« われわれはどこからきたのか われわれはなにものか われわれはどこへいくのか… | トップページ | スマートで、目先が利いて、几帳面、負けじ魂、これぞ艦乗り(笑) »

2014年7月18日 (金)

いい日、旅立ち?

楽しい古墳案内  監修・松木武彦  平凡社

 そーだ、古墳に行こー、とは、まぁ日常にそー思う事はあまりないんじゃなかろーか?な気がしないでもないんですが?ついでに言うと古墳というのは奈良にあるものとばかり思ってますた…が、とんでもねぇー話でございまして、日本全国15万基もあるんだそーですよ、奥さん(誰?)トーシロは古墳というと仁徳天皇陵位しか思い浮かびませんでした…でもって、前方後円墳しかこれまた思い浮かばなかったりして…そーいや授業で、前方後円墳って四角い方が前だから前方なんだよと教わった時はびっくりした覚えが?丸い方が下…何か一昔前のミステリーの鍵穴みたいな形だから、てっきり上が丸だとずっと思っていたんですよねぇ…

 という位の古墳音痴なんですけど、改めて古墳…未だに残っているというか、街中に残っているとこが日本かな(笑)河内にある古墳群なんかは、航空写真が物凄くシュールだと思うのはこれまた気のせいか?古墳ありまーす、お家ありまーすで、幾ら日本の住宅が兎小屋だとはいえ、この大きさの対比は、インパクトあり過ぎて笑っていいのか?退いていいのか?いやぁ古墳のある風景パネェっす(笑)

、 アリス的には、やはり地元大阪という事で、河内の古墳群はアリス辺りだと学校の遠足辺りで行っていたりするんだろぉか?うーむ…これだけ身近にあると有難みがあるのか?ないのか?日常に溶け込む古墳、あると思いますなのか?

 で、古墳、古墳末期まで含めると800年の長きに渡り、ご先祖様達は古墳造りをしてきたとな…そーだったのか?というより、そんなに長い事古墳造っていたのか?ある意味土木工事好きな国民なんでしょか(笑)これだけ長きに続くだから、その時代で様式も変わっていったという事なのか?古墳の形も変わっていくし、副葬品なんかも変わっていくし、で結構古墳、当時の流行りを教えてくれる指標なんだろか?

 へぇーと思わされたとこでは九州の古墳、装飾古墳がおろろいたっ壁画が鮮やかで、デザイン的というか、こんなの本当にあったんですねぇ…何か仏の洞窟画を思い出したが、こーゆーのは洋の東西を問わないのかなぁ?保存的にリアルでこの目で見られるのかなぁ?とちょっと気になってみたり(笑)

 後、もっとおろろいたのは都内にも古墳、こんなにあったのか(笑)だって、猿楽塚古墳なんて代官山にあるんですよぉ?芝丸山古墳(芝)や摺鉢山古墳(上野)とか、23区内にあったんかいの世界でして、その他王子や田園調布や狛江に府中と、いやー意外や意外、街中に古墳あると思いますなのか(笑)

 その他面白豆知識も満載、特に埴輪の章はこれでもかこれでもかなネタの宝庫(笑)ですので、詳細は本書をドゾ。日本って、古墳の国だったんですよ(笑)

 掲載されている古墳は、
大和・箸墓古墳、黒塚古墳、東殿塚古墳、ホケノ山古墳、
河内・大仙(仁徳天皇陵)古墳、誉田御廟山(応神天皇陵)古墳、軽里大塚(日本武尊白鳥陵)古墳、
飛鳥・石舞台古墳、岩屋山古墳、野口王墓(天武・持統天皇陵)古墳、鬼の俎・雪隠古墳、
吉備・造山古墳、作山古墳、こうもり塚古墳、箭田大塚古墳、楯築遺跡、
上毛野・保渡田古墳群、綿貫観音山古墳、八幡観音塚古墳、
 その他、章やコラムに掲載されている古墳あり(笑)
河内のその他でいくと、いたすけ古墳、赤面山古墳、古室山古墳、ニサンザイ古墳
 日本全国古墳100の項からだと、
京都・御廟野、椿井大塚山、蛭子山、
大阪・叡福寺北、黒姫山、西陵、豊中大塚、今城塚、
 そして、古墳のことがよくわかる日本各地の博物館だと、
京都・与謝野町立古墳公園はにわ資料館(京都・与謝野郡)、京都国立博物館(東山区)、
大阪・堺市博物館(堺市)、堺市泉北すえむら資料館(堺市)、今城塚古代歴史館(高槻市)、大阪府立近つ飛鳥博物館(南河内郡)、藤井寺市生涯学習センター(藤井寺市)、国立民族学博物館(吹田市)

 目次参照  目次 文系

|

« われわれはどこからきたのか われわれはなにものか われわれはどこへいくのか… | トップページ | スマートで、目先が利いて、几帳面、負けじ魂、これぞ艦乗り(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい日、旅立ち?:

« われわれはどこからきたのか われわれはなにものか われわれはどこへいくのか… | トップページ | スマートで、目先が利いて、几帳面、負けじ魂、これぞ艦乗り(笑) »