« バンカラとシティボーイ(笑) | トップページ | ローン・ウルフか、ブラック・シープか、それが問題だ? »

2014年5月24日 (土)

夢は野山を駆け巡る?

バーベキューテクニックの極意  月刊ガルヴィ編集部・編  実業之日本社

 サブタイトルが、火おこし、焼きテク、たれ作り!完全無欠のマスターブックで、その他コピーに、簡単!火おこしテクニック、便利!バーベキューのギアカタログ、お取り寄せ!全国焼肉のたれ大全とあって、まぁこれ一冊でソフトもハードも揃いまっせのノリか?

 さて、春になってきたのでここは一つ山なり海なり川なりと行ってみよーと思いませんか(笑)となって、野山に行くならこれはもー豪快に野外料理となって、そーなったらBBQでしょ(笑)とゆー単純思考から、本書に行き着いたと(笑)まぁ多少失敗して消し炭になったとしても、お外で食べるご飯は美味しい、気がするから大丈夫ってか(笑)

 で、こー肉にかぶりつくっ野趣満天なそれがいいとか(笑)本書にも、肉々しい肉が出てきて成程なビジュアル(笑)ステーキとかスペアリブとか鶏のモモ焼きとか、その辺りは想像つくけど、更に、骨付きハムの塊(1.5kg)とか、ラム丸ごと一匹(1.5kg)とか、極め付けは子豚の丸焼き(5kg)とか…そこまでやるか?の世界も展開していらっさる模様…BBQパネェ、超パネェ…

 アリス的にBBQあると思いますのなのかなぁ?焼肉は鶴橋で片桐さんと行くはずだが(笑)作家アリス、シティーボーイ(死語か/笑)だからなぁ?学生アリスの方ならありえそーと思うけど?どなんだろ?まぁ准教授と一緒となると、海山行くより、北白川のお庭でもくもくとかありそーだよなぁ?となると、肉というより魚なのか?多分、ウリとコジとモモちゃんもくいつきそーだしなぁ(笑)他に考えられそうなのは、准教授のゼミ合宿におじゃまする位か?まぁアリスなら学生の中に入って、自称おっちゃんのはずが一番はりきってそー(笑)

 それにしても本書を拝読して一番おおっと思ったのが、火おこしの章…炭に火をつけるなんて?普段、全然に気にした事ないからなぁ…前に確か宮崎監督だと思ったけど、直火を見た事がない人がアニメーターになっていて、そゆ人が描く火というのはどーよみたいな話をしていたけど、確かにオール電化のお家も増えてきた昨今、焚火どころかガスの火ですら見た事ない人増えているんだなぁと感心しますたで、どだい、火を見る機会って現代人の場合どの位あるんだろー?になってきたんじゃね?じゃね?

 まぁ自分で火を見る機会というと花火位か?准教授だと毎日煙草で拝んていそーだが(笑)それはともかく、先の震災じゃないけど、いざとなったら火をおこせるか?否か?は結構、必要なスキルと思われだし…本書に掲載されている火おこし器?こんなんあったのかぁ?とちょっといざという時の為に備蓄しといた方がいいのか?と思ってしまったりして(笑)でもって着火剤として色々出てくるんですが、紙とか松ぼっくりとかはともかく、ガムテープを輪にしたり、ポテトチップを使ったりもあるんですねぇ…まさにイザという時に覚えておくといいかも?

 で、形から入るじゃないですけど、グリルとか鍋とかの道具類がまた凄い…BBQグリルも色々種類あるもんだなぁと感心しますた…今は収納を考えてコンパクトになるのも多いんですねぇ…憧れのダッチオーブンはともかく、百円ライターが耐風バーナーになるボケトーチ(SOTO)は欲しいと思ってしまった…これこそまさにいざという時便利じゃね?

 後、蓋つきグリルで、ピンクの豚の形をしたのがあるんですが、非常に標品でこりゃスゲェの世界ですけど、お値段的にもこりゃスゲェで何と35万7千円也…受け狙いで購入するには痛い額と思うのは己が庶民だからか…そんな訳でコブプレミアセット位は何とかならんかなぁと己の中で葛藤中(笑)その他、日本人としては心ひかれる七輪とか(笑)

 まぁグッズ類ははまり出したら止まらないので(笑)まずは手近な焼肉のたれからトライですかねぇ、日常すぐに使えそーだし(笑)それにしてもこれまた焼肉のタレって、全国でこんなに販売していたのか?果物入りとか野菜いりとか辛いのからアメリカンなのから色々あるけど、個人的にはオホーツク自然塩焼肉塩だれを一つと思ったり?いえ、たいていの焼き肉のたれってみんな茶色いのに、こちらのたれは透明というか、薄緑、うぐいす色みたいな奇麗な色しているんですよ、是非モノホンを拝んてみたくて(笑)

 その他本書は自家製のタレの作り方も掲載されていて、成程タレってこれまた千差万別色々あると…アリス的になら朝井さんと一緒に台北やきとりのたれとか、モロッコ水晶じゃないけどモロッコ風グリーンソースとか、ロシア紅茶の准教授でピーナツソースとか、後受け狙いで、みたらしのタレとかどーでしょー(笑)ちなみにこちらおいもとか、かぼちゃに合うそーです、そーだったのか?

 他にも豆知識満載ですので、詳細は本書をドゾ。まぁ本書で一番おろろいたのは?何とBBQにも宅配があるんですね…材料だけじゃくて、道具類もレンタル可能で、しかも設置ましてしてくらさるとか…まさに現地に行くだけでオケな世界か?でもって、個人的に密かにトライしてみたいのが本マグロの頭、まるごと焼き…迫力ありそーというのはともかく、半日で焼けるのだろーか?とふと思ってみたり?

 目次参照  目次 食物

|

« バンカラとシティボーイ(笑) | トップページ | ローン・ウルフか、ブラック・シープか、それが問題だ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢は野山を駆け巡る?:

« バンカラとシティボーイ(笑) | トップページ | ローン・ウルフか、ブラック・シープか、それが問題だ? »