« 清しこの夜… | トップページ | 他者が考えるのと同じことを考えていたのでは絶対に勝てない(笑) »

2014年12月13日 (土)

冬ですから(笑)

お豆腐屋さんのとうふレシピ  世界文化社

 冬なので温かい物が食べたくなるじゃありませんか?で、鍋か?となれば湯豆腐かな?と(笑)まぁ最近は真夏でもおでんな季節感ないのが当たり前な気がしているけど、湯豆腐だけは真冬にハフハフして食べる物と思い込んでいる己がいたりして…

 そんな訳で本書を手に取ってみたならば、鍋の項だと、豆腐柳川、みぞれ葛の湯豆腐、焼き豆腐ときのこの味噌鍋、豆乳湯豆腐、すくい湯葉、寄せ豆腐、油揚げと豆腐、水菜の簡単鍋、油揚げと水菜のハリハリ鍋とありまして、豆腐で鍋って湯豆腐だけじゃなかったんだぁーっとおべんきょになりました…

 いや、湯豆腐、昆布と豆腐と鍋というシンプルイズベストな関係で非常に有難レシピだと思っていたんだが、そんな安易な考えでいたらいけなかったのだなぁと…これは冷奴にも言える事で、豆腐とねぎとおかかでオケなんて100万年甘いわぁーっの世界か(笑)

 アリス的に豆腐、京都は豆腐の本場だからなぁ…北白川では結構食卓に上るのだろーか?と思いつつ、学生的にはどーなんだろぉ?うーん?

 レシピ的なとこでは朱色のサラダからすれば豆腐サラダいぱーいありますよってで、寄せ豆腐のくるみサラダ、青豆寄せ豆腐の和風サラダ、ひじきたっぷり豆腐サラダ、野菜チップスの"ふわっかりっ"サラダ、春菊とりんごのサラダ・豆乳ドレッシング、厚揚げあったかサラダ、がんもの"ピリ辛"サラダ、春野菜の和風サラダ、がんものたっぷりおろしサラダ、ゆり根がんものご馳走サラダとあるんですよ。今時の豆腐はサラダがメインなんだろか?

 他にというと、ラフレシアのゴーヤで、ゴーヤーの白和えとか、マレーのいちごで豆腐白玉のいちごパンチとかになるのかなぁ?後は二人のソウルフードのカレーで、豆腐そぼろの和風ドライカレーとか?

 本書、豆知識も満載で例えば大豆からして、紹介ページあったりして(笑)大豆の種類って数百種もあったのか?いや、普通の大豆以外だと黒大豆?位しか見た事がなくて…ちなみに尤もポピュラーなのが黄大豆系で、その他に青豆系、その他青豆、赤豆、黒豆とあるそーな…そーだったのかぁ?

 も一つ豆知識的なとこではがんもどき…あれのネーミングって何でやろ?とずっと思っていたんですが、「もとは精進料理で雁の肉の食感や味に似せて作った"もどき"食材であったことから」って、これまたホンマでっかぁーっ?飛竜頭とかも一家言ありそーだよなぁと思うのは気のせい(笑)

 他にというと豆腐の薬味について幾つか掲載されているんですが、その中にかんずりとあって、初めて見ましたかんずり、新潟的にはこれがジャスティスなんでしょか?いえ、柚子こしょうの方はスーパー辺りでも調味料の棚にあったよーな記憶があるんだけど、かんずりはあっただろーか?と?どちらにしても唐辛子がメインなので、辛そーではあるが(笑)

 その他、豆腐の製造工程とか、豆知識も満載、レシピも他にたくさんありますよっての世界ですので、詳細は本書をドゾ。

 目次参照  目次 食物

|

« 清しこの夜… | トップページ | 他者が考えるのと同じことを考えていたのでは絶対に勝てない(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬ですから(笑):

« 清しこの夜… | トップページ | 他者が考えるのと同じことを考えていたのでは絶対に勝てない(笑) »