« 中の人しかいない(笑) | トップページ | きらきらとふわふわとぴかぴかと? »

2014年3月13日 (木)

感動を直に音楽にしたかのよーな?

シェーンベルク 月に憑かれたピエロ/期待  シノーボリ  TELDEC

 音楽史的にはシェーンベルクって、作曲技法上の改革者という立ち位置なのか?所謂一つの無調音楽ってか?更に続く12音音楽なんですよ、奥さん(誰?)とか…ちなみにシェーンベルク自身は「芸術とは、人類の運命を自身の問題として体験する者の危急の叫びである」そな…叫びと聞くとついムンクを思い出してしまうけど(笑)

 まぁとにかく今聴いても、斬新なんだろなぁと思わされる曲ですが、何で手にとったかというと、月があったから…アリス的に月とついているとつい手にとる習慣が身についてきたとゆー事でしょーか?やばし(笑)まぁ舞台は夜だし、主人公は社会のアウトサイダーというしで、何となくミステリー的シチュエーションのよな?

 何とゆーか、実に内向的?もしくは思弁的なんですかねぇ?物事斜めに見るというより、多角的に見てみたらの世界のよな?うーん、実はガミさんがシェーンベルクファンだったりしたら、凄いなぁとふと思ってみたり(笑)いえ、愛飲しているコーヒー片手に書斎でシェーンベルクを聴くのが至福の一時ですとか…

 収録曲

1.月に憑かれたピエロ 作品21
2.期待 作品17

 ルイーザ・カステラーニ ソプラノ 1
 アンドレア・ルケシーニ ピアノ 1
 ドレスデン・シュターツカペレ楽団員 1

 アレッサンドラ・マーク ソプラノ 2
 ドレスデン・シュターツカペレ 2

 指揮 ジョゼッペ・シノーボリ 1.2

 目次参照  目次 音楽

|

« 中の人しかいない(笑) | トップページ | きらきらとふわふわとぴかぴかと? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動を直に音楽にしたかのよーな?:

« 中の人しかいない(笑) | トップページ | きらきらとふわふわとぴかぴかと? »