« 天才的な、あまりにも天才的な? | トップページ | 真の黒子とは何か? »

2014年5月30日 (金)

ジャガタラから来ますた(笑)

じゃがいもの料理100点  江上和子  梟社

 ジャガイモ料理というと、どーも先崎に思い浮かぶのが肉じゃがな辺り、己は昭和一桁か?と…で、じゃあ他に何があるんじゃいとゆーと…コロッケかなぁ…で、ポテト・サラダとフレンチ・フライ…ちょっと背伸びしてヴィシソワーズ位しかパッと思い出せない情けなさ…

 そんな訳でジャガイモ料理で100種類もあるんかぁーっ?とおろろいてひも解いてみれば…うーん、煮もの系が多しの日本の御惣菜系でしょか?ある意味、ご飯に合うおかず的な立ち位置の本書かな?と…

 それも、こー卓袱台に合う感じで、古き良き日本の食卓じゃまいか?じゃね?カラフル系でもなく、妙に横文字系でもないそれはある程度味の予想がつくというか、安心して作れそーな感じではあるよな?

 アリス的にジャガイモ、料理…うーん…偽りの婆ちゃんお手製のポテサラ位か?本書でいくと、ポテトのシンプルサラダ、マッシュポテトサラダ、ポテトとツナのサラダとマセドニアンサラダ、ジャガイモのロシア風サラダ辺りが、そっかなぁーと思うんだが?どだろ?

 それにしてもポテト、サラダの数の結構あるんだなぁと思いますた(笑)洋風だと、サラダ系とスープ系が主流なんだろか?洋風でジャガイモ、サラダとなればタラモサラダが一番あると思いますかなぁ?何とゆーか、向こうの人ってこのディップを乗せて食べる系好きな気がするんだが?気のせいか?

 後、アリス的というとスウェーデンのシチューでアイリッシュ・シチューになるのだろーか?ダリ繭の卵焼きで、ポテトチップス・オムレツとか、トルティージャもあると思います系か?それと二人のソウルフードのカレー系で、じゃがいもとグリンピースのサブジ、ポテトボールのころも揚げ、じゃがいものカレー炒めとかもランクインするのだろぉか(笑)

 豆知識も満載で、じゃがいものつと揚げで知ったのですが、このつとって何やねん?と思っていたら、つととは蓑虫の事だったんですねぇ…よーするにあの蓑虫の形状という事…この場合、ジャガイモを千切りもどきにしてそれを鯖を芯にして回りをジャガイモのころもでくるむ感じか?いや、さすが日本料理、日本の自然と一体感か(笑)

 面白ネーミングからいったら、なしもどき、じゃね?と(笑)「シャキシャキとして甘酸っぱく、なしの食感のような爽やかな一品」という事になる模様…ジャガイモを火を通し過ぎないとこがポイントか?

 その他スイーツもありで、本当何でもありだなぁジャガイモ料理でしょか?いやもーいざとなったらじゃがバターもある訳で、料理下手にはこれ以上有り難い料理はないよーな(笑)他にもたくさんレシピ掲載されていますので詳細は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« 天才的な、あまりにも天才的な? | トップページ | 真の黒子とは何か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャガタラから来ますた(笑):

« 天才的な、あまりにも天才的な? | トップページ | 真の黒子とは何か? »