« フィクションとノン・フィクションの間で(笑) | トップページ | あるという贅沢(笑) »

2014年11月 7日 (金)

元祖、男飯(笑)

男と女のタフ飯 炎のチャーハン Perfect Book  辰巳出版

 取りあえず、背表紙には保存版・新時代のチャーハン読本とあるし、表紙のコピーはチャーハン三賢人は言う!とか、給食系男子とか、チャーハン主役のパワフル中華定食練習帖とか、ノーボーダーのチャーハン世界!とか、そんなときのお助けチャーハンレシピ20とか、あるあるの世界…判型はB5より一回り大きい感じで雑誌の別冊みたいな形態で、最初から最後までチャーハン一辺倒、歪みありません(笑)

 いや、何とゆーか、今日は中華な気分の日が一年に一度位はあるじゃないですか(笑)でも、自分で作るとなると本格は腕的にも、時間的にも無理じゃね?で、となると食べに行くもあるけど、中華って大人数じゃないとこれまたアレな面もあって…で、うーん、一人飯…チャーハンでもするか、と(笑)で、そんな今日だったのでございますなんですよ、奥さん(誰?)

 チャーハンなんてお米と卵と葱炒めみたいなもんと軽く考えていたら、世の中そんなに甘くないってか?というより、世の中こんなにチャーハンあったのかぁーっ(エコー付/笑)いや、さすが中国4000年の味、チャーハン一つでも並じゃないと(笑)

 アリス的にチャーハン、あると思いますなのか?本書にもあるよーにチャーハンは男飯の代表みたいなノリだからなぁ…だけど、自炊派(コンビニ派)のアリス、ご飯系で作っているのはたいていカレーだしなぁ(笑)中華食べているというと絶叫城の御茶ノ水、海奈良の吉祥寺、後、マレーの屋台位だろか?

 そんな訳で、マレーのチリソースで煮込んだ海老で、エビチリチャーハンとか、201号室、雛人形のソーセージでウィンナーチャーハン、ソーセージ&粒マスタードのチャーハンとか、蝶々の蟹で半熟たまごのかに玉チャーハン、蟹肉生菜炒飯(かに身レタスチャーハン)とか、ダリ繭の潮干狩りであさりチャーハンとか、ダリ繭、ラフレシアでハム好きの二人に卵×ハムチャーハンとか、推理合戦の焼き鳥でねぎま風やきとりチャーハンとか、海奈良でトマト好きで201号室その他でチーズも良く出ているからドライトマト&パルメザンチーズのチャーハンとか?どだろ?

 そして二人のソウルフード、カレーきたこれで豚肉×カレー粉チャーハンとかあると思いますなのか?ついでに言うとカレー友の会でカオパット・サパロット(タイの焼き飯なんだとか)とか、シェズワンライス(こちらはインドの焼き飯)とか、これまたあると思いますなのか(笑)後は、京都でたこれでチャーミング・チャーハンの焼き飯…こちらのお店一品頼む時にセットにすると必ずチャーハンが付いてくると…ええ、だから焼き飯を注文するとチャーハンがついてくる…実質チャーハン二皿…ちなみに一皿は焼き飯で、もー一皿がチャーハンなんだそな…さすが京都サマは一味違う(笑)

 何とゆーか、まぁこれだけチャーハンがあるとおろろくしかないよーな(笑)お手軽に作るもよし、徹底的に凝るのもよし、ある意味物凄い万能選手じゃあるまいか(笑)まぁ栄養バランス的には、これに野菜系の一皿つけて、スープ系の一皿もつければ、一人飯的にはおおっな出来じゃね?大根と干し海老のスープがおいしそーな気がするんだが(笑)というより、寒い冬にはあったまりそー(笑)

 その他隠し味とか、調味料についても色々ありますよってですので詳細は本書をドゾ。レシピも勿論他にもたくさんありますよぉー(エコー付/笑)

 目次参照  目次 食物

|

« フィクションとノン・フィクションの間で(笑) | トップページ | あるという贅沢(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元祖、男飯(笑):

« フィクションとノン・フィクションの間で(笑) | トップページ | あるという贅沢(笑) »