« それが女の生きる道(笑) | トップページ | 花の都。 »

2014年3月29日 (土)

本物に会う(笑)

ステイヤンゴロジーで人生は輝く!  福原義春・編著  マガジンハウス

 ステインヤンゴロジーって何だ?と思ったら、ステイ・ヤング…本書的には熟成の学なんですかねぇ?いつまでも若く美しくというのは、男女共に希求している事だと思いますが、本書的には上っ面だけじゃくて、中身も老いない、錆びない生き方を目指さないか?でしょか?ワインのよーに年々熟成していくそんな人生ぃぃぃぃという事らしー…老化とか、加齢とか、アンチエイジングよりも前向きな感じですかねぇ?まぁ切羽詰った感がないとこがいーとこでしょか(笑)

 で、最初に著者のステインヤンゴロジーな主張があり、その後に八人の女性ゲストをお迎えしての対談集という事になる模様…いや、この面子がさすがに凄い…瀬戸内寂聴、塩野七生、吉永小百合、やなぎみわ、北山ひとみ、田沼敦子、稲葉賀恵、辰巳芳子…いや、これだけで、もーただものではない事がお分かりになる気配がヒシヒシと(笑)

 アリス的にここに参戦するとしたら、婆ちゃんですかねぇ…いや、あの准教授を店子に持って居続けられるだけで登場人物中では一番、ただもの、ではないと思うんですよねぇ(笑)ありがちなとこでは朝井さんでしょか?女の生き方指南では、これまた一家言ありそーだもんなぁ(笑)年齢のとり方は?さて、どなんだろ?京都は何でも古いものがいいという土地柄と昔聞いた覚えがあるんだけど、京都的に女性の年齢の重ね方…何か凄い奥義がありそーな気配がするのは気のせい(笑)

 メインは対談なので、会話文でさくさくと進みまする。で、面白エピの宝庫…例えば瀬戸内氏の法話に「外国の方も見えますよ。「私の言葉が分かるんですか」と聞くと、「分からないけどなんだか面白い」と(笑)」ななな…有り難いお話は言葉を超えるものなんでしょか?雰囲気で分かるものなんでしょかねぇ?とか、イタリアの男性は皆地味なネクタイをしているという疑問に「派手なネクタイは"アメリカ"って言われています(笑)」(@塩野)とな…伊人って派手なイメージだったげと、その実渋好みだったのか?地味を派手に楽しむ心ってか?

 他に伊的なとこで文化は儲からないと(笑)「ルネサンス時代の銀行の出納と比べると文化っていかに儲からないか分かります」(@塩野)だそな…その儲からない文化を山あり谷ありといえ2000年以上続けてきた国だもんなぁ、伊は…しかも未だにデザイン大国…底力が違うのか?後、ネパールでは50才を過ぎると紫外線が強すぎて皆家にこもるよーになるとな…50才でヒッキーというのは早いよーな気がするのは日本にいるせいか?ネパールの平均寿命ってどの位なんだろ?

 咀嚼というか、噛む事ってアンチエイジング効果があるのはどこかで聞いた覚えはあったけど、「発がん性物質が30秒以上唾液の中にひたっていると毒性が減少したという報告があります」(@田沼)とは知らなんだ…何か最近食の安全性の方が気になるんですけど…食的なとこでは今時の食生活って、朝抜き、昼ラーメン、夜は外食(お菓子と紅茶)みたいな主食どこですかぁ?副食は?みたいな生活が普通になってきている模様…菓子パンの需要が物凄く増えているそーな…そーだったのかぁーっ?

 食べ物関係では炭の火加減の仕方があるとは…リアルでこれが出来る人って今日本でどれだけいるんだろ?粉炭って言うのがもー想像つかないんですが…言葉通りパウダー状の炭なのか?そゆのは火をつけたら一瞬で燃えてなくなりそーな気がするのはトーシロの気のせいか?しかし、ここは更に本人も凄いがそのママンもその上を行く凄さ、肝心の調理の手順はというと「見て食べて、それでも聞かなきゃならないなんて、人間やめるより仕方ないです」(@辰巳)って…母の愛の鞭なのか?昔の教育パネェ…

 後、椿の話しのとこで「東ドイツのほうでは、真冬に木にバラのような花が咲くなんてことは考えられないそうです。だから椿が咲くと、もうなんともいえないお顔で、見上げてらしたの」(@辰巳)はやっぱ独って寒いんですねぇと、変なとこで納得したり…寒椿は雪の中に咲くしなぁ…それでも独に移植は難しいんだろか?

 いやーホントおばぁーちゃん(?)の知恵袋的でおべんきょになるエピ多くて、その他、本書のメインテーマのエイジング、熟成についての詳細は本書をドゾ。

 最後に二つ、本書の中で一番インパクトのあった科白をチョイスするならば「人生の目標というものは、事業を大きくしていくことでは必ずしもない。世の中の人に何を与えることができるのか」(@福原)って企業トップ自らが言っちゃっていいんですか(笑)あまりに正直者の会長におろろいたおろろいた(笑)

 で、まぁ齢を重ねるとは何ぞや?ではないですけど「年齢というのは、自分がいくつと思ったときに、はじめてその年になるんです。だから、くよくよ考えなければいいんですよ」(@瀬戸内)だそな…習うより慣れろの精神か(笑)やっぱ、日本はアマテラスの国だもの、だなぁ(笑)女神サマは無敵です(キパッ)

 目次参照  目次 未分類

|

« それが女の生きる道(笑) | トップページ | 花の都。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本物に会う(笑):

« それが女の生きる道(笑) | トップページ | 花の都。 »