« 美しいものを作りたかった(笑) | トップページ | すっぱいだけじゃないんですっ(笑) »

2014年11月26日 (水)

とりあえずとり?

鶏肉レシピ  検見崎聡美  グラフ社

 何となく年末も近づいてくるとチキンだよなぁと思う今日この頃(笑)そんな訳で鶏肉の料理本を手にとったんですが、うーん…これ日常の鶏肉使いで、丸ごとローストチキンとかゆー世界ではなかった模様(笑)いや、ハレとケでは圧倒的にケの日の方が多い訳ですから、これはこれでレシピ本としては王道ですよねぇですよねぇ(笑)かくて、胸肉とか、もも肉のパック単位位の量で、こんな料理できまっせ、毎日の食卓に違和感ありませんぜな雰囲気満載(笑)

 ついでに一週間ストックできるおかずコーナーもあって、これが現代人には便利かも?胸肉なら、鶏ねぎ塩炒めと鶏キムチにんにく炒め、鶏肉のジョン、チキンマリネ、とり天の紅しょうが衣、鶏肉のしょうが焼き、鶏肉のみそ漬け、チキンサテーと、成程アシの早いと言われる鶏肉も出来上がってみれば持つ事になるのか?ちなみに個人的には手羽元のローストチキンと鶏皮のきんぴら風が気になった(笑)鶏皮ってこーすれぱ食べれるのか?

 てな訳で、改めて鶏肉料理を見つめなおす(笑)あると思いますっ(キパッ)

 アリス的にチキン、鶏肉、うーん、どっかにあっただろーか?とちょっとすぐには思い出せないんですけど?まぁ朱色のサラダで、蒸し鶏のアボカドサラダ、タイ風鶏そぼろサラダ、ゆでレバーのエスニックサラダとか、マレーのチキンライス、カオマンガイとか、推理合戦の焼き鳥でチキンサテーとか、二人のソウルフードのカレーで、タイ風ココナッツミルクカレー、インド風チキンカレー、キーマカレーとか、後手羽元のタンドリー、手羽元のカレースープ煮とかあると思いますなのか?

 まぁ他にというと推理合戦の焼き鳥のとこで准教授が、つくねも追加オーダーしていたとこから鶏つくねの甘辛煮とか、春菊入り焼きつくねなんかも入るのかもしれないってか?

 いやそれにしても鶏肉料理って結構あるもんなんだなぁと、これでも本書に一部ですから、鶏肉というと唐揚げというか、竜田揚げみたいなイメージでいたらあかんのね(笑)せっかく肉的にカロリー低めなんだから、揚げ物より蒸し物にでもしたらダイエット的にあると思いますなのか?うーん(笑)

 後、日本的には水炊き系になるのだろぉか?でも本書に水炊きは掲載されいないというか、鍋系率が低めのよな?もしかし本書夏向きのレシピだったのか?後は大分名物、とり天か?某ファスト・フードが撤退したという噂もある、鶏肉といえばとり天、というとり天天国な国だと聞きましたが、大分的にそれがジャスティスなのかなぁ?都市伝説か(笑)そーいえば宮崎も鶏肉の南蛮だっけ?有名だったよな?水炊きも一昔前は福岡が有名だったよーな?今はもつ鍋に持って行かれているよーな気もするが(笑)となると、九州って鶏肉好きの国だものな人達が多いとゆー事でしょか?

 それにしてもやっぱクリスマスはローストチキンか?丸ごとは無理でももも一本で勝負か(笑)そーいや鶏肉でハムつくっておせちに使うというのもどっかで聞いたよーな覚えがあるが、こーしてみると他にもまだまだ鶏肉料理いぱーいありそーだなぁ(笑)

 てな訳で、他のレシピについての詳細は本書をドゾ。写真大き目で、明るい仕上がりなのでとても見やすい一冊だと思います。

 目次参照  目次 食物

|

« 美しいものを作りたかった(笑) | トップページ | すっぱいだけじゃないんですっ(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずとり?:

« 美しいものを作りたかった(笑) | トップページ | すっぱいだけじゃないんですっ(笑) »