« 花の都。 | トップページ | 恋が真か、真が恋か(笑) »

2014年3月31日 (月)

りーずなぶる(笑)

別冊 NHK 今日の料理 豚こま・鶏むね・ひき肉で節約おかず  日本放送出版協会

 コピーが、豚こまでもできる!定番おかず、くしカツ、酢豚、しょうが焼き、ほか、パサつき克服!鶏むねレシピ、豚ひき肉、鶏ひき肉、合いびき肉で肉ダネ大活用!ひき肉人気メニューとあって、成程世の中、主流は節約料理だよね(笑)そゆ訳で比較的安価なお肉を使って、こんなに料理できまっせというのが、本書のメインかなぁ?これはまぁ庶民の知恵の集大成という気がしないでもないが(笑)どだろ?

 で、何故に本書を手に取ったかというと己が庶民だからというのもあるんですけど、いや、何かハンバーグが食べたいの世界で、本書めくったら煮込みハンバーグとか、レンジチキンバーグとか、切り干し大根入りハンバーグとか、あるじゃまいか(笑)いや本書、写真が何気に大きくてふつくしいんですよ、でもって手順のとこなんかも写真入りのとこもあって、それもカラーだったりするし…物凄く分かり易い構成…見てるだけで出来そうな気になってくるからパネェ(笑)

 ちなみに切り干し大根を入れるとボリュームアップもあるけれど、そして多分カロリーは控えめ(笑)はともかく、食感が上がるとな?歯ごたえでしょか?とこれまたともかく、切り干し大根というと和風なそれを思い浮かべるじゃありませんか?ところが、こちらのソースのベースはナンプラー…もー和洋折衷は古い、エスニックとのコラボってか(笑)

 アリス的に節約おかず…うーん、アリスより学生時代の准教授の方がありえそーだが?いかがなものか?だけど、菩提樹荘で学生時代は賄い付きみたいだったからなぁ?どーなんだろぉ?何にせよ、あの二人は意外とよく食べている方じゃないかと思うんだけど?そーでもないのか?うーん?

 で、暗号をの串カツで、豚こまのくしカツとか、ラフレシアのゴーヤーで、鶏むね肉とゴーヤーのごまあえとか、中国風ゴーヤーの肉詰めとか、二人のソウルフードのカレーで、鶏むね肉と新じゃがのカレー蒸し煮とか、鶏ひき肉のカイエット フォワイヨ風とかになるんでしょーか?串カツの作り方を見ているとこー串に肉を打つ方法からして、そーだったのかぁーっ?とおろろきました…薄切り肉でも肉をたたむとか、丸めるとかすると、塊り肉っぽくなるのか?うーん…今度やってみよー(笑)

 ちなみに上の鶏ひき肉のカイエット~とかありますけど、カイエットって何だ?と思ったら、これハンバーグなんですね…仏語で言うと何か違うざますのイメージが(笑)でもって、フォワイヨって何?となると19世紀半ばの仏の料理人だったのですねぇ…今でも名前が残っていらっさるんですねぇ…で、何というとチーズとパン粉と生クリームの団子というか、パンというか、煎餅というか?な感じ?これをカイエットの上の乗せるので遠目に見るとハンバーガーの上半分みたいなノリに見えるのよな?ある種ローストビーフのヨークシャープディングみたいなノリなのかなぁ?まぁアレよりは、美味しいそーだが、でもチーズに生クリーム…カロリーが気になるとか(笑)

 レシピについての詳細は本書をドゾなんですが、個人的にこれはためしてみたいなぁと思ったのが、自家製鶏ハム…トーシロでも何とかなりそーな気がするんだが、時間だけはかかるけど(笑)何せ下ごしらえだけで三日ですから(笑)でも本当にお肉がハムになる実感とか見てみたいものよのぉでして(笑)他にも干さない干し肉の作り方とかもあって、こちらもどないなもんか?と気になるところ(笑)

 他にも色々レシピ満載、豆知識満載ですので、詳細は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« 花の都。 | トップページ | 恋が真か、真が恋か(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: りーずなぶる(笑):

« 花の都。 | トップページ | 恋が真か、真が恋か(笑) »