« 草原の祈り… | トップページ | ふんわり、しっとり、もっちり、さっくり(笑) »

2014年8月13日 (水)

京都、参上(笑)

マイ京都慕情  みうらじゅん  新潮社

 京都ガイド本は数あれど、たいてい著者が女性の場合が多いよーな気がするのは気のせいか?男性の京都本はガイドというより、著者の感心、専門性が突出してる感じがするのが多いよーな気がするのも気のせいか?はともかく、本書は京都のガイド本というより、半生記としての京都の思い出語りでしょか?生まれ育って飛び出して、再び帰るとそこは?みたいな?

 で、本書を拝読して一番膝を叩いたのが後書き(笑)京都出身だとばれると「どこか京都のいい所、教えてよ」と聞かれるとこでしょか?よーするに自分の生活圏としての京都は知っているが、皆が望む京都については…となると「それダメじゃん!京都に住んで一体、何してたんだよ」って事になると(笑)かくて著者は「そんなお叱りを受けたって仕方ないでしょ。みんな京都人のことを観光案内のガイドかと思い込み過ぎ」と言い切っているとこは、京都に関わらず、自分の故郷、もしくはホームグランドについて、わりと知らねな時に誰しもが思う事じゃまいか(笑)いや、そんなに期待されても困るんだな、これが、じゃね?

 京都で青春を過ごした人にはこれまたそれなりに苦悩はあって、その必至の抵抗、アイデンティティを死守する相手は「千二百年の歴史の奥深さ」であって、これまたそう簡単に勝てる訳もなし、後は「迎合するか、逃げ出すかの二者択一」になっちゃうんですね…かくて若者は旅に出るってか(笑)

 やがて中年を過ぎて、あいしゃるりたーんな、これが本当のですかばーきょーとなのかもしれないってか(笑)1200年の時の流れからしたら、十年、二十年、五十年なんてそれこそ、まだまだ甘いの世界なんだろなぁ(笑)

 アリス的に京都はアリス的青春の地という事になるのだろーか?英都大あるし(笑)本書で学校系でインパクトあったのが、著者の母校の小学校、何と名前が大将軍小学校と言うんだぜ(笑)これが普通に市立の学校のネーミングなんだから、京都おそるべし(笑)そして今もあるんですよねぇ…

 後、アリス的には哲学の道が出ているとこかなぁ?これは准教授の下宿の近くじゃまいか?尤も、著者的には早朝マラソンコースという事になるのか?

 日常に神社仏閣が普通にあるのが凄い…生活圏的に存在しているというべきか?で、本書に掲載されているのは、地蔵院椿寺、大将軍八神社、北野天満宮、仁和寺、蚕ノ社、西寺跡、東寺など…詳細は本書をドゾ。エピも秀逸です(笑)

 で、本書的に笑っていいのか?のひさうちみちお氏との対談が濃いというか、薄いというか、これが京都的な会談のあり方なんだろか(笑)両者とも京都出身で、ひさうち氏の方は京都在住…で京都人による京都とは「すごく嫌なこともなかったですが、別に好きな街でもなかったですね」(@ひさうち)とあっけらかーんと、対する著者も「住まれてる人ってそうですよね。「京都が好き!」とやたら言っている京都の人って、いないでしょ」になる模様…そーだったのか?京都人?

 でで、京都人と大阪人の関係がこれまた凄い…「京都の女性は大阪の男が嫌い、とはよく聞きますけれど、京都の男もあんまり大阪の女を好きじゃない」(@ひさうち)とな…となると朝井さんアリスの間柄はどーなるんだぁーっ(エコー付/笑)しかも「大阪人と東京人、どっち友達にする?っていうことなら、やっぱり東京人を選びますよね」(@ひさうち)って、隣接していると色々あるんですかねぇ…何か外交問題のよーな気がしてきた(笑)

 ちなみに著者も「東京で「関西」って言うと大阪のことですよね」となるそで…ちなみに出身が京都と知れると「あ、京都、根性ババやもんな」と東京にて多分大阪出身の女の子から言われたみたいです…更に「あんた、関西の魂、捨ててるやん」と絡まれる事もありか?ちなみに京都人は自分を関西のくくりには入れないそーで「京都は京都ですから」という認識らしー(笑)独立府なんですね、京都は(笑)

 「ライバルじゃないですけど、そういう感じなんでしょうね。京都人が大阪人をあんまり好きじゃないというのは、逆に大阪人が京都人を好きじゃない、ということも、こっち、わかってますから。それででしょうねえ」(@ひさうち)が全てを物語っているよーな…成程、近畿地方も水面下では思惑が色々とある模様…おべんきょになるなぁ(笑)

 他にも面白エピ満載ですので、詳細は本書をドゾ。一味違った京都お目見え致しまする(笑)

 目次参照  目次 京都

|

« 草原の祈り… | トップページ | ふんわり、しっとり、もっちり、さっくり(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都、参上(笑):

« 草原の祈り… | トップページ | ふんわり、しっとり、もっちり、さっくり(笑) »