« 海に向かって走れぇ(笑) | トップページ | 遅さの発見?あるいは透明感と純化? »

2014年7月13日 (日)

やまたのおろち(笑)

ジャンクション  大山顕  メディアファクトリー

 ジャンクションって何?というと、「連結や接合。そして高速道路において別の路線同士を結んでいる箇所のことをいう(一般道路と高速道路を結ぶものはインターチェンジと呼んで区別している)」そな…となると、高速道路と高速道路が交わるところとなると、やはり都市が多いか?になるのかなぁ?本書もほぼ、東京と大阪が殆どという感じだし(笑)ちなみに、本書はそんなジャンクションを下から見上げた写真集という感じですが、見上げてごらん~の展望をメインに据えると、まず高速道路が上にないとね、の世界でして、地方にある高速道路はそもそも空中にあるというより、地面にそのままありますよってだから、見上げられないんですよ、奥さん(誰?)ついでに土地も余裕があるから立体交差しなくて済むしで…こーグルングルンのジャンクションは土地がありません的な都市に多いのもしゃーないか?ある意味、究極の土地(空中)活用かもしれない(笑)

 で、現代の取りあえず無理に無理を通した結果、屈折率がブリリアントなの(笑)なジャンクションは時代の鬼子のはずが、こーして見ると機能美溢れて見えるから不思議(笑)特に夜景の中のソレは、本当に龍が踊っているんじゃね?な雰囲気満載、まずは騙されたと思って本書を見て見てと。

 ちなみにジャンクションの種類は、タービン型、クローバー型、対向ループ型、十時型、トランペット型、T型、トライアングル型とある模様…いや普段あまり気にした事がなかったのが、果て?そーだったっけ?とは情けない…

 アリス的には、大阪結構ジャンクションあるみたいで、とは言えアリスが車使うシーン的に行くと、菩提樹荘の時に高速シーンあったっけ?かなぁ?トリック的には、トランペット型とかトライアングル型とかのネーミングが雨天決行並に使えるのかもしれないと妄想してみたり(笑)

 まぁアリスの事だからこの手のものは見学済な気がしないでもないが(笑)ちなみに大阪は「西は大阪港駅から東は長田駅まで、じっくりと電車によるジャンクション鑑賞を楽しんで欲しい」とあって、大阪の場合中央線で、ジャンクション巡りが出来る模様…電車でGoってか(笑)

 で、そんな貴方に朗報がで、東京、大阪、横浜三都ジャンクション物語じゃないけど、それぞれに一日モデルコースが掲載されていて、大阪の場合は、長田駅から東大阪ジャンクションを見学、ついでに側の東大阪市役所の展望ロビーから見てみよー(笑)次に堺筋本町駅で降りて内本町ジャンクションを拝見すると、更に歩いて信濃町ジャンクションを見ると、ちなみに高架下には船場センタービルがありますよって、ですが何か(笑)更にてくてくで阿波座ジャンクションへ、でここで電車に乗って大阪港駅下車でラスト天保山ジャンクションを拝むという一日コース…大阪人的にあると思いますなんだろか?アリス(笑)

 写真で見る分には、阿波座と信濃町と北港のジャンクションが、見上げる分には迫力がパネェというか?一体どれだけのラインが交差しているのだろぉ?と疑問に思うんだが?まぁ他にもジャンクションいぱーい掲載されているので詳細は本書をドゾ。一つ一つのジャンクションについての解説もあります(笑)

 個人的には、ジャンクションの鑑賞とは全然関係ないかもななんですが、ジャンクションの内側のスペース、空きスペースになっていて放置しているのは勿体ないよーな?緑化公園とか、人入ってくるのは勘弁というなら、桜の木だけでも植林してみるとか、もしくは昨今のソレなら全面太陽発電パネル敷き詰めるとか、有効利用したらどーか?とつい貧乏性なので思ってしまった(笑)

 それはとにかく、写真がとても奇麗ですので、まずは本書を見て見てかなぁ(笑)21世紀の日本が分かるってか(笑)

 収録されているジャンクションは、
東京・箱崎ジャンクション、有明東ジャンクション、両国ジャンクション、堀切ジャンクション、葛西ジャンクション、小菅ジャンクション、江戸橋ジャンクション、有明ジャンクション、一ノ橋ジャンクション、辰巳ジャンクション、
埼玉・川口ジャンクション、美女木ジャンクション、美郷ジャンクション、
大阪・阿波座ジャンクション、東大阪ジャンクション、信濃橋ジャンクション、北港ジャンクション、松原ジャンクション、天保山ジャンクション、内本町ジャンクション、
佐賀・鳥栖ジャンクション、
京都・久御山ジャンクション、
神奈川・大黒ジャンクション、

 目次参照  目次 庭園・建築

|

« 海に向かって走れぇ(笑) | トップページ | 遅さの発見?あるいは透明感と純化? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やまたのおろち(笑):

« 海に向かって走れぇ(笑) | トップページ | 遅さの発見?あるいは透明感と純化? »