« いつの時代でも世界を変えるのはマイノリティであってマジョリティではない(笑) | トップページ | 文化の奥行… »

2014年4月22日 (火)

湯で加減は柔らかめ?

ショートパスタ・ブック  渡辺麻紀  河出書房新社

 サブタイトルは、ベーシック7種と生パスタ・ニョッキのレシピなんですが、パスタの本は数あれど、ショートパスタ専門の本って、あんまり見ないよーな?日本人だと、一番に浮かべるのはマカロニだろか?何かイメージがマカロニ・サラダな辺りがこれまたアレなんですけど…ところが、やはりパスタの本場、伊には星の数程?いろんなパスタありまっせの世界らしーで、これまた料理に使い分けている模様で…伊、おそろしス(笑)いや、食べ物に妥協のない国は大好きです(笑)

 で、基本のショートパスタとして、ペンネリガーテ、ファルファッレ、フィジカ、コンキリエ、リガトーニ、ルオーテ、マカロニとありまして、名前に覚えはなくとも形を見れば日本人でもどこかで見たよな?ショートパスタがいぱーい(笑)

 でで、これまた写真を拝見すると、何となく普通のパスタソースと似ているなぁから、スープになったり、サラダになったり、グラタンになったりで、ショートパスタって主菜にも副菜にもなるんだなぁと改めて発見しますた(笑)

 アリス的にパスタというと、所謂普通のスパゲッティなイメージがあるのですが、というか、あちこちで食べているのってそれ系ですよねぇ?本書で言うと、アポロンのファミレスのランチで、カルボナーラ ローマ風でしょか?確か、森下すわんと食べていたよな記憶が?まぁあちらはロングパスタだろーけど(笑)こちらはファルファッレで作られているので、見た目がかわいい(笑)さすが蝶々からきているだけあって、その形状はリボンみたいだよなぁ(笑)ファミレスがこれを採用していたら凄いけど(笑)

 後アリス的と言うと、二人の好物のハム使用という事で、生ハムとルッコラのレモンソースとか、ハムとグリンピースのクリームソースとか、玉ねぎ、ハム、リコッタチーズのグラチネとか、蝶々の准教授の好物、蟹から、カニのトマトクリームとか、朱色のサラダで、ごまクリームサラダとか、野菜とハムのサラダとか、アボカドとツナの豆サラダとか、やはり真打はこちら二人のソウルフード、カレーからカリフラワーのカレークリームパスタじゃまいか(笑)

 その他、生パスタがちょこと出ていたり、ニョッキもちょっことあったりで、一応これは伊の粉もん文化をフォローしているんだろか?まぁ伊の粉もん二大双璧としては、パスタの向こうにピッツァがあるの世界だけど(笑)こーして考えると伊って全国土的に小麦が収穫できるという事なんじゃろか?何か日本の米みたいに、小麦の種類も色々ありそーだよなぁ?○○産の○○の小麦は最高とか(笑)

 それこそいろんなパスタ掲載されているんですけど、アリスにお薦めしたい系では、たこのボロネーゼ オレンジ風味とかどだろ?こちらのタコみじん切りなので見た目は全然わからないんですけど、タコといえば大阪人は一家言ありそーな気がして?後は、マレーじゃないけど意外とエスニックも好きそーなんで、白身魚のナンプラークリームとか、タイ風豚ひき肉のナンプラー風味とか、アリスに受けると思うんだが?気のせい?

 個人的に本書で一番食べてみたいというか、試してみたいのが、いわしとういきょうのシチリア風…うーん、ウイキョウ入りのパスタ…想像がつかないんですけど?何か勝手にういきょうって北欧系の料理に使うものだと思ってますた…パスタとも合うんですね…

 他にもたくさんレシピ出ていますので、詳細は本書をドゾ。伊風も仏風も和風もあって成程パスタのバリエーションはパネェと思いつつ、写真がとても奇麗なので眺めているだけでも楽しい本でごりゃりまする(笑)のでドゾドゾ~

 目次参照  目次 食物

|

« いつの時代でも世界を変えるのはマイノリティであってマジョリティではない(笑) | トップページ | 文化の奥行… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯で加減は柔らかめ?:

« いつの時代でも世界を変えるのはマイノリティであってマジョリティではない(笑) | トップページ | 文化の奥行… »