« アンビヴァレント?アンビヴァレント? | トップページ | 残念ながらわれわれは、善人からよりも、悪人からより多く学ぶものである(笑) »

2014年9月12日 (金)

守備範囲が広すぎる(笑)

本格カレー入門  エクスナレッジ

 形態的には雑誌の別冊みたいなノリだけど、とにかく全編カレーカレーカレーな世界が展開していらっさる模様…そんな訳でコピーが熱いっ(笑)レトルトカレーから本格インド王侯貴族のカレーまで。カレーの全てがこの一冊でわかる!とか、オレのカレーを食ってみろ!とか、一年中ほしくなる時代の到来、全国の大人気店200、カレーキット徹底活用術、7つのベースで作る20種のカレー、レトルトカレー100とあり、更に背表紙には、名店で食べて、名店のレシピを自分で作ってとまであって、外食から家食まで、本格からインスタントまで、いやもー何でもあるよと(笑)

 うーん、もーカレーって日本の国民食って感じで、それこそ一人一人がカレーとはこーゆーもんだっという確固たる概念もってそーだもんなぁ(笑)ちなみに山本益博氏によると「日本人にとってのカレーを考えたとき、絶対に欠かせないのは、「ごはんに合う」ということです」とな…まぁご飯の国の人だものだもの(笑)で、そーかもしれんねぇか(笑)

 アリス的にカレーとは何ぞや?英都の学食のカレーであるとつい答えてしまいそーになるんですが(笑)日常でもカレーな生活だし(笑)菩提樹荘のアリスの告白、カレーはビーフ宣言ってか?でレシピ的にはベンガルビーフとか、ビーフステーキカレーとか、マレーの豆カレーでダールターカーになっちゃうんですかねぇ?

 カレーキット的にはこれまたマレー鉄道から、タンビン グリーンカレーソース、タンビン レッドカレーソース、タンビン イエローカレーソース、タンビン ジャワカレーソースがあってマレーシア産なんですよ、奥さん(誰?)大龍も使った事があるのか?で、豆カレーから、アナン インド料理グルメシリーズ 豆ブック チャナダール、アナン インド料理グルメシリーズ 豆ブック ムング、アナン インド料理グルメシリーズ 豆ブック プドゥラとかあったりするんですよ、印、豆カレー結構一般的なのか?

 さて、菩提樹荘の准教授の科白じゃないけど、二人していると何故かカレーな生活となると、地元でも勿論カレーじゃね?で、
 京都 ほんやら洞(上、大原口町)、お食事処やまびこ(中、田中町)、ムガール(中、木屋町御池上ル)、メキシカンハウス ビクーニャ(中、木屋町二条下ル)、ブルーマー55(木屋町御池下ル)、インデアン(中、西木屋町六角カド)、ガルダ(中、柳馬場通四条上ル)、ALONE(中、本能寺前町)、ガラム・マサラ(左、一乗寺 町)、Restaurant DiDi(左、田中大久保町)、ビィヤント(左、京大病院正門前)、カフェ・グルニエ(左、前町)、日の出うどん(左、南禅寺北ノ坊町)
 大阪 リーガロイヤルホテル直営レストラン グラントック(北、中之島)、食堂 玄気(北、西天満)、黒門さかえ(北、堂島)、小松屋(淀、十三本町)、キッチン グラバー亭(城東、成育)、九郎兵衛(中、北浜)、船場カリー本店(中、南本町)、せんば自由軒(中、船場中央)、皐月庵(中、東平)、はり重カレーショップ(中、道頓堀)、自由軒本店(中、難波)、ブティック旬味 エプバンタイユ(中、南船場)、ルー・デリー(中、東心斎橋)、ナビン(西、京町堀)、チャイ工房(大、北村)、カツヤ(浪、元町)、ハイシ(住、大嶺)、ガラム・マサラ(東大阪)
 となる模様…日本全国カレー専門店どこにでもあるみたいだけど、やはり都市部は他に比べるとぐんと多い感じか?

 レトルトカレーになると、アリスこだわりの牛肉カレーとなれば、小岩井農場ビーフカレー、前沢牛100%ビーフカレー、前沢牛ビーフカレー、お茶ノ水小川軒ビーフカレー(中辛)、金谷ホテル百年ライスカレービーフ、銀座四丁目スエヒロ和牛ビーフカレー、東京パク森ビーフカレー、バルチックカレー辛口ビーフ、富士屋ホテル伝統のビーフカレー、松本楼のハイカラビーフカレー、横浜元町霧笛摟横浜香裡ビーフカレー英吉利国風、男乃カレー辛さのグルメ本場インドビーフ、トヨタ博物館オリジナルビーフカレー、飛騨牛ビーフカレー、牛すじカレー、神戸カレー100年前のビーフカレー、神戸長田名物牛すじぼっかけカレー、三重松坂牛ビーフカレーとビーフとあるだけでこれだけあるよな?果たしてアリスならどれを選択するんだろ(笑)

 その他、蝶々で准教授の好物蟹で北海道名産たらばかにカレー中辛とか、ラフレシアのゴーヤでゴーヤーカレーとか、レトルトでもあるんですよねぇ…

 カレーの世界も広い的で北海道特産熊カレー辛口とか、北海道特産トドカレー辛口とか、坂内村特産オーストリッチカレーとか、あるとこにはあるもんだ的な…それで言うとかの鯨のカレーもあって、幻の三陸鯨カレー中辛とか、下関発文明開化の味くじらカレーとかあるとこにはあるんですよ、おぞーさん(誰?)日本のレトルト(缶)カレーなめたらあかんぜよの世界か?個人的には信州産りんご使用林檎カレー甘口が非常に気になったんですけど?どんなお味なんでしょか?ある意味バーモントカレーの世界なのか?

 いやもー、他にもたくさんたくさんたくさんお店もカレーもレシピも掲載されていますので、詳細は本書をドゾドゾ。その気になれば365日毎日違うカレーでもやっていけるのかもしれないってか?まさに壮観な一冊です(笑)

 目次参照  目次 カレー

|

« アンビヴァレント?アンビヴァレント? | トップページ | 残念ながらわれわれは、善人からよりも、悪人からより多く学ぶものである(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

カレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 守備範囲が広すぎる(笑):

« アンビヴァレント?アンビヴァレント? | トップページ | 残念ながらわれわれは、善人からよりも、悪人からより多く学ぶものである(笑) »