゃい日中の画像を入れて比較対比するとか、見せ方あったと思うけどなぁ…写真がいーだけにもったいない感がヒシヒシと…

 で、疑問なのはこれほぼ東日本か中心なんですよね…だから京都の桜とか、吉野の桜とか入っていないんですよ…もしかして第二弾として西日本編とか出ているのだろーか?本書的に多いのは関東圏もそーだけど、弘前城?公園の桜が多いよーな?北海道の桜も撮っているのだから、次は沖縄の桜を期待したいです、はい(笑)

 そんな中で個人的に一番おろろいたのは実は千鳥ヶ淵の桜…普段見慣れているそれも夜となると、しかも構図がすんばらしーのか?全く違うものに見えてくるから不思議だなぁ…

 そんな訳で桜、アリス的には造幣局の通り抜けになるんだろーか?いや、やはり京都の桜か?でもまぁ、こちらで行くと片桐さんのお膝元、吉祥寺で井の頭公園の桜ですかねぇ…いや何とゆーか、住宅街の中にあるイメージとは違うよな?何か鬱蒼と茂った森の中そのものの迫力なんですけど?コレ(笑)後はこれまた片桐さんの職場の近くでという事で、千鳥ヶ淵でしょーかねぇ?神保町から九段下って一駅だし(笑)でもって真田山高校卒のアリスですから、上田城跡公園(長野)もあると思いますか?本書の中では一番の異色の写真がこの上田の桜の写真で、どこが桜なのか?今一トーシロには分からないんだけど、凄い事だけは分かるってか(笑)

 迫力的というか、月明かりで赤い桜というインパクトで、定峰峠(埼玉)の桜は満月が後光のよーじゃあってか?何か宗教画の趣きがあると思うのは気のせいか?存在感のある桜では、梶尾谷淡墨サクラですかねぇ?淡墨公園(岐阜)の…何かもー桜の花の満開な上部の下に物凄い大きな幹があるんですよ、しかもかなりゴツゴツな(笑)夜間だとそのコントラストが何かもうね(笑)逆に、本書で一番普通に美しいというか、この手の構図の写真はよくあるよなぁ的なのがタカトオコヒガンザクラ(高遠城址公園/長野)でしょか?いやもー、こちらはただただ美しいの一言というか、まさにティスカバージャパンな風景、海外受けはこれが一番ありそーだなぁ的な写真でして、実に日本です(笑)

 他の桜も勿論、いずこの桜も皆それぞれにふつくしいでして、いや、毎年これを見るだけで幸せになれる日本人って(笑)まぁとにかく、騙されたと思って本書をドゾ。日本人なら多分この感覚は分かると思われ(笑)水に映る桜なんて、もはや幻想のよーで、もー言葉がありません…

 目次参照  目次 生物

|

« ポロリもあるよ(笑) | トップページ | それが女の生きる道(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本には桜がある(笑):

« ポロリもあるよ(笑) | トップページ | それが女の生きる道(笑) »