« 文化の奥行… | トップページ | かけはしのかけはし~ »

2014年4月24日 (木)

花咲う、日本咲う(笑)

究極の絶景 日本の国立公園  山口高志  学習研究社

 サブタイトルは、再発見!美しい日本列島の四季と自然なんですが、春も半ば過ぎて公園に散歩のイメージでいたら、国立公園、並じゃねぇ(笑)日頃、小さいだの、狭いだのと表現していますが、国立公園見る分には、日本人的には十分でっかいどー(笑)

 さて、本書、A4サイズ位ありそーな、形態としては雑誌の別冊みたいなノリですが、中身は立派な写真集という趣きだよなぁ…しかも、写真一葉一葉に何時撮影したのかとか、どんなカメラ・レンズで撮影したのかまで掲載されているんですよっこれ真似っこしたら、同じよーな写真が撮れるまではいかなくても、この光景を生で見れるんだろか?とふと思ってしまったり(笑)

 でもって当たり前ですが、写真がとても奇麗です。日本の風景ってこんなにも奇麗なものだったんだなぁと…青い空に白い雲、青い海に、緑の山、川から滝から高原から、いやもー別世界の雰囲気満載(笑)解説も親切丁寧なんですけど、これ写真だけ見てもうっとりの世界でございまするぅ~

 アリス的には地域的には伊勢・志摩辺りになるのかなぁ?ダリ繭つながりで、磐梯辺りはスウェーデンとも重なるのか?上信越高原は46番目に近いのか?うーん…地理音痴なんで今一距離感が分からないんですけど、瀬戸内海なんかは淡路島も入る訳だから、そーすっとオノコロ島なんかも関係あるよね(笑)

 他にアリス的というと夕陽ケ丘で、夕日を拝んでみました系で無理矢理こじつけていくと、夏の夕雲広がる利尻島とか、夕焼けに映えるエゾマツ林(阿寒横断道路・双岳台付近)とか、夕もやにかすむ落日(細岡展望台)とか、穏やかに暮れなずむ(支笏湖畔から恵庭岳)とか、光の山稜(月山頂上)とか、静かに暮れなずむ(伊豆・堂ヶ島)とか、夕照に浮かぶ御前峰(大汝峰山頂から)とか、暮れなずむ英虞湾とか、黄金の磯(岩美)とか、桃太郎伝説の海(広島・上浦刈島)とか、西陽に染まる(広島・上浦刈島)とか、暮れゆく瀬戸の浜辺(香川・荘内半島)とか、夕闇迫る大山遠望とか、静かに暮れる宇和海(御荘町・猿鳴)とか、暗雲、夕陽を閉ざす(小佐々町・冷水岳から)とか、九十九島の輝き(佐世保・石岳付近)とか、橘湾に陽は落ちて(雲仙・妙見岳から)とか…

 人喰いの滝から滝だよねと、緑の曽利ノ滝(鹿角市)とか、滝の響き(福島市・幕滝)とか、激寒、華厳滝(日光)とか、滝音響く(福島・三条ノ滝)とか、不動滝涼し(須坂市・米子大瀑布)とか、緑深き谷清水(塩山市一之瀬川・竜哈谷)とか、凍てる五段ノ滝(西沢渓谷)とか、虹かかる白雲ノ滝(箱根・湯河原)とか、大白川の白水滝とか、サクラ越しに那智滝(那智勝浦)とか、大天井ヶ滝(大天井ヶ岳)とか、幻想、丸尾ノ滝(霧島)とか…

 アリスなら月じゃね?となれば、残月と白雲岳(銀泉台から)とか、残月輝いて(八甲田・睡蓮沼)とか、白々と明けゆく(湯布院町・小田の池)とか…

 いやーいずこの写真も皆それぞれに美しスの世界ですので、是非ご自分の目で見てくらはい…月並みな表現で申し訳ないけど絵葉書のよーな光景でござりまする(笑)他、解説で行くなら伊勢の夫婦岩とか、竹富島とかになるんだろか?

 まぁでも准教授には、城崎に向いて(城崎)を薦めるかなぁ(笑)何故かというと写真のキャブに「城崎といえば、温泉とカニ」とあるからで、温泉好きのアリスと蟹好きの准教授とならもー行くっきゃないでしょ(笑)

 個人的に気にいった写真は、苔の細道(苔の洞門)と波の創造(土佐清水市)かなぁ…特に苔の方は支笏・洞爺の章なんですが、この章の写真は全て幽玄というか、ジブリの世界みたいと言ってもいいのか?いやぁ、こんな景色本当にまだ日本にあるのか?それだけでもおろろいた(笑)

 他にもたくさんたくさんたくさん凄い写真いぱーいですので、詳細は本書をドゾ。百聞は一見にしかずの世界が待ってます(笑)

 掲載されている地域は、利尻、礼文、サロベツ、知床、阿寒、釧路湿原、大雪山、支笏、洞爺、十和田、八幡平、陸中海岸、磐梯、朝日、日光、上信越高原、中部山岳、白山、秩父、多摩、甲斐、富士、箱根、伊豆、南アルプス、伊勢、志摩、吉野、熊野、山陰海岸、大山、隠岐、瀬戸内海、足摺、宇和海、阿蘇、九重、西海、雲仙、天草、霧島、屋久、西表、小笠原

 目次参照  目次 庭園・建築

|

« 文化の奥行… | トップページ | かけはしのかけはし~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花咲う、日本咲う(笑):

« 文化の奥行… | トップページ | かけはしのかけはし~ »