« なんでもないことは流行に従う、重大なことは道徳に従う、芸術のことは自分に従う(笑) | トップページ | 入れ込む(笑) »

2014年11月30日 (日)

美しいは正義(笑)

禅寺の庭  古河功  グラフィック社

 所謂一つの写真集と思われなんですけど、判型もA4位ありますし、しかも解説に全て英語対訳付という親切設計、世界に広げよう日本の禅寺の庭ってか(笑)写真も大きくて奇麗なんですが、本書で惜しむらくはその写真が図鑑の写真のよーなとこかなぁ?パンフレットに掲載されているソレとも言うというべきか(笑)構図がいかにもありきたりな感じがもったいないというべきか…全体に教科書的なんですよね…一葉一葉についている解説とか、巻末の全体的な解説とか拝読するに、本書的には写真集に特化するか、解説書に特化するかのどちらかに的を絞った方がスッキリィーじゃなかったんじゃまいか?と思うのは気のせい?

 とは言え、これだけ出揃うと禅寺、のお庭、迫力あります…皆似ているよーで全然違うとか…特に池泉か、枯山水かではこれまたずぇんずぇん違うのは一目見て分かるにしても、ついでに言うと、庭木がメインなのか?岩石がメインなのか?でもこれまたずぇんずぇん印象が違うんだけど、全体通して見ると、ああ、お寺に庭園だなぁと納得とか(笑)この辺りの感覚って何か生け花とか、盆栽に似ているかも?日本人なら何も言われなくても、それがフラワーアレンジメントなのか、生け花なのか、植木なのか、盆栽なのかの区別はつくもんなぁ的な(笑)

 そんな訳で、まさにですかばーざぱんな本書でございます(笑)

 アリス的には、禅寺というより京都、お寺いぱーいで、本書に掲載されている寺院には絶対一度は行っていると見たが?どーか(笑)何にせよ、四風荘じゃないけど英都大の隣は相国寺ですし、准教授の裏庭は銀閣寺だしで、庭には事欠かないものよのぉ、とか(笑)それにしても京都の禅寺って、臨済宗ばかりなりの世界だったのか?という事は京都五山って臨済宗のお寺だったという事か?

 昔、禅宗には臨済宗と曹洞宗があると歴史の教科書で習った記憶があるんだが、本書を拝見する分には、臨済宗の方が多いよな…でもって曹洞宗は関東より上が主戦場だったのか?うーむ…

 さて、写真集なので単純にお庭的なとこというか、本書にも「庭を作る目的は、あくまでも純粋な美の追及であるはずだから、いくら禅的な庭といっても、そこに美が存在しない庭は、価値が低い作ということになる」とキッパリ言い切っていらっさるし(笑)とは言え、さすが掲載されているお庭は皆ふつくしいお庭ばかりなんですよ、これはもー好みの問題じゃね?になるんじゃね?

 超有名どこはもー今更なんで(金閣寺・龍安寺以下世界的にもソレなのは/笑)写真見てくらはいというか、現地行ってくらはいか?まるでカレンダーのよーとか言ったら昭和な表現になってしまうのだろぉか(笑)

 個人的には、普門院庭園の建物とか小物の角々しているとこが気になったり、東福寺のマニエリスム的なソレって、どよ?だし、大池寺の緑はどこよりも緑色の発色が迫力あるなぁと思ったし、何となく鄙びた感じというかベルサイユの中の農家みたいなノリといおーかの慈光院が気になったとか、絵ハガキ的じゃね?で永保寺とか、と行って実物拝見してみたいものよのぉ、越後屋ってか(笑)

 他にもいぱーい掲載されてしますので、詳細は本書をドゾ。日本の禅寺なめたらあかんぜよの世界が展開している模様…これも一つの日本庭園の形なんだろなぁ(笑)いや、究極の小宇宙で御座候(笑)

 掲載されている庭は、
京都・鹿苑寺庭園(臨済宗相国寺派)、天龍寺庭園(臨済宗天龍寺派)、西芳寺庭園(臨済宗天龍寺派)、南禅院庭園(臨済宗南禅寺派)、慈照寺(臨済宗相国寺派)、龍安寺(臨済宗妙心寺派)、龍源院庭園(臨済宗大徳寺派)、退蔵院庭園(臨済宗妙心寺派)、南禅院本坊庭園(臨済宗南禅寺派)、金地院庭園(臨済宗南禅寺派)、酬恩庵庭園(臨済宗大徳寺派)、円徳院庭園(臨済宗建仁寺派)、高台寺庭園(臨済宗建仁寺派)、玉鳳院庭園(臨済宗妙心寺派)、普門院庭園(臨済宗東福寺派)、霊鑑寺庭園(臨済宗南禅寺派)、霊洞院庭園(臨済宗建仁寺派)、妙心寺小方丈庭園(臨済宗妙心寺派)、東福寺本坊庭園(臨済宗東福寺派)、光明院庭園(臨済宗東福寺派)、瑞峰院庭園(臨済宗大徳寺派)、照福寺庭園(臨済宗妙心寺派)、
滋賀・旧秀隣寺公園(曹洞宗)、大池寺庭園(臨済宗妙心寺派)、
大阪・普門寺庭園(臨済宗妙心寺派)、南宗寺庭園(臨済宗大徳寺派)、
奈良・慈光院庭園(臨済宗大徳寺派)、
兵庫・観正寺庭園(臨済宗南禅寺派)、頼光寺庭園(曹洞宗)、
岡山・頼久寺庭園(臨済宗永源寺派)、
鳥取・興禅寺庭園(黄檗宗)、
島根・医光寺庭園(臨済宗東福寺派)、康国寺庭園(臨済宗妙心寺派)、
山口・常栄寺庭園(臨済宗東福寺)、
徳島・竹林院庭園(黄檗宗)、
愛媛・保国寺庭園(臨済宗東福寺派)、等覚寺庭園(臨済宗妙心寺派)、
愛知・満光寺庭園(曹洞宗)、妙厳寺庭園(曹洞宗)、
岐阜・永保寺庭園(臨済宗南禅寺派)、
静岡・龍潭寺庭園(臨済宗妙心寺派)、
山梨・東光寺庭園(臨済宗妙心寺派)、慧林寺庭園(臨済宗妙心寺派)、浄居寺庭園(曹洞宗)、永安寺庭園(曹洞宗)、妙善寺庭園(臨済宗妙心寺派)、
神奈川・建長寺庭園(臨済宗建長寺派)、
埼玉・能仁寺庭園(曹洞宗)、
群馬・永源寺庭園(曹洞宗)、
山形・光禅寺庭園(曹洞宗)、
北海道・法源寺庭園(曹洞宗)、法幢寺庭園(曹洞宗)

 目次参照  目次 庭園・建築

|

« なんでもないことは流行に従う、重大なことは道徳に従う、芸術のことは自分に従う(笑) | トップページ | 入れ込む(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

庭園・建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しいは正義(笑):

« なんでもないことは流行に従う、重大なことは道徳に従う、芸術のことは自分に従う(笑) | トップページ | 入れ込む(笑) »